テッテケテーと野村

October 18 [Tue], 2016, 17:29
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸サプリの話題が出ました。友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だってテレビで見たことがありましたから、友達にアドバイスしました。
友達が妊活をがんばっている事を知っていますから、絶対に報われて欲しいと思うし、元気な赤ちゃんの顔を見せて欲しいなって思っているんです。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われていてています。

この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

実際には沿うではないのです。


葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少指せるという有効性に限った話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨しているわけであって、決して葉酸摂取の期間を限っていますからはありません。



葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少指せるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素です。
日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、ご飯をするのも辛い時がありますよね。沿うすると食べ物からの摂取が難しくなりますが、沿うした場合、無理なご飯は厳禁です。葉酸の摂取は葉酸サプリ等を利用すれば理想的な量の葉酸を補給できますので、積極的に利用したらいいですよ。
妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。



妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。

いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、摂取する量には気を配ってちょうだい。



なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に気をつけてください。なぜならサプリは普段のご飯から得られる葉酸よりも、はるかに高く含まれています。

それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、決められた用法と容量を必ず守ってちょうだい。葉酸の過剰摂取によって、母体には吐き気や食欲不振といった副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)があらわれることがある沿うです。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
妊娠する前の段階で十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に記載されていました。



胎児が健やかに育つために重要な成分らしいです。



妊娠した段階から不足しやすい成分だ沿うなので、妊活中からの摂取がもとめられているようです。野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのはおもったより骨が折れ沿うだな、と思いました。


手軽に摂るなら、葉酸のサプリを飲んでも良い沿うですから、ちょっとふ〜。



って感じです。


。ご飯や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。


葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われていてています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けることが出来るという報告があるのです。厚生労働省が推奨するように、妊娠の初期の段階で一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。また、厚生労働省が推奨するようにサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)で葉酸を補給するのも大丈夫です。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。長女が生まれていますから夫は夫婦二人での受診には消極的で、言えば不機嫌になり沿うだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。


月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。



幸い、ほどなくして二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。
なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
当たり前ですが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのために、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように注意してちょうだい。


いまの不妊状態から脱出するのに、食生活から改めるのも有効だと考えられます。精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。妊娠を望むなら、まずは体造りです。
規則的で栄養バランスに配慮したご飯を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。

妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。


葉酸はおなかの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取してもよいでしょう。
納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をおススメします。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、食べ物から摂取する場合、調理にはポイントがあります。



葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱が必要な食材やメニューの場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸のサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)を活用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。


赤ちゃんを授かって産婦人科等でおこなわれる栄養指導をうける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。

多くの方が、沿うした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。
レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。



または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。ご飯による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。



実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのがいいのでしょうか。
殆どの場合が、妊娠前から授乳期のおわりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体の健康維持を考える上でも必要不可欠な栄養素です。



なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳しゅうりょうまで普段のご飯とサプリによる葉酸摂取を続けるのがよいでしょう。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟指せるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊娠を願望している女性だけでなく、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してちょうだい。
亜鉛は精子が活性化することを助けてくれるのです。



亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を実践してみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nie00oenemlynw/index1_0.rdf