あれまー 

July 21 [Mon], 2008, 6:12
久々シンプルプランなど聞いてたら攻撃的になっちゃった。
影響されやすくって困ります。
たまに暗くなったり明るくなったり、両極端ですが、
ほとんど真剣じゃないです。

大きくボケたら滑った、と。

バカリズムのラジオ挫折体操みたいなものかと。
(恐れ多い。

たまにネガティブ。
たまにポジティブ。

バランスバランス。


舵を取れ、自分、ファイッ。

そんな毎日が幸せです。

回転し続ける 

July 18 [Fri], 2008, 10:42
毎日を何も無いと嘆く女と
何も無い日々をあったかのようにしたい男を
同じおりの中で眺めている

結局の所世界は何も無い
何かを手に入れた気分になるのも自分次第

嘆く女あがく男
ああ、今日も世界は終わらずに
ただ回転してぽろぽろと
こぼれ落ちていく人間だけがある


全くまるで冗談じゃない日々 

July 18 [Fri], 2008, 10:16
勝手にしろと言うのは簡単
何だって言うのは簡単なんだよ
そうやってほったらかしにする事をあんたは選んだんだ
最初からそうゆう世界で
俺は何にも気にしない
そう、全部想定の範囲内
あんた達がすべてを金でやりとりしてるって事
生まれた時からそんな事知ってる
だから俺は気にしない
気にするような事は
この世界には何一つ無い



つじつまあわせ 

July 18 [Fri], 2008, 10:08
かたっと更新が止まったわけですが。
多分。
前回の更新で。
がっつり媚びたからだろうなぁ。

自分の中の矛盾が生まれる、まるで本当のようなそんな言葉
それで自分を殺すのはもうたくさんだっていう毎日なのに。

それでも何とか再生して
信じる何かを探して生きていくしかない。



thank you happy go 

May 07 [Wed], 2008, 19:08
ラッキーの意味を少しだけ考えてみたよ
それはハッピーから始まってサンキューまで続いてた
手と手を取り合って寂しさをスルーしたら
目と目を合わせてスマイリング
大丈夫になったら今すぐスタート


アイラブユーの気持ち、最後まで覗いてみる
そこに現れたのは心地よい文字オンリー
その文字に包まれて、新しい言葉を
プレイボタンで君へ走らせるよ
耳をすませてたらどこでも聞こえるように

走り出す未来は過去に始まっていた
寂しさで泣くのは君を感じてなかったから

サンキューで始まった今日は
ハッピーな明日まで繋がってる。

それが今まで気づかなかった真実





ジーザス 

May 03 [Sat], 2008, 12:05
こんな風に星を比べるのはもう終わりにしたいんです。
彼女と彼女と彼女と私
彼と彼と彼と私

みんな光れ、惹かれあって輝けばいい

世の中に火をくべているのが誰かだとしても

その火がみんなを照らすものであればいい

今日もいつもそんな風に、
ありもしない何かに祈ってみる。

信じるものは、救われるって信じて。

くりかえしループで生きているよ。



彼女の書いた一枚の絵が私を泣かせた事を彼女は永遠に知らない 

April 30 [Wed], 2008, 7:00
ああ、もう世界はこんなにも心があふれている。
なのにどうしてみんな寂しい、のか。
理由はすぐそこにせまっている。
涙を全部出し切れば向き合えるだろうか。
心と心、通わせることできるだろうか。


ブラッグドッグ 

April 26 [Sat], 2008, 10:15
ブラッグドッグが来るといって、屋根の上から降りてこないあなた。
私はその間一人で考えるの。
どうしたらあなたをブラッグドッグから守れるのかしらって。

ブラックドッグに つかまらないように
ブラックドッグに かみつかれないように

私、あなたをはなさないの。

ブラックにホワイトチョコレート流しかけて
ドッグには極上の骨をほうりなげて

あなたは屋根から下りてきて、私と一緒に夢を見るの。
そんな夢を、私いつも見ている。

あっぷるるん 

April 26 [Sat], 2008, 9:57
りんごりんごりんごー
せろりーもあうよー

りんごりんごりんごー
かぶりついてもいいよー

りんごりんごりんごー
好きな人に剥いてもらうのもいいよー

四つ割りでも皮がきれないように剥いても
おいしいりんご。

耳かきのぽんぽんで生まれたりんごは奇跡なんだ。
だからおいしく食べようね。

りんごりんごりんごー
いっしょに笑ってたべようよー。

りんごりんごりんご
煮ても焼いても甘みがふえるよ。

りんごりんごりんご
ジャムにして一冬楽しもう

ジュースにしたらのどごしさわやか
朝の目覚めの手助けです。

りんごりんごりんご
あなたと一緒に食べたいな。
一緒に食べて、くれますか?


モンスターbomb 

April 26 [Sat], 2008, 9:42
世界に飽き飽きしていた頃お前は現れた
世界に飽き飽きしている事にすら気づいていなかった僕に
爆弾を一つ渡して、
「投げればわかるさ」
とその言葉を聞く前に僕はそれを街になげていた。

そこから始まった僕たちの遊び。

僕では出来なかった事を君がしてくれる。
君が出来ない事を僕がしてもみる。

一人ごっこは二人ごっこに。
二人ごっこはやがて飛び火し街を覆いつくし
増えてやまないモンスターごっこ。

一匹の見慣れないモンスターが僕に何か手渡した。
二人ごっこの最初の爆弾。
ふと思い出した。
それは最初からはじけてなどなく。
ぽとり、と落ちただけだったのだと。

それでもモンスターごっこは止まらない。

僕はまた世界に飽きた頃を忘れ、モンスターごっこに飽きた事に気づいた。

二人ごっこに戻ろうか。
それとも本当に爆発起こそうか。

ごっこ遊びをもてあまし、
今日も爆弾は僕の横にある。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nicolaseye
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像nico
» thank you happy go (2008年05月09日)
アイコン画像nico
» ジーザス (2008年05月06日)
アイコン画像nico
» ストレンジャーライフ (2008年04月20日)
アイコン画像nico
» やわらかい手、鑑賞 (2008年04月19日)
アイコン画像nico
» ケーニヒスクローネの冠 (2008年04月19日)
アイコン画像niko
» 私の心は苺のキラキラ (2008年04月19日)
Yapme!一覧
読者になる