2004年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nigata
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 救援物資受付停止の裏側|ちょっとまってみんな | Main | ペットに関する話題追加 »
十日町ボランティアセンターと話して感じたこと。 / 2004年10月27日(水)
十日町ボランティアセンターと連絡をとりました。

私の古い電話レポートがそのままネット上のテンプレに乗り続けており、現地の状態が大きくかわっていたら大変だと考えたからです。

変わったどころか、物資が多すぎてSTOPをかけたり、多すぎるボランティア希望者で小千谷(おじや)市から話がきていることなどがわかりました。

ここから先の話はあくまで、私の頭の中でのお話しです。

被害の大きかった3大ボラセン(ナガオカ・トウカマチ・オジヤ)
をこちらでカバーする形で、他のボラセンには皆さんに動いて貰って
情報収集ができれば、ボラセンに逆に情報を提供
できるかもしれません。

・・・というのも、現地のボラセンも手を回すのが精一杯で
情報に対して受け身な状態に陥っているからです。
現地は”考える”聞き出す”暇がないからです。

道路状況は「朝7時に入ってくるのみ」

情報を聞き出そうとおもったところが、
こちら(当方)が情報を現地に提供している状態です。

「カップラーメンが市役所のあちこちを埋めている」

処理しきれない程に集まっているようです。
提供者がいて、物資輸送の方ががんばった、
いい結果なのですが
、やはり情報の最適化が
なされないと、無駄が無駄を生み出
し、
無駄がストレスを生み出し、
無駄が二次災害を生み出すといっても過言
ではないと感じました。

みんなの思いが、本当に困っている人に
結びつかないなんて、ちょっとイヤじゃないですか。


こういう時ですから、完璧なんてありえない
ことはもちろんのことなのです。


乳児や女性・老人をターゲットにした
支援がどうしても抜け落ちてしまう。
現場で普通の人よりもさらに辛い思いを
している人を助けたい
と思う気持ちは
偽善なんでしょうか。

気持ちがわかる人のところに
話を投下しないと、
返事は帰ってこないのです。

その点ここは理解していただける方が多くて、
頑張ろうという気持ちになります。。。。

そういうわけで、ボランティアセンターに対する
支援に徐々に切り替えていくことになりそうです。
今までの皆さんの書き込みが役にたちます。

51氏開発中の小口需要マッチングシステムを
全力バックアップします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted at 16:46 / 一歩先行く支援活動を考える / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/nigata/archive/68
P R
   
GMO MadiaHoldings, Inc.