バンデッドグラミィでカネタタキ

January 09 [Sat], 2016, 13:36
私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。長男を出産した後でしたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。



その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。



産み分けをして良かったと思っています。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。

普段の食事で得られる量では摂取量が足りません。ですのでサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売られていますので、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。



私は現在、病院で、不妊治療を受けています。


しかし、それがとてもストレスになっています。
こうまでしないと、子供ができない事が相当なストレスです。



可能であれば、全部投げ出したいぐらいです。なのに、そうできないのが、ストレスを倍増させているように考えます。葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。



お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大切な期間という訳です。

なのでお腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために栄養素の中でも、特に大事な役割を果たしているという知識が定着したようですが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、食材から所要量を全て摂ろうとすると大変なことが多いようです。
調理法を工夫して、葉酸の損失を減らせる方法を知ることも大事だと思いますし、計画的に補うためにサプリメントなどを飲むのも積極的に考えて欲しいです。妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。



具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。


なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。


サプリメントによる補給もおススメですが、胎児の安全性を考慮した上で、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することがポイントです。

妊娠する中でも、体質を変える目的で、漢方の力で妊娠しやすい体を根本からつくる治療は大変効果的です。
病院で医師に処方箋を出してもらえば漢方も保険が適用されるのでわりと安価で続けやすいのも特徴です。


この治療の効果は女性だけではなく男性不妊にも効果があると言われており、夫婦で服用するようになさってください。
次は女の子が欲しいと決心してから、あらゆる本やサイトに載っている男女産み分け法をとことん調べました。

野菜をたくさん食べると女の子を授かる、お肉をたくさん食べると男の子等々、真偽のほどはわからないのですが、可能な限りの方法を試してみました。

あれこれ試している中で新しい命を授かって、つわりでかなり辛かったときも必要な量の葉酸を摂るように努めたのが良かったのか、待望の女の子を授かりました。重要な葉酸の役割として、他の栄養素とともに血行を促進することが特に大事な役割です。
身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰や肩が痛い、凝るという局部症状の他、冷え性や不妊といった全身症状にもつながると言われるのでそういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状の改善につながるのではないでしょうか。ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで血行改善効果は相乗的に高まると言われます。


果物の摂取は、妊活中の女性にとって、望ましいものであることは、世間でも良く知られています。
でも、どうせ食べるのなら、もっと妊活の助けになるような摂り方ができたら一番良いのではないでしょうか。調べてみてわかったのですが、果物には冷え性の改善が期待できるものがあります。具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。


フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方はドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意点もあるので、それを守ってつけていくことが肝心です。



いまはアプリもあるので気軽にできますね。妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期です。
葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、理想としては、授乳が終わるまでの期間でしょう。

もしそこまで長く摂れないようであれば、少なくとも妊娠中期の終わりまでは意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。



なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう摂取に努めて欲しいと思います。

不妊の要因としては、排卵障害や着床障害といった婦人科面での要素と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性の方の要因が挙げられるでしょう。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが必要です。

妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。


吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。
妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。
葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのかすぐに分かりますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。
むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、まず運動で、体を変えてみようと思いました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温が高くなったので、冷え性も良くなったので、本当によかったです。妊娠中の女性がしっかり摂らなければならない栄養素が葉酸ですが、やみくもに多く摂れば良いというものではなく、過剰摂取すると副作用に苦しめられることがあります。食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によって様々な副作用があって場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが過ぎたるは及ばざるがごとしなのでどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、厳守しましょう。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。


妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。基礎体温はつけていたんですけど、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、二周期ほどで妊娠できました。



薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。


子供ができたときに葉酸を意識して摂取しなかった場合、お腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまうかもしれません。


葉酸は普通にごはんを食べていてもそこそこ摂ることが可能ですが、妊娠初期には特に胎児の脳や神経を形作るのに大変重要な働きを担う成分として絶対に必要なものなんですね。したがって、妊娠中にサプリでもいいので、葉酸を不足なくとることが重要なのです。

妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、無意識のうちにそれがストレスとなってストレスが自律神経に影響することもあります。
妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで起きるというのが一般的な説ですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じるものでもあるようです。葉酸は、ストレスへの耐性を高めるように作用するのでつわりの軽減も期待できるわけです。
葉酸は厚生労働省が公式に、妊娠初期に妊婦が摂取する事が願わしいとされている栄養素です。
あなたが、妊娠を希望する女性ならば妊娠前から、摂取し始める事でより役立ち胎児の先天性奇形の確率を減らすために関わります。

サプリで摂取すると毎日の栄養所要量の葉酸が摂れますのでお勧めです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nic06eo1njraba/index1_0.rdf