にこ、止まるの練習。 

2004年08月23日(月) 0時00分
昨日体調がおかしかったせいか、
朝のおさんぽでうん出ず。
夕方のおさんぽではばっちりでした。
さて、ひさびさににこと長距離のおさんぽをしたわけですが
(田舎にいる間は普段から駆け回っていたので散歩は短め)
ぐいぐい引っ張るわ、拾い食いはするわ、言うことを聞かない。
おすわりすらままならない。
これはまずいぞ・・・。
初心に返って、また教えなおすことを決意。
「わたしが止まるとにこも止まっておすわり」、
まずはこれから練習だ。
右手にリード、左手にご褒美のフード。
わたしが止まったらフードを目の前にかざして座らせる。
おさんぽデビューの日を思い出しました。
おさんぽデビューの日の晩御飯はこうやってあげたんだったなー。
止まる、座る、ご褒美。止まる、座る、ご褒美。
ほうら、思い出してきた?きっちり教えなおすわよー。
明日もまたがんばります。

にこ、ドライブ後すやすや。 

2004年08月22日(日) 0時00分
田舎でお庭を駆け回る生活も今日まで。
にこはおうちに帰る日です。
ばたばた旅支度に何か感じたらしく、ちょっと吠えたりしました。
のびのびとお庭で虫を追ったりボールで遊んだりしているにこを見ると、
田舎で暮らすほうがにこにとってシアワセなのかなあ?と考えてしまいます。
でも、病院のことを考えたり、生活しやすさという点で考えれば
都会で暮らすほうがいいのかもしれない。
でもうちは狭いし、昼間はずっとお留守番だし・・・堂々巡りです。
あれこれ考えましたが、自分なりにこんな結論をだしました。
にこは、田舎にも都会にも暮らすところがある。
かわいがってくれる人もたくさんいる。
にこは、なんてしあわせなのだろう、と。そう思い、
また来ます!と大きな声で言ってオットの実家を後にしました。
酔いながらもなんとか渋滞をぬけて、おうちに着きました。
久々の我が家!狭いけど、落ち着く我が家!
TVを観ながら食事をするわれわれを見つつも
ごはんを食べて力尽きて眠りにつくにこでした。

にこ、わたしと再開。 

2004年08月21日(土) 0時00分
ゆうべおかあさんがわたしあてに
にこの様子をFAXしてくれた。
ちょっとどきどきしながらオットの実家に向かう。
約1週間ぶりの再会となる。よいこに出来ているだろうか。
ひさびさに会ったにこは、ほんとうに落ち着きが無かった。
笑っちゃうくらいぴょんぴょんが止まらず、
全身全霊でわたしとの再会を喜んでくれているのだ、と勝手に思った。
「大興奮」という表現がぴったり。
短い散歩に連れ出すが、ぜんぜん言うことを聞かない。
こりゃあ、自由気ままに過ごしたなぁ。
あごの辺りに発疹。あとはすこぶる元気!
帰ってからお医者に行こうね。
夏休み中に来るかなあと思っていたヒートはまだだった。
散歩から帰っていっぱいなでてやった。
安心したのか、ぐうすか。

にこ、スポンジが出た。 

2004年08月20日(金) 0時00分
昨日のこと。
クッキーの缶などに入っている薄いスポンジを気に入ったようで
くわえて庭を走っていたらしい。
端っこをくわえて、めくれたスポンジが顔を覆い、
前が見えないままにこダッシュ。
どーん!と音がして、「きゃーん!」とにこの声。
お庭の柿の木に激突してしまったそうだ。
オットがスポンジを奪おうとしたら、引っ張るにこ。
噛みちぎったひとかけらを、奪われないように飲み込んだらしい。
食い意地が張っているというか、負けず嫌いというか。
・・・そのスポンジが今日無事に出たそうです。
お食事中の方、失礼!
その後、こちらではじめてのお風呂。
ご褒美のぶたみみをもらって、扇風機で乾かされる。
夜はノミの薬をつける。

にこ、ドッグランへ。 

2004年08月19日(木) 0時00分
おかあさんとオットに連れられて
ドッグランに行ったらしい。
ただ、暑さで思うように楽しめず。
日陰でのんびりしていたそうだ。
涼しくなったらまた一緒に行ってみたいと思う。
ほかに来ていた犬連れの人に写真を撮ろうと誘われたら
ちょこんと座ってカメラのほうをむいたんだって!
たいそう褒められたそうだが・・・
そんなふうに写真を撮らせてくれたことないじゃん!

にこ、あおむけでグーグー。 

2004年08月18日(水) 0時00分
この日はおかあさんがにこメモを書いておいてくれましたので
そのまま転載。
---
13:00 上を向いて寝て、足も伸ばして腹を出してのびのび。
     天気良し、風がそよそよ。
16:00 消火栓で水飲み。
     さのゑさんと暴れ廻る。
     消火栓で水をわざと顔にかぶったりする。
18:00 信代さん千恵美さんにこに会いに来てしばらく庭で遊ぶ。
     キュウリ1本食べてしまう。

にこ、どろだらけ。 

2004年08月17日(火) 0時00分
雨が降っても、庭を駆け回りたがる。
泥んこ遊びがたのしいらしい。
幼い人間の子供みたいだ。
犬も人間も、小さい子が楽しいと思うことは共通なのかな。
そういえばにこは水たまりもだいすきだ。
お盆に焚いた迎え火にも夢中だった。
いっぱい遊んで、いっぱいいろんなことを学んでください。

にこ、海を見る。 

2004年08月16日(月) 0時00分
実家の畑で取れたきゅうりをもらうにこ。
甘みがいいのかな、がじがじちょっとずつ食べる。
夜になって、海に連れて行ってもらったらしい。
といっても遠くから眺めるだけで浜辺には入れず。
生まれて初めてだろうなあ、海を見るのは。
にこの目にはどんな風に映ったのだろう。

にこ、ホームステイ。 

2004年08月15日(日) 0時00分
今週はオットの夏休みなのですが、
わたしは休みを併せることが出来ず、
単身帰宅して来週また迎えに来て一緒に帰る、という予定です。
わたしがいない間のにこのお世話は
オットとオットのおかあさんにお任せしてきました。
夜ひっそりと出発して、一人で自宅に着きました。
・・・我が家はこんなに静かだったっけ・・・?
とにかく静かな家にちょっととまどいました。
やっぱり一人はちょっとさみしかったので
小さいときのにこの写真を引っ張り出してきて
毎日ながめることにしました。

にこ、夏休み。 

2004年08月14日(土) 0時00分
オットの実家へ向かいます。
レンタカーはちょっと小さいけれど、快適です。
サービスエリアでもにこは大人気。
お水を飲む姿が非常にかわいらしいようです。
渋滞もそれほど気にならず、到着ー。
1ヶ月ぶりの田舎です。
散歩の道も覚えていて、我が物顔で歩いています。
いつも遊んでくれるおばちゃんの家の前ではちゃっかりストップするし、
お水が気持ちいい消火栓の前でもちょこんとお座り。
記憶力がいいんだなあ。
にこの夏休み、スタートです。
夜は、網戸に来る虫を飽きずにずっと観察していました。