森重とアーフェンピンシャー

April 12 [Thu], 2018, 12:00
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れるしかありません。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って生活を送ってください。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuna
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる