別軸設定(改)増減

September 06 [Sun], 2015, 21:12
ポ…ポケモンバトルの強さ
顔…顔面偏差値
頭…勉強の出来
賢…言動面の賢さ(勉強の出来に非ず)
力…身体能力
(★3が平均値)


●レイエ家●
…両親は行方不明かつ残された子供たちも離れて生活しており、事実上の一家離散状態。


■サン ♂ 20歳 182cm 67kg 一人称:俺
手持ち:いっぱい
ポ/★★★★★ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★☆☆☆☆ 力/★★☆☆☆
一人称:俺
趣味:トキワの森の散歩
特技:エネルギー弾射出
好きなもの:トキワの森

1人でトキワの森に住み着き森の保全に務めるトキワの森の番人。そして能力者。
一見穏やかな好青年だが、実際は淡白かつドライな冷血漢であり、トキワの森以外の事物に一切の興味を示さない。
頑固で融通の利かない性格でありまたプライドも高く自分の信念を曲げない確固たる意思の持ち主。
良く言えば素直、悪く言えば人の意見を取り入れようとしない偏屈人間。
外界から離れて生活しているため非常に浮世離れしており、対人スキルは皆無に等しい。
自分のテリトリーに侵入する者に対しては不遜な態度を貫き、縄張り意識も高い一匹狼。
トキワシティに買い出しに行く以外はトキワの森から出ることはなく、番人に任命されて以降は実家にすら帰宅していない。
引きこもりと同等の生活をしている上、近隣住民との交流も事務的かつ最低限の社交辞令のみで済ませているため、ミステリアスな変人と認知されている。
トキワの森の能力者であり、その能力数値は膨大。従来の能力者とは違う能力の使い方を開発したりと、能力磨きに余念が無い。能力の可視化が可能。
能力こそ際限なく使用することが可能だが、使用しすぎると肉体が幼児化するというデメリットを持つ。なお、変化期間は能力使用量に比例する。
成人を迎えてからは酒も嗜み、暇な時は森の奥で飲んだくれている。泥酔時は普段の態度は幾許か緩和される。
両親はもう死んだものだと自己完結し、またそのことを偲ぶ様子もない。唯一残された肉親であるプラナータすらも意に介すことなく無関心を貫いている。
トキワシティ在住の叔父・イエ朗にはトキワの森の現状報告をするため度々会話を交わしており、彼のことは少なからず信用している。



■プラナータ ♀ 16歳 144cm 40kg 胸/AAA 一人称:私
手持ち:ライチュウ♂・フシギバナ♂・ブースター♂・オムスター♂
ポ/★★★★★+ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★★★★☆ 力/★☆☆☆☆
趣味:ポケモンと一緒に特訓
特技:掃除
好きなもの:実家

誰に対しても優しく貞淑に振る舞う清廉潔白な純情乙女。
というのは外面の良さから連想された夢幻でしかなく、その唇から放たれるのは歯に衣着せぬ罵詈雑言。
老若男女問わず敬語を貫いているため一見言葉使いは良いが、物腰柔らかなだけの慇懃無礼な姿勢なので相手を敬う気は全く無い。
とはいえ、善人に対しては持ち前の毒舌はある程度セーブされているため、容赦知らずというわけではない。
あくまで悪意ありきで人を傷つけるタイプであるため、意識して悪意を除けば普通に会話することができる。
事実上一家離散をしているためマサラタウンの一軒家に長年1人で暮らしており、その生活形態からメンタルは強い。
遊びたい盛りの年頃には既に両親はおらず、唯一の肉親であるサンは昔からトキワの森に執着し彼女を顧みず、唯一の同年代であるランドは留学で不在。
近所にも遊び相手が碌にいなかったためポケモンと一緒に特訓することで暇を憂さを晴らしていた。
その結果、同年代では敵なしのポケモンバトルの腕前の持ち主となった。
周囲の大人のことは多少なりとも信頼しており、自身の後見人であるイエ朗やお隣さんのグリーン・ブルー夫妻に対しては態度が柔らかい。
サンとは異なり両親の生存を信じており、両親が帰還するまで家を守ると誓っている。
サンとは兄妹でありながら心身ともに距離があり、血縁が無ければ赤の他人と言える程の他人行儀な仲。
色んな意味で百戦錬磨な彼女だが、唯一ランドに対してのみ苦手意識を持っている。



●グリブル家●
…長男の行いに悩まされつつも、レイエ家と違い一家全員の無事が保証されている状態。
 両親の目下の悩みは長男の処遇について。決して円満とはいえない家庭内環境である。


■ランド ♂ 16歳 172cm 54kg 一人称:俺
手持ち:フーディン♂・ピッピ♀、ウォーグル♂
ポ/★★★★★+ 顔/★★★★★+ 頭/★★★★★+ 賢/☆☆☆☆☆ 力/★★★★☆
趣味:多趣味(何でもそつなくこなす)
特技:暗記
好きなもの:他人

別軸キチガイ枠1人目。
1年前まで10年間イッシュ留学経験のある、多国語を自由自在に操る帰国子女。
元々IQが高く神童と謳われていたこともあり、留学先でいかんなくその才能を伸ばしその名に恥じぬ天才児に育った。
しかし物心つかない年頃から家族と離れ長年外国で暮らしていたため、独自の文化を形成した変人になってしまった。
豪放磊落かつ周囲を置いてけぼりにする勢いを持つ自由奔放すぎる性格。スキンシップ過剰で初対面の相手にすらハグやキスを躊躇なく行う破天荒少年。
自分の感情に正直であり常に我を通そうとする。良く言えば正直者、悪く言えば無神経。人の痛みに極めで鈍感で気を使うことができない。
感受性豊かな幼少期に親の躾を受けられず、留学先では甘やかされながら一心に勉強に励んでいたため、聡明でありながら常識に欠けている。
精神は幼少期から育っていないようなもので、物事を客観しする能力は育たず、自分本位な行動しかできなくなってしまった。
人種のるつぼと言われるイッシュで多くの人々と交流を重ね、隣人愛に富んでおり人との触れ合いを好んでいる。
その分家族愛とは無縁で”家族”と”他人”の線引きをしていない。彼に”家族”という概念はなく、「血縁のある他人」程度の認識。
帰国後は家族と一緒に暮らすようになったが、家族が彼の性格・言動についていけなくなり、現在は一人暮らしを余儀なくされている。
留学当初こそ家族と離れた寂しさに枕を濡らしていたが、家族愛を忘れた今となってはその事実すらも忘れている。
貞操観念は極めて薄く軟派な性格に軽薄な態度。友愛恋愛の区別も碌についていないためまともな恋愛をしたことがない。
いつもは楽観的で沸点が高く怒ることは滅多にないが、一度感情に火がつくと癇癪、暴力も厭わなくなり号泣することもままある。
基本は人が好きであるが、自分の思い通りになる人、自分に優しい人を特に好み執着する傾向がある。
彼の行動一切に悪意は全く無く、これは周囲を困らせる大きな要因となっている。
完璧なスペックを持ちあわせておきながら、悪人の自覚なく周囲に毒を撒き散らしながら人生を謳歌する無邪気なモンスターチャイルド。


■フェザー(フェズ) ♂ 11歳 145cm 38kg 一人称:俺
手持ち:リザード♂・ストライク♂
ポ/★★☆☆☆ 顔/★★★★★ 頭/★☆☆☆☆ 賢/★☆☆☆☆ 力/☆☆☆☆☆
趣味:睡眠
特技:早寝
好きなもの:布団

常に無表情、心ここにあらずに目線を宙に漂わせるクール少年に見せかけた不思議ちゃん。
言動も非常にスローペースでテンポが悪い。会話もあまり噛み合わず彼と喋るには一苦労。
深刻な夢遊病・不眠症を併発しており、本来睡眠をとるべき時間に寝ることができていない。
かといって朝や昼に眠気が来ることもなく、結局は十分な睡眠が取れず日中は脳が覚醒していない。
彼の病気の要因はランドの過干渉であり、事態の深刻さを憂慮した親により今はランドと離れて暮らしている。
別居した今も病気は完治しておらず、ランドに対する苦手意識も消えていない。
上記の言動は彼の病気から形成された仮初の性格であり、本来の性格は異なる。
病気を発症する1年前まではホライズンと同調し駆け回る、やや気が強く恥ずかしがり屋な一面も持つ普通の少年だった。


■ホライズン(ライズ) ♀ 11歳 141cm 39kg 胸/無 一人称:あたし
手持ち:カメール♂・プリン♀
ポ/★★★★☆ 顔/★★★★★ 頭/★★★★☆ 賢/★☆☆☆☆ 力/★★☆☆☆
趣味:ポケモンバトル
特技:ヘアアレンジ
好きなもの:フェザー

「自分に不可能は無い」と自信に満ち溢れ、威風堂々とした立ち振る舞いを絶やさない女王様気質な少女。
外見こそ可憐な少女ではあるものの、男顔負けの豪快な笑いやガニ股座りなどはしたない素行を繰り返しているため淑女からはほど遠い。
態度だけ見ればさながら何でもできる実力者に見えるが、実際は自信に裏付けられる実力はなく、彼女の持つ自信は全く根拠なき虚勢といえる。
実際の実力は勉学、ポケモンバトル、運動全てにおいて中の上程度に収まり、人より少し優れているレベルである。
口だけが達者で実力が備わってない分ボロを出しやすく、そのことを指摘されると威風堂々は崩れムキになるかトーンダウンするかのどちらかに分岐する。
誰に対しても偉そうな態度をとってしまうため周囲から自然と敬遠され親しい友人はおらず、普段はフェザーにへばりついている。
元々はここまで自信過剰ではなく、人より気が強く少し自信家なだけの普通の少女であったが、ランドが留学先から帰国してから今の性格が形成された。
11年間ずっと共に過ごしてきたフェザーのことは大好きだが、ランドのことは毛嫌いしている。
普段の態度に見合わずメンタルは弱く、総合的に見て年相応な少女といえる。



●ゴークリ家●
…子供の素行不良はあれど、家族仲は睦まじく平和に過ごしている。
 良くも悪くも放任主義の家庭であり、多少のやんちゃは許容範囲。


■ビネガー ♀ 17歳 154cm 42kg 胸/A 一人称:うち
手持ち:カイリキー♂・ニョロボン♂
ポ/★★☆☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/☆☆☆☆☆ 賢/★☆☆☆☆ 力/★★★★★+
趣味:ウィンドウショッピング
特技:シャイニングウィザード
好きなもの:正義

おしゃれとおいしいご飯が大好きで流行にも敏感な今をときめく等身大の少女。
というのはオフの姿であり、その正体はジョウトの不良を統括する義族の総長。
総長の名に恥じぬパワフルさと力強さと統率力を兼ね揃えており、小柄ながら大の男を一撃必殺することも可能。
義族に所属してはいるものの、非常勤講師のような扱いであり常に族について回っているわけではない。
若くして多くの不良をまとめあげたそのカリスマ性と手腕により人望はとても厚い。
総長として活動している時は勇ましく行動力に溢れているが、オフの時は極めてだらしない。
地の性格は勇ましさとは無縁で平たく言えば天然ボケ。おつむもだいぶ弱く見た目も中身も実年齢からはほど遠い。
諸事情により家族と離れ一人暮らしをしているが、武力と引き換えに生活能力を奪われたのか不摂生な生活を続けている。
病的な博愛主義者であり、それは知らない誰かを助けるためならその身も投げ出す自己犠牲精神をもたらしている。
敵なしの女傑とはいえ抱え込むものはあるらしく、時に人肌に飢えたりセンチメンタルになったりと必ずしも精神が保全されているわけではない。


■キシリトール(キシル) ♂ 14歳 171cm 64kg 一人称:俺
手持ち:バクフーン♂・ネイティオ♂
ポ/★★★☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/☆☆☆☆☆ 賢/★★★★☆ 力/★★★★★
趣味:喧嘩
特技:家事
好きなもの:ガム

常に眉間に皺を刻み不機嫌顔を絶やさず、またその表情に違わぬ粗暴な性格を持ち合わせた不良少年。
典型的な脳筋族であり、武力行使を厭わない直情的な乱暴者である。
喜怒哀楽表現も極端で、彼の大部分は「努」で占められているため常に怒っているかのような態度。
会話する時も大抵罵声レベルの大声を出すが声が大きいのは彼のデフォルトである。
初対面時の第一印象は大抵悪くとられがちであり、上述の表情と態度から人当たりも極めて悪い。
しかしそれは信用していない相手かつ喧嘩相手(敵認定の相手)にのみ見せる態度であり、
特定の相手が対象だと直情的な面は抑えられ、元来持ち合わせている情の熱さが垣間見える。
不良とはいえ悪には染まってはおらず、独自の正義を突き進んでいるだけで、決して無法者というわけではない。
正々堂々を信条としており曲がったことが大嫌い。例えどんな悪人相手であろうと卑怯な真似に走ることは一切無い。
言動から社会不適合者と思われがちだが、実際はかなりの常識人であり周囲のまとめ役を担うこともある。
特に、掴みどころの無い放蕩者である姉ビネガー相手にはその側面が存分に発揮される。
基本的に善人であるが「いい人」呼ばわりされることが苦手で突っ張っている節も否定できない。
外見や素行に反し料理をはじめとした家事を一通りこなすことが可能。
これらの家事能力は妹シュガーの世話で培われたもので、特に子供メニュー調理を得意としている。
妹の影響からか、年下や小さい存在には比較的優しく声のトーンも抑えられ、本人無意識ながらも世話焼きと化す。
喧嘩に関しては敵なしかに見えるがビネガーには適わず、コンプレックスとなっている。
またとある事情により女性に対し極度の苦手意識を持っており、自ら女性に近づけないどころか触れられると蕁麻疹が発生するという筋金入り。
しかし慣れ親しんだ女性や女性圏内に入らないような幼女相手であれば問題なく接することができる。
直情的な性格らしく極度の暑がりであり、必要に迫られない限り雪の中でもタンクトップを着用している。


■シュガー ♀ 5歳→15歳 97cm→166cm 18kg→51kg 胸/無→B 一人称:あたし→私
手持ち:チコリータ♀→メガニウム♀
ポ/☆☆☆☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★☆☆☆☆ 賢/☆☆☆☆☆ 力/☆☆☆☆☆
→ポ/★★☆☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★★☆ 賢/★★★★☆ 力/★★☆☆☆
趣味:オタ活
特技:オタ芸→にらみつける
好きなもの:家族

シュガーという名でありながら可愛いものに一切の興味を持たず、
姉兄ゆずりの男勝りな言動で周囲を引っかき回すやんちゃ娘。
年相応に穢れ知らずで純粋かつ好奇心旺盛。それゆえに大人しく座っていることができない。
良くも悪くも竹を割ったかのような性格の持ち主で、好き嫌いの主張は人一倍激しい。
無類のアイドル好きであり、趣味はアイドル鑑賞という5歳児らしからぬ趣向を持っている。
アイドル好きであるため可愛い女の子に目が無いが、そっちの趣味は皆無。
しかし男には一切の興味を示さないため実質グレーゾーンである。
激しいオタ芸も難なくこなす程度の身軽さを持つが、兄キシリトールからは身体能力の使いどころを間違えていると哀れまれている。
家族のことが大好きであり兄のことは特に慕っているものの、愛情の裏返しかいたずら心からか彼に迷惑をかけることが多い。
---------------
幼少期の屈託の無さはなりを潜め、冷静沈着な真面目娘へと育つ。
常識を振りかざす優等生となったが融通は利くようであり決して頑固な性格ではない。
ポーカーフェイスと思いきや、表情は存外豊かであり沸点も低め。外見よりもずっと柔和な性質の持ち主である。
暴力沙汰を毛嫌いしているが、それは兄からの「お前は自分たちのようになるな」という
教えに倣っているため。それでもかつて肉体言語の世界に身を投じていた姉兄のことは今でも尊敬している。
普段は俗物に興味が無いかのような毅然とした態度をとっているが、幼少期と変わらぬアイドルオタクである。
しかし幼少期とは違い世間の目や体裁が気にするようになったためアイドルオタクであることは隠している。
眼鏡ごしで分かりにくいが、目つきが非常に悪く一瞥するだけで野生ポケモンを怯ませることが可能。
意識せずとも目つきが凶悪になってしまうため、普段は分厚い眼鏡でカモフラージュしている。
皮肉にも不良であった姉兄よりもずっと不良に相応しい顔の持ち主となってしまった。



●シルバー家●
…家族全員がロケット団であり、家族でありながら仕事仲間でもある。


■シナモン ♂ 14歳 162cm 45kg 一人称:僕
手持ち:オーダイル♂・ヒメグマ♀
ポ/★★★☆☆ 顔/★★★★★ 頭/★★★★☆ 賢/★★★★☆ 力/☆☆☆☆☆
趣味:ロケット団雑務
特技:人間観察
好きなもの:安らぎ

現ロケット団ボスの長男にして後継者筆頭。しかしその肩書きに似あわぬ心配症で気弱な性格の少年。
容姿端麗と銘打って謙遜無い中性的な容貌も持ち主であり、時期ボスの立場も相まって女性に好意を寄せられやすい。
妹を始めとした我の強い女性と縁深く、女運は壊滅的。
親友であるキシリトールの喧嘩やロケット団絡みのトラブルに巻き込まれることも多く、傍から見たら不幸極まりない生活を送っている。
ただ”長男”という理由だけで時期ボスに祭り上げられており、そのプレッシャーが当人を委縮させる近因となっている。
加えて当人は自身がボスの器でないことを自覚しているが、周囲の重圧に屈せず努力を重ねる胆力を持っており気弱ではあるが精神力は決して弱くはない。
立場上、強面の人間に耐性があり、おどおどしながらも逃げず対等に接する程度には胆は据わっている。
外見以外のスペックは中の上程度であり、ボスに必要であろうリーダーシップは統率力、野心は一切持ち合わせていない。
しかし自身が不幸ゆえか他人を思いやる心は随一で、行動に難ある妹が相手であろうと惜しみなく世話を焼こうとするが全て失敗に終わっている。
また人付き合いも良く、放っておけない一心でキシリトールの喧嘩には何だかんだ自分から巻き込まれに行っている。言わばお人よしである。
しかしながらその損得勘定の無い平等な優しさから周囲の評判は良く、人徳と人当たりは兼ね揃えている。
結構深刻な悩みを抱えているが詳細は父親にしか知らされていない。


■ジャスミン ♀ 12歳 150cm 37kg 胸/無 一人称:?
手持ち:テッカニン♂
ポ/★★★★★ 顔/★★★★☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★☆☆☆☆ 力/★★★★★+
趣味:?
特技:跳躍
好きなもの:?

極端に長い赤髪を持ち、漆黒の衣装を纏った、誰の目から見ても怪しい風貌の少女。
非常に機敏な身体能力を持ち、その素早さは忍者そのもので50Mを5秒台で駆け抜ける。
宙に舞い、天井に張り付き、木登りも一瞬でこなせる程度には軽い身のこなしである。
機敏すぎるあまり誰にも居場所を悟らせようとせず定位置に収まっていることは滅多に無い。
加えて一切の言葉を発さず行動で全てを語ろうとするため、彼女との意思疎通は不可能に近い。
何を考えているかわからないが、ロケット団を大きくせんとする野望は持っており、そのための活動には意欲的。
特に有能な人材集めに余念が無いがスカウト方法が不気味すぎるため進捗は芳しくない。
そもそも言葉を発さないせいでロケット団への勧誘であることすら気付かれない始末。
通報されることも多々あるが、その度逃走しているため表立った前科は無い。
過去にキシリトールに過度なスカウト活動を行った結果、彼を女性恐怖症に陥れた戦犯でもある。
彼女の無言は筋金入りであり、家族ですらも5年は彼女の声を聞いていない。
しかし失語症というわけでもないので、その気になれば話すことは可能。
兄のことは憎からず思っているようで、心を開きはしないが彼が行動し易いように裏で取り計らうことはある。
表舞台で活躍することの無い影の立役者ともいえる。



●ルサ家●
…子供うち2人は都会、2人は実家を拠点に活動しており、両親も多忙なことからすれ違いは多い。
 子供同士の関係に多少の難はあれど、両親や次男の人柄で安寧は保たれている。
 なお、三つ子は二卵性である。


■ガーネット ♂ 15歳 168cm 50kg 一人称:僕
手持ち:バシャーモ♂
ポ/★★★☆☆ 顔/★★★★★+ 頭/★★★☆☆ 賢/★★★☆☆ 力/★★☆☆☆
趣味:ファッションチェック
特技:地獄耳
好きなもの:仕事

三つ子の長男。
ティーン系雑誌から始まり、TV番組にまで仕事の幅を拡大中の若輩モデル。
顔に似合わぬ非情な性格の持ち主で例え年下の女子であろうと情け容赦ない言動を貫く俗に言う「性格ブス」である。
発言を歯に衣着せぬスタイルであり、それでいて本音が悪態一色であるため周囲に敵を作りやすい。
わがままで自身に見合うセンスを周囲に強要することもあり、主に被害を被っているのは長弟のアメジストである。
最初から自身のセンス基準をクリアしそれどころか更に上を行く次弟のカルサイトに対しては、
口煩さを疎ましく思いつつも頼りにしている。しかし決して感謝の意を口に出すことはない。
性格に何あれど仕事には並々ならぬ信念を持っており、手を緩めることなく常に真剣に挑んでいる。
どんなにバッシングや不当な扱いをされとうとも、決して折れず自身の道を突き進む精神力の強さを持つ。
敵意には敵意で返し、好意にも敵意で返すことから周囲を拒絶しているととれる。
しかし敵意の中に信頼や憧憬の念が入り混じることもあり一律に敵意とは言い難い。
本音中の本音は常に強気でわがままでプライドの高い性格に隠されている。
基本的に周囲に心を開くことは滅多になく、人嫌いのようにもとれる言動ばかりするが、
かつての友人を想う気持ちは残っており、限定的ではあるものの慈しみの心は残っている。


■アメジスト ♂ 15歳 168cm 58kg 一人称:俺
手持ち:ラグラージ♂
ポ/★★★☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★★★☆☆ 力/★★★★★
趣味:家事
特技:料理
好きなもの:家族、故郷

三つ子の次男。
抜群の家事能力と包容力を兼ね揃える主婦系男子。多忙な家族に代わりミシロの一軒家を守っている。
アクの強い兄弟を反面教師にしたかのような純朴かつ穏やかな性格で、常に笑顔を絶やさず何でも受け入れる柔軟な思考と懐の深さを持つ。
その優しさゆえ多少流されやすくはあるものの決してイエスマンではなく、自分なりの理念を持ち生きている。
母親譲りの怪力を持つが、その力を奮うことを好まぬ荒事嫌いの平和主義者。
単純なパワーだけならビネガーすらも上回り、大型ポケモンを吹っ飛ばすことも可能。
このように力こそ規格外だが、その並はずれた力を使いこなすためも技巧は備わっておらず、喧嘩は不得手。
しかしひとたび大切な人に危害が及べばその力を解放することも辞さない。
優秀な兄と弟を誇りに思う反面、頭脳容貌様々な面において遥かに劣っていることを自覚しており、無意識にコンプレックスとしている。
コンビで活動する兄と弟に対する疎外感に苛まれつつも、嫉妬などのマイナス面に飲まれることはない。
逆に彼らに恥をかかせないために、外に出ても恥ずかしくないような格好、言動を心がけている。
元々自分のせいで他人に不快な思いをさせることをよしとしない根っからの善人のため、突出した言動は皆無に等しい。
その利他的な思想ゆえに日常的に様々なものを押し殺していることに本人は気付いていない。
上記のコンプレックスから自身を過小評価しがちだが卑屈な態度を表に出すことはなく、努めて明るく振る舞っている。

■カルサイト ♂ 15歳 168cm 50kg 一人称:アタシ(俺)
手持ち:ジュカイン♂
ポ/★★★☆☆ 顔/★★★★★+ 頭/★★★★★ 賢/★★★★★+ 力/★★☆☆☆
趣味:コーディネート
特技:マネジメント
好きなもの:仕事

三つ子の三男。
長兄であるガーネットのプロデュース、スケジュール全てを管理彼を人気モデルへと導いた敏腕マネージャー。
男でありながら女性口調を常用し一人称も「アタシ」。そのためゲイと勘違いされがちだが、この口調は主にガーネットとの差別化のために使っているだけで男色趣味は無い。
ちなみにオネエなのは口調だけに留まらず、感情豊かでお洒落(させるの)大好きで可愛いものが大好きな所などなど、女性然とした側面が散見されるある。
女性には優しく男性には厳しい生粋のフェミニストであり、どこから仕入れたのかメジャーマイナー問わず女性事情にも富んでいる。
女性に対しては持ち前のプロデュース根性を発揮し有無を言わさず着飾ろうとする悪癖があるがその腕は確か。
癖あれど普段はフランクな性格。しかしながら仕事熱心で自分にもガーネットにも一切の妥協を許さない仕事の鬼。
弁舌が立ちコミュニケーション能力も非常に高く先見の明もあり、業界人としての心得か社交性、処世術にも長けている。
既に十分すぎるスキルを持ち合わせているが慢心することは無く、率先して知識を吸収したがる勤勉化の側面もある。
公私関わらずガーネットに対して厳しく接しているが、弟として兄のことを大事に思っており、だからこそ彼の成功を願い全力でサポートしている。
そのため(悪い方面に)ガーネットの障害となり得るものを排除するためには自己犠牲も辞さない。
ガーネットに比べ関わりの少ない次兄アメジストのことも気にかけてはいるがその様相は態度には現れないため気付かれていない。
非常に聡く、ガーネットの子供じみた自己顕示欲のみならずアメジストのコンプレックスをも察し、俯瞰しつつも常に彼らの身を案じている。
要領よく頭でっかちな分、運動神経においては平平凡凡そのもので武力行使にはめっぽう弱い。
素の口調は年相応の少年らしくやや粗暴で、一人称も「俺」。
本来の容姿はガーネットと瓜二つで影武者を担うこともある。幼少期は家族にすら見分けがつかないほどそっくりだった。
現在は仕事上カモフラージュ必須となっているためサングラスを装備し染髪もしている。


■ラス ♂ 12歳 102cm 20kg 一人称:俺
手持ち:なし
ポ/☆☆☆☆☆ 顔/★★★★☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★★★★☆ 力/★☆☆☆☆
趣味:ポケモン観察
特技:我慢
好きなもの:両親、養父母

三つ子の弟で末っ子。養子であるため、家族の中で唯一血のつながりが無い。
実年齢と相反した小柄な体躯に、実父譲りの金色で実母譲りの特徴的な形状の髪を持つ少年。
人を小馬鹿にした軽薄な物言いと淡白な態度が相まり、周囲からは外見に反して可愛げの無い性格と評される。
過去の経験から他人を簡単には信用せず、安易に心を開きも懐きもしない。
そんな気難しさはあれどあくまで関係に一線を引いているだけであり、人間関係を疎かにしているわけではない。
身を削り自身を救ってくれた養父母には全幅の信頼と恩義を感じており、彼らの前では前述の気難しさはなりを潜め礼儀正しくも無邪気な側面を見せている。
自身を一家のヒエラルキー最下部の居候と認識し、生意気な態度の裏に覆し得ぬ上下関係と奴隷根性を徹底させている。
一度地獄を味わったためかプライドはとにかく低く、一家のためならどんな汚れ仕事も惜しまない。
そんな本人の意気とは裏腹に養父母は彼に多くを求めず彼のそんな思想をよしとしていない。
現状はアメジストと共に家事を任されているが、ほとんどアメジストが要領よくこなしてしまうため苦々しく感じている。
結果として一家のために身を削らんとする奴隷根性は基本的に空回りしている。



●ミツル家●
…長女のために長男の存在を伏せる反面、長男の安否を憂いている。


■チリ ♂ 15歳 176cm 55kg 一人称:私 
手持ち:サーナイト♂
ポ/★★★☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★★★+ 賢/☆☆☆☆☆ 力/★★★☆☆
趣味:?
特技:?
好きなもの:?

4年前、実の妹の殺害未遂事件を起こし、更生を図った親により精神病棟に入院させられる。
しかし間もなく脱走し現在に至るまで行方不明、生死不明となっている。
少々変わった言動をする子供で三つ子と仲が良く、特にガーネットと親しかった。
-----
別軸キチガイ枠2人目。
紳士然とした外見に価値観、倫理観、果ては宗教観に至るまで世間から逸脱した思考を持つ狂信者。
自身の宗教観に反する者に対しては一切の容赦をせず、徹底した排除も厭わない。
無価値認定した者の存在を無かったことにするなど、自身の思考にそぐわない者に対してはとことん排他的。
その対象には妹であるチコ、かつての友だったガーネットも含まれる。
(サンと違い、存在を無かったことにしているだけでなく、完全に忘れている)
ランド以上に常識が通じず、彼との会話のキャッチボールは不可能に近い。


■チコ ♀ 10歳 125cm 24kg 胸/無 一人称:わたし
手持ち:ラルトス♂
ポ/☆☆☆☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★★★☆☆ 力/☆☆☆☆☆
趣味:ファッション雑誌チェック
特技:毛づくろい
好きなもの:初めて出会うもの

長年病院生活を送っている生まれつき体が虚弱な少女。
病弱な反動か慎ましくも好奇心性格な性格で目新しいものにはすぐ興味を抱く。
純粋ゆえに何でも信じる危なっかしい素直さも持つ。
紫外線に弱くあまり外出できないため、病院内での活動が主。
定期的に父親に持ってきてもらうファッション雑誌が入院生活の中での1番の娯楽。
ガーネットの載っている雑誌の定期購読者でもあり、ガーネットの大ファン。
実の兄に殺害されかけるというトラウマ級の過去を持つが、幸か不幸か当時の記憶をなくしている。



●ダイプラ家(ベルリッツ家)、パール家●
…ダイプラ一族にパール一族が仕えている状態。
 とはいえかつての仲間とその子供の関係らしく、上下関係の薄いフランクな関係。


■ディアメント(ディア) ♂ 15歳 176cm 58kg 一人称:私
手持ち:ポッチャマ♀・エンペルト♂・ドダイトス♂・ブーバーン♂・エレキブル♂
ポ/★★★★★+ 顔/★★★★★+ 頭/★★★★★+ 賢/★★★★★+ 力/★★★★★

父親の包容力に母親のカリスマを受け継ぎ、若干15歳にしてベルリッツ家頭首となった完璧超人。
文武両道、人柄にも優れ、人望も統率力も持ち合わせた、神に何物も与えられた好青年。
その才能に驕ることなく平身低頭の精神を忘れず日々を送っている。
人の上に立つ者だからこそ広い視野を持ち、従業員から友人までどんな相手であろうと気配りを欠かさない。
欠点の無い完全無欠人間ではあるが、強いて言えば欠点は出来過ぎた人間であることともいえる。
出来過ぎているがゆえに結果的にノアの仕事を奪っているなど、必ずしも行動がプラスに向いているわけではない。
現状には満足せず常に新しい知識を欲しており、好奇心とチャレンジ精神の赴くままに無謀な挑戦をすることも多々。
しかしその度余裕でクリアする程度には才覚で溢れている。
本来護衛必須の立場ではあるが、護衛であるはずのノアよりも遥かに強く護身術に長けているため普段は1人で外出している。
その行為の意図は、女子であるノアを危険な目に会わせたくない一心のものであるが、肝心のノアには響かず仕事泥棒と罵られている。
オンオフをしっかり切り替える派であり、正装と外出用の衣装がそれぞれある。


■ノア ♀ 14歳 161cm 50kg 胸/C 一人称:あたし
手持ち:ゴウカザル♂
ポ/★★★★★ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★☆☆ 賢/★☆☆☆☆ 力/★★★★☆
趣味:仕事
特技:仕事
好きなもの:仕事

常に動いていないと気が済まない落ち付きの無いベルリッツ家専属のせっかちメイド。
名目上はディアメントの世話係となっているが肝心の主君が世話いらず状態で仕事を奪われている状況にある。
雇用主と従業員という関係であると共に親つながりの幼馴染であるため、敬意らしい敬意を払うことは無い。
敬語を使わないどころか度々衝突し仕事泥棒と罵る始末で、おおよそ主君と護衛の関係には見えない状態。
休息をとるぐらいなら仕事に使うと豪語する程度には仕事大好き人間である。
ゆえに自身の心身状況を顧みず無茶をすることも多々あり度々周囲を困らせている。
「仕事」と銘打たれた事物なら何にでも飛びこむ病的な仕事人間。

<ここまで>

べつじく2

March 06 [Fri], 2015, 19:10
別軸の設定文打ち終わってすらいないけど別軸2設定もまとめてみた。
別軸2はまだまだ増える余地がありますが現状は8人までしか固まってません。
ルベウスは一旦退場させました。もし戻すとしたらリメイクを施した上で相棒も追加されると思います。
何で消したかというと、業界人って点がガーネットと被ってたからです。
別軸2ストーリーもいつか書けたらいいなできたらいいなあんな夢こんな夢いっぱいありすぎて


レッド子
■クエン 16歳♂ 178cm 62kg
手持ち:フシギバナ♂、エーフィ♂、ピカチュウ♂、ピカチュウ♀、カメックス♂、カビゴン♂
ポ/★★★★★+ 顔/★★★★☆ 頭/★★★★☆
各地でポケモンバトルの指導員をこなすバトル狂いの元ポケモンリーグチャンピオン。
無論ポケモンバトルの腕は折り紙つきで、チャンピオンに君臨して以降は負け知らず。
そのネームバリューゆえに勝負を挑まれることも多く、日々ポケモンバトルに明け暮れている。
一般ポケモントレーナーの高嶺の花と形容すべく崇高な存在でありながら、その実体は軟派で不遜な女タラシ。
趣味はナンパで、指導員の傍らルキフェルを巻き込み女子を口説きに放浪することも多い。
実力が伴っているとはいえかなり天狗になっており、「チャンピオン」の称号を不用意に悪用することもしばしば。
一見慢心しきっているように見えるが、実力保持のための鍛錬は人一倍怠らない努力家でもある。
ちなみにナンパの成功率は五分五分。結果に対する一喜一憂がとにかく激しいが、単純なので立ち直りは早い。
趣味が趣味なだけに女性特有の感情的な側面に振り回される機会が多かったためか、とにかく他人の感情の機微に敏い。
特に嘘を見抜く力に長けており、彼の前で嘘を通すことは非常に難しい。
対象が身近な者であればある程、その力は顕著に発揮される。
元々はポケモンバトルを好みつつも実力が伴わず燻っていたが、ペイルの死を皮切りにチャンピオンを志すようになった。
その際はルキフェルと共に修行の旅へと出ている。
「また失敗したー。ちくしょー、何がいけなかったんだー!」

■カエン 11歳♀ 150cm 41kg 胸/無
手持ち:ニョロゾ♂、イーブイ♀
ポ/★★★★☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★☆☆☆
男所帯に育ったためか、心身ともに非常にボーイッシュな少女。
異性に厳しく、同性に優しくを信条としており、こと同世代の女子に対しては重度のフェミニスト。
男子に対しては気に食わないことがあれば暴力も辞さず喧嘩も厭わない。
典型的なガキ大将気質だが、決して理不尽な性格ではなく、良識と理性もある程度持ち合わせている。
上述の言動から女子には慕われ、男子には恐れられている。
しかし拳と拳のぶつけ合いから育まれる友情も多く、男友達は存外多い。
男勝りな性格ではあるが女子としての自覚はあるらしく、見えない所でおしゃれを嗜むこともある。
兄弟仲は良好だが、彼女の一方的なボディーランゲージが絶えない。
エクスシアは異性でありながら唯一彼女が優しく接する貴重な存在である。
「大丈夫、あたしに任せとけって!」


グリーン子
■ルキフェル(ルキ) 16歳♂ 174cm 58kg
手持ち:リザードン♂、ギャラドス♂、ピジョット♂、カイリキー♂、ハッサム♂、ドサイドン♂
ポ/★★★★★+ 顔/★★★★★+ 頭/★★★★★
マサラタウンにある実家の道場を拠点に日々修行を積み重ねる若き格闘家。
涼しい顔で何重にも重ねられた瓦を粉砕し、己を遥かに超える巨体の相手すらも悠々と打ち取る程度の実力の持ち主。
その実力から筋骨隆々な肉体を連想できるが、筋肉のつきにくい体質であるため相手を圧倒させるような外見は持ち合わせていない。
暑苦しい立場に身を置きながら表情筋は鈍く、人生の大半を無表情または気だるげな表情で過ごしている。
口調は淡々としてるものの若者らしくだいぶ砕けている上、闘争心を表に出すことも滅多にないため、格闘家らしからぬ一面ばかりが目立っている。
鍛錬の結果か何事にも物怖じせず胆が据わっており、窮地に立たされても滅多に動揺することはない。
ノリこそ軽いが地は父親譲りの頑固者で、他人に心を開くにはかなりの時間を有する。
他人に対し防御線を張ってしまう悪癖を持ち、素性知れぬ初対面相手には偽名を使うことも多い。
しかし努力人の類いにはやや寛容で、例え初対面であろうと壁が薄まる。
距離感の表れか、家族友人以外を呼び捨てにすることは滅多にない。
毒舌気味で口が悪く、思ったことをオブラートに包まず口に出す良くも悪くも正直者。
何事にも囚われない自由な生き方を好み基本は自己優先だが、決して情に薄いわけではない。
かつてはクエンよりも腕の立つポケモントレーナーであったが、現在は引退しバトルからも身を引いている。
手持ちポケモンへのケアは行き届いているようで、彼らが飼い殺し状態にならないよう配慮は怠らない。
友達付き合いは良く、クエンのナンパにも度々同行しているが本人が口説くことは一切ない。
それどころか徹底して一線を引いておりクエンとは逆に非常にガードが堅い。
全体的に真摯さに欠ける少年だが、身近な人々のことは大切に思っており、分かりにくい愛情深さの持ち主でもある。
「お前、マジで頭わりぃな・・・・。」

■エクスシア(エク) 11歳♂ 142sm 35kg
手持ち:なし
ポ/☆☆☆☆☆ 顔/★★★★★ 頭/★★★☆☆
常に眉毛を8の字に垂れ下げた気弱なネガティブ少年。
吃音症を患っている上、緊張しいな性格も手伝ってうまく喋ることができない。
口頭で碌に意思主張できないためか、心の中では非常に饒舌かつマシンガントーク。
軽度のポケモン恐怖症のため、手持ちポケモンを持たない。
それゆえマサラタウン外に出ることはあまりなく世間知らずで、実質箱入り息子。
彼が一方的にルキフェルを怖がっているため、兄弟仲は芳しくない。
周囲からカエンの金魚のフン呼ばわりされることもあるが、カエンのことは信頼している。
また、カエンのイーブイから異様に懐かれており平穏を脅かされつつある。
「あ、あ、あ、すすす、みっま、せっ!!」


ブルー子
■ペイル 享年11歳♂ 
手持ち:ゼニガメ♂(現クエンのカメックス)
ポ/★★★★★ 顔/★★★★★ 頭/★★★★★
生前はクエン、ルキフェル、キレートと共にマサラタウン名物4人組と呼ばれる存在だった。
4人組の誰よりも潜在的なバトルセンスに恵まれており、将来有望と周囲から期待されていた。
その才能に加え本人の「ポケモンリーグチャンピオンになる」という夢も手伝い、ぐんぐん実力を伸ばしていた。
しかし5年前、志半ばにして水難事故で死亡してしまう。彼の夢とゼニガメはクエンに引き継がれている。
死後しばらくしてオーキド研究所の卵へと魂が転生し、ピチュー(現ピカチュウ)として再び生を受けた。
その後すったもんだありキレートの手持ちとなり彼のメンタルセラピー役を担っている。
前世の要領よさ、いたずら好きで明るい性格はそのまま引き継がれやんちゃなピカチュウへと育った。
なお、現時点で前世の記憶は戻っていない。現在の名前は『ルアン』。
「ピカピカー。ピカ、ヂュ―――!!!」


イエロー子
■キレート 16歳♂ 152cm 39kg
手持ち:ピカチュウ♂(転生ペイル)
ポ/★☆☆☆☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★★☆
ペイル生前は4人組の緩和剤としての役を担う大人しくも温和な性格の平和主義者だった。
しかしペイルの死後は一転して塞ぎこみ、会話もままならない暗い性格となっている。
しばらくは外出することもなく親すらも拒絶し家に引きこもり続けていたため体力に乏しい。
ペイルの死に対して責任を感じており、その罪悪感が彼の暗い性格に拍車をかける結果となった。
現在はピカチュウによるアニマルセラピー効果で幾分か改善されているものの、未だに罪の意識に苛まれ続けている。
ややヒステリックな一面もあるが、少しずつ元の性格を取り戻しつつある。
引きこもり生活で伸びざらしになった腰にまで達する長髪に童顔低身長も手伝い、非常に少女然な容姿の持ち主。
「・・・僕にかまわなくていいから。さっさと出てって。」


ゴールド(×アカネ)子
■コガネ(小金) 14歳♂ 167cm 51kg
手持ち:バクフーン♂、ケンタロス♂、トゲキッス♂
ポ/★★★★★ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★★☆
両親譲りの明るさとポジティブシンキングを兼ね揃える陽気な関西弁使い。
光に目が弱いため、常に太陽光遮断ゴーグルを装着している。
やんちゃで仕切りたがりな性格だが、父親を反面教師にしたのか周囲に迷惑をかける真似は一切しない。
悪ノリしすぎない程度にノリも良く場の空気を読める常識人。
身近なトラブルメーカーのせいで何かと貧乏くじを引きがちだが、どんな手間を被むろうと一貫して楽しんでいるので苦労人とは言い難い。
身近な人物、知り合いにこそ人懐こく笑顔で接するが、同時に極度の人見知りでもあり初対面相手だと緊張からコミュ力無振り状態に陥る。
そのため、初対面の人間への対応はジョウに任せきりで本人が対応することはあまり無い。
ひとたび打ち解け合えばいつもの彼に戻るが、それまでは焦りと緊張で逃げ腰状態である。
ポケモンバトルの腕に優れジムリーダーに匹敵する実力を持つが、上述の件で初対面のトレーナーとバトルすることができず埋もれている。
なお、ゴーグルは本人曰く生命線であり、紛失したり奪われたりすると取り乱し一転してネガティブシンキングに転落する。
何かと危なっかしいジョウの自称お守役でスイクンを探しに付き合ってはドジを踏むジョウを救出している。
癖の強い母親譲りのピンク髪がお気に入り。ジャージの下に着ているTシャツはジョウ手作りのネタTシャツ。
「知らない人まじ怖いねん。ちゅーわけで後は任せたで!」


(ミナキ×)クリスタル子
■ジョウ 14歳♂ 162cm  
手持ち:メガニウム♂、ゲンガー♂、ワタッコ♀
ポ/★★★★☆ 顔/★★★☆☆ 頭/★★★★☆
父親の意思を受け継ぐ筋金入りのスイクン愛好家。コガネ以上のポジティブシンクングかつ天性の馬鹿野郎。
母親似の外見でありながら中身は完全に父親そのもので、スイクンに関するフットワークの軽さは天下一品。
スイクンへの愛に暴走しては自爆する無鉄砲紳士である。父親に比べたらまだスイクンに縁があるらしく、結構な確率で遭遇している。
極度のドジ体質であり、山に行けば枝に足をとられ、皮に行けば足を踏み外し落下し、時に大怪我しかねないドジも踏む。
しかし毎度大事に至らずあっという間に回復してしまう点から生粋のギャグ体質ともいえる。
スイクン関連に限らずドジ体質のせいで酷い目に会うことが多いが、持ち前の不屈の精神でめげない・折れない・諦めない。
コガネとは逆に誰相手であろうと堂々と接しては己の生き様を晒しているが、無論引かれることが大半。
頭がスイクンに特化するがあまりデリカシーが皆無で、普通の人なら恥じらうであろう行為ものうのうとやってのける。
コガネとは親友の間柄で、スイクン情報を手に入れたら真っ先にコガネに報告しに行く程度には仲が良い。
「はっはっは、まさかこんな所に崖があるとは思わなかったぞ!助けてくれ!」

おはなし2

March 05 [Thu], 2015, 19:14
0、1話以上に推敲が必要な文章打っちゃった感。
とりあえず親世代がここまで出張るのは今回限りだと思いたい。

文章練習のために長編書くのは無謀だって今更気付いたよ。
しかし短編ネタがあるわけでもないのです。ええ。

らくがき

March 02 [Mon], 2015, 21:59
9割方キシルで埋め尽くされてますけどね。
そして当然のように本軸が紛れ込む。

















おはなし1

March 01 [Sun], 2015, 15:26
続いちゃった。
文章の練習がてらに続けていきたいものです。
地味に長いので流石に追記にしまいましたよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m0gu
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ちせり
» らくがき (2015年03月03日)
アイコン画像雷羅
» らくがき (2015年02月24日)
ヤプミー!一覧
読者になる