☆☆ありがとう、そしてまた逢う日まで☆☆ 

2012年10月27日(土) 18時02分
ご無沙汰してました。
前回の記事から1年以上経過していましたね。

久しぶりの投稿がさよならのご報告になってしまい、
なんとも申し訳ありません。


先週10月19日我が家の次女☆ココア☆が虹の橋に旅立ちました。
私の帰宅を待ってくれていたかのように、腕の中で安らかに旅立ちました。
9月19日が誕生日でしたので8歳と1ヶ月。。
亡くなった日からお友達からたくさんお花が届きました。
本当にありがとうございました。

昨年末、ちょうど病院も年末年始のお休みに入るあたりからお腹の動きが悪くなり、
年明け成人の日あたりには水も飲まず、何も食べずという状態に陥り、
祝日も診察している病院に駆け込んだりもしました。

とはいうもののさすがのココア。
お腹の動きが悪いのは彼女にとっては日常的なことなので、
どうにかこうにかがんばってくれていました。

9月末から●が出なくなり、出始めてもドロドロの●しか出なくなり、
自分でペレットも食べなくなったので強制給餌を始めました。
でもでも、調子の良い時は自分でお水も普段通り飲み、ペレットもすこーし食べたり、
おやつをおねだりしたりしてくれていました。

それでもどんどん体重は軽くなり、MAX1.7kgほどあった体重は、
1kgぎりぎりまで減ってしまいました。
強制給餌の時にタオルにくるんで抱っこしていたのですが、
本当に軽かったです。

強制給餌。きっと嫌だったでしょう。
それでも亡くなる日の朝まできちんと食べてくれましたよ。
マッサージをするとクウーと鳴いてくれましたし、
ココアを抱っこしている時間は私にとって幸せな時間でした。

エンセや子宮がんの手術、その術後にエンセが悪さをして大変な状態になったこと、
目が見えなくなり昨年から外での放牧ができなくなったこと、
いつもいつもお腹の動きが悪くてポンポコリンのお腹だったこと。
ロビンやシュガーだったら give up だろうなというお腹だったんですよ。

それでもココアはいつも幸せそうでした。
最後の最後までココアらしい幸せオーラを出していました。
私に元に来たのも本当に偶然だったんでしょう。
幸せな偶然、幸せな出会いだったと思います。

今ごろは先に旅立ったお友達と会えていることでしょう。
はじめましての挨拶をちゃんとしているかな。

私もいつかその場所でココアにまた会えると信じています。
本当に本当に私のところに来てくれてありがとう!!
また逢う日までしばしのお別れだよ、ココア。

最後になりましたが、
この場を借りてココアをかわいがってくれた方々にお礼を申し上げます。

超アップ(私の大好きな写真です)


ちょっとおめかし


皆さまにありがとう

恐怖!! 

2011年05月24日(火) 20時03分
暑くなったり、寒くなったり。
この時期うさぎにとっては暮らしにくい季節かも。

7歳を超えたロビンもこの1カ月お腹の調子がイマイチの日が。
イマイチと言っていいのか。。

盲腸●のなれの果て、、みたいな、
ドロドロの液体みたいになった●をしていたことも。
さすがにこれにはびっくり。
常備しているお腹の薬を飲ませたところ具合は良くなったのですが。

といっても、通常のコロコロ●は普通の状態なので、
腸内バランスが乱れてしまったものと思われます。

今週病院の予約を入れているので、
久しぶりにお腹の調子を見てもらうつもりです。

そんなロビンの恐怖に震える表情をご覧いただきましょう!!

これから何が始まるの?? アタシ怖い


げー


本当に怖かった


投薬が終わってもロビンをしばし仰向けにさせたまま、写真を撮り続けた私
妹いわく「虐待だ」だそうで。
ロビンは仰向けにするとほぼ動かなくなるので、
こちらの意のままのところがかわいい〜〜

寛ぐ・・・ 

2011年04月21日(木) 19時50分
ライオンがやってきたのブルちゃんがうらやましい。
そばで寛いでくれるなんて、我が家では考えられない光景!!

シュガーは懐っこいけど、休むということを知らない。
ぐるぐる回るか、匂い付けをするか、はてまたカクカクを狙ってるか。
ココアはなでて〜ばかり。

唯一ロビンだけが昔は足の間で寛いでくれていた。
が、手術以降おしっこ絞りがいやなのか、
子宮と卵巣が無くなったせいなのか、
そばで寛ぐことが無くなった。

そして今はこんな感じ。
私から離れた階段の下(たいていカーテンに隠れてるんだよ)が定位置となっているんだけど、
まずはお尻だけカーテンから出ている格好に。

次に脚を伸ばしてリラックス。

そのうちちょこっと鼻を出して、

最後にようやく半分顔が出てきた。

フラッシュが気に入らなかったのか、
その後ダッシュして離れて行った。

昔みたいに足の間でコテッとしてくれないかなぁ。。
たぶん無理だろうなぁ。

プチ花見 

2011年04月13日(水) 22時14分
この間の日曜日。そう都知事選のあった日。

家の近くの桜並木までシュガーを連れて出てみました。
久々のおでかけのシュガー。
桜の下で写真を撮ろうと思ったのは良かったものの、
やっぱりうまく撮れませんでした。

でも折角行ったので、紹介しようと思います♪

ともかくキャリーの中では暴れて仕方がなかったシュガーですが、
いざハーネスを着けて降ろすといかにも迷惑そう。。。
そりゃそうだよね。レンガの地面だもんね。

この写真だとシュガーの大きさのイメージがつくんじゃないかな〜
ホーランドなんですが1.3kgとちょっと小さめ。


そして桜をバックに撮ろうとチャレンジしたものの、
私の手が入ってるじゃん!!
う〜ん、これじゃあ。。。
おまけにシュガーは黒いのでなかなかうまく撮れない。
桜の花を頭に乗せてあげても、振り落としてしまうし。。
「ぼく嫌だよ!!」って感じで、猛烈に頭を振ってました(泣)


そんなこんなで、あまり写真は撮れませんでしたが、
一応一緒に撮ってみました。
他の子たちも連れてきたかったけど、
ロビンは外出すると●が小さくなって具合が悪くなるし、
ココアは公園のど真ん中でも寝ちゃうくらいマイペースなので、
本当は連れて来たいんですけどね。
大病しているので何が起こるか分からないので、
もう4年くらいうさんぽには連れ出してません。


久々に写真付きでブログをアップしました。
ちょくちょくは無理でも、ブログ生活を復活させたいなと思ってます。

地震 

2011年03月13日(日) 10時55分
かなり久しぶりの更新がこんなことだなんて。

とりあえず3うさ&ロビンママは無事です。

地震当日の夜は、3うさたちはほぼ定刻通りにロビンママの母親からご飯を貰い、
いつもと変わらず生活をしていたようです。

会社からは4時間かかりましたがどうにか帰れました。
携帯電話はなかなかつながらず、
日常生活では忘れられた存在になりつつあった公衆電話の凄さに感心しました。
私の会社は公衆電話を玄関前に設置してあるのですが、
大行列が出来ていました。
緊急時の連絡方法を家族で確認しておくことは本当に大切だなと思いました。

家の冷蔵庫の位置がずれていたこと、
食器棚の中の重いチョーヤの梅酒のビンが倒れたおかげで、
ドミノ倒し的にそのままグラスが倒れ、外に飛び出して割れてしまった以外は
大丈夫でした。
(チョーヤの梅酒は割れなかったので、そのまま安全な場所に移動させました)

東北地方の信じられない光景を目にすると本当に心が痛みます。
早く支援の手が届きますように。

本当にご無沙汰! 

2010年06月20日(日) 23時00分
本当にご無沙汰です。

パートに出始めてからPCに向かう時間が激減。
フルタイムのお勤めとうさたちのお世話に明け暮れる毎日で、
ゆっくりする時間が。。
というかゆっくり=寝る時間 になってしまいました。

我が家の3うさたちは相変わらずで、
シュガーは元気いっぱい、ロビンはついに膀胱と腎臓に石ができ、
ココアは不調なりに頑張っている! といった感じです。

とくにロビンはGW終盤から熱中症+石による膀胱炎でかなりまいってしまい、
深夜の救急に駆け込む有様。
まだまだ若いと思ってましたが、6歳半という年齢でやはりちょっとおばあさん。
気温の急激な変化にも敏感になってきました。
石が早く出てくれないかなぁ〜と思う今日この頃です。

が、石はなかなか手ごわい。
実は私も石経験者ですが、とにかく通りが悪いところを通る時は激痛で死にそうになります。
私も救急車を呼んだくらいで、ともかく痛い。
看護師さんに「本当に痛いんですけど」と弱音を吐いたくらい痛いのです。
きっとうさぎも痛いはず。
ロビンも石が出るまで色々痛みに悩まされることでしょう。
かわいそうに。。

シュガーはおチビですが本当に元気いっぱい。
人が大好きで仕方ないようで、
まゆらさんとうさんぽに行ったときも、まゆらさんの手をペロペロしてました。
カクカクもしようとしてたかも(笑)

ココアは薬に頼りながら頑張ってますよ〜
朝、晩2回薬を飲んでますが、盲腸の働きが悪いのはいつものこと。
べちゃべちゃの盲腸●をケージにつけてもへっちゃらで、
そのうえで寝転んでます(*_*)
考えられません。彼女はケージ全体がトイレなのです。
病弱な体をおおらかな精神力が支えている気がしてなりません。

また近況を報告しますね。

その後のむーちゃん 

2009年11月07日(土) 13時28分
元気にたくましく退院したむーちゃんだったが、
退院3日目くらいからおかしくなり始めた。。

ペレットを食べなくなった。
水をあまり飲まなくなった。
おしっこの量が少なく、色々な場所でやっている。

まずい傾向。。。摘出した子宮もあまり良くなかったし。
かかりつけの先生に即連絡。点滴をしましょう~ということで、急ぎ病院へ。

本当にむーちゃんの子宮はかなりのもので、
転移の可能性が高いものだったの。
この時点では病理の結果は出ていなかったんだけど、
様子からして簡単に回復に向かう感じではない、、、ということでした。

術後はともかく栄養を付けて体力を回復しなければならないのに、
ペレットを食べないでは回復のしようがない。
水分を取らなければ腎臓にも影響が出る。

なので、これ以後むーちゃんは数日置きに点滴に通うようになっています。

点滴をすると体が楽になるので、食べる意欲も少し湧いてきて、
ペレットも口にしてくれるようになります。
水も強制的に飲ませる必要がないくらいに飲んでくれます。

結局、病理の結果は「転移が考えられる子宮腺がん」でした。
悪性度は中度だったんですが、転移がかなり進んでいる状態らしいです。

むーちゃんの子宮は見た目で片側は腫瘍がいくつか確認され、
もう片側は血がいっぱいで、いつ大出血が起こってもおかしくない状態で、
このままお腹を閉じても大出血で最期を迎える可能性があったため、
摘出はしておいて大正解だったんですよ~!

点滴をして対処療法をしている状態ですが、
大出血という事態は避けられたので、安心してます。

本人は点滴をすると本当に体が楽になるので、
帰ってくるとたくさんの牧草、ペレット、おやつを食べ、
舟を漕いで幸せそうに寝ています。
夜もいつも通り外に出て遊んでいるので、
見た目には具合の悪いうさちゃんには見えないと思います。

むーちゃんの持病のエンセも術後悪さをし始め、
右足の麻痺が出てしまいましたが、
軽い麻痺なので走るし、脚でかゆいところを掻くこともできます。
ただ力が入りにくいため、右足が徐々に開いてきてしまうのと、
踏ん張っても踏ん張りきれないみたいです。
人間が正座して脚がしびれてしまった状態に似ているのかもしれません。
エンセが悪さをするかも、、、は術前に聞いていたので「あ、やっぱり」と思ったくらいでした。
元々むーちゃんはエンセ後足元がおぼつかなくて、しょっちゅう転ぶ子だったので、
これも彼女の運命なんでしょうね。

むーちゃんは元々は避妊するはずだったのですが、
6か月の時にエンセを発病した後はお腹の調子も非常に悪く、
手術はちょっと。。。。という子でしたので、
このタイミングの手術になってしまったのは仕方がないことでした。

何となく悲惨な術後のむーちゃんですが、
日々お薬をあげ、ドライブがてら病院に通い、相変わらず「なでれ~」とやってくるむーちゃんに、
逆に癒されてますよ♪

良く診てくれる先生にお世話になっているので、
本当に私もココアも幸せだと思ってます。

手術日 

2009年10月27日(火) 13時24分
15日(木)の手術日。
朝9時にお預けしたところ、午後1時くらいから手術前準備→手術ということだそうです。

ロビンで1度経験しているので、「じゃあね、むーちゃん頑張ってね!」とさりげなくバイバイ。

むーちゃんはキャリーに入ったまま、入院用ケージでひとまず休憩するそうです。
血液検査、レントゲン検査などで異常がなければ手術に進むそうですが、
むーちゃんの場合は「多少の数値が悪くても、手術してしまいます」とのことだった。
子宮は怖いからね。

終了したら電話を貰うことになっていたのだけど、
夕方になっても電話が来ない!
まさかなぁ〜・・・と思っていたら、先生から電話が来た。

「ココアちゃんなかなか覚醒しなくて。まだぼーんやりしてるの〜」
とのことで、かなり目覚めが悪かったらしい。
ロビンは結構サクッっと目覚めたらしいのだけど、
さすがむーちゃんはトロかった。

続けて先生は
「お迎えの時に詳しく話すけど、結構酷い子宮だったの」と言った。

やっぱりなぁ、と思ったよ。
前から何かある何かある、と言われ続けて早何年。
あの子の体調を考えると麻酔が危険とのことで、
何か起きたらやる、と先生と決めていたからね。
実際麻酔の覚醒は遅かったしね。普通のうさちゃんより大分時間がかかったみたい。

でもどんなに酷い子宮でも、今回手術できたのは本当に良かったと思う。
ラッキーにもむーちゃんの体調が良かったし、
実際術後の様子はロビンよりおりこうだったらしい。

ロビンは飲まず食わずで先生も困ったんだけど、
むーちゃんは飲んで食べて普通にしていたらしい。
すごいぞ! むーちゃん。

16日の夕方にお迎えに行ったんだけど、
ロビンの状態を想像して行ったので、拍子抜けしたくらいだったよ。
ロビンはカテーテルはしてるし、しょぼくれてるし、本当にかわいそうな具合だったんだけど、
むーちゃんはキャリーの中で牧草を蹴散らして遊んでいた(笑)

「酷い子宮」は病理に出したので、検査結果待ちなんだけど、
とりあえずむーちゃんは元気に退院したのでした。

病院強化月間?! 

2009年10月18日(日) 12時01分
タイトル通り、今月の我が家は病院強化月間となった!

 1.母が胆石を取るため入院
 2.私が様々な健康診断(無料、有料とわず)を受けた
 
 ここまでは人間の病院ネタだったのでどうってことないが。
 (婦人科系は本当に要注意だよ!! これからどう対処しようか検討中)

最後にとんでもない出来事が待っていた。。(最後かどうかはわからないけど)

10日(土)の掃除の時だった。
む〜ちゃんをケージに乗せたまま新聞紙の上に移動。
トレーのペットシーツを交換してると、新聞紙の上でむ〜ちゃんがオシッコをしちゃってる。
まあ、オシッコはいつものことなんだけどね、そのオシッコの色がギョエ〜

赤だったの!! うさぎ特有のエサから来る色ではなく、絶対潜血だ! 
と確信した私はすかさずウリエースで検査。
ビンゴだったよ〜 あんなにはっきりした結果は見たことがなかった。

即、む〜ちゃんの生まれ故郷のブリーダーさんの相談。(病院は終わっていた時間なんだよね)
翌日までに再度の出血があったら、ブリーダーさんかかりつけの病院に手術をお願いしてみたら、
とアドバイスを貰う。

よりによって連休中。かかりつけの病院は13日(火)からだよ。。
再度の出血がないことを祈り、土曜日はとりあえず終わり。
む〜ちゃんは元気そうで、いつもと変わらないからいいんだけど、
大出血が起こったら本当に怖い。

11日(日)になっても再出血はなかったのだけど、ブリーダーさんから紹介を受けた病院に、
「何かあったとき対処してもらえますか?」と確認の電話を入れOKを貰う。

結局むーちゃんは13日(火)になっても変わらずで、かかりつけの先生に連絡を入れて、
15日(木)に手術することになった。
それまで元気でいてくれ〜と、毎日神様にお願いしていたよ。

そして15日(木)運命の手術日〜〜

むーちゃんの目!! 

2009年09月18日(金) 12時44分
むーちゃんは4歳なんだけど、
すでにおばあちゃんの雰囲気さえ漂っている

ほかの子よりもおっとりしてるし、
昼間はほぼ寝てばかりいるしね。

でも一番はこれかもしれない。



白内障ですっかり目が白くなってしまった〜〜
これは右目なんだけど。
綺麗に白くなってるでしょ、、、
ずいぶん前から白くなってきているので、
その経過を毎日見てきたんだけど。

3週間前に左目に変化が見られたんだよね。
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ロビンママ
» ☆☆ありがとう、そしてまた逢う日まで☆☆ (2012年11月04日)
アイコン画像まゆら
» ☆☆ありがとう、そしてまた逢う日まで☆☆ (2012年11月01日)
アイコン画像ロビンママ
» ☆☆ありがとう、そしてまた逢う日まで☆☆ (2012年10月31日)
アイコン画像うさ坊桃ママ
» ☆☆ありがとう、そしてまた逢う日まで☆☆ (2012年10月30日)
アイコン画像うさ院長
» ☆☆ありがとう、そしてまた逢う日まで☆☆ (2012年10月28日)
アイコン画像うさ坊ママ
» 恐怖!! (2011年06月09日)
アイコン画像ロビンママ
» 恐怖!! (2011年05月26日)
アイコン画像sa-ya
» 恐怖!! (2011年05月26日)
アイコン画像うさ院長
» 恐怖!! (2011年05月25日)
http://yaplog.jp/nicorobin/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココア(ムー一族の長)
読者になる
Yapme!一覧
読者になる