村瀬のみっちょん

August 28 [Sun], 2016, 13:06
投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大切なシステムに強制ロスカットというものがあります。

決済せずにどんどん増えていく含み損が決められているレベルを超えてしまったとするとFX業者による強制的な決済が行われるのです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので証拠金を追加で入金すれば強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。

FX投資を初めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、ですからどのFX業者を利用するかにより異なった金額となります。

最低保証金の具体的な例では100円という所や5万円あるいは10万円という会社も稀ではないですよね。

それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば大きな額でスタートできる10000通貨の業者もありますが、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけば大きな危険を冒さなくて済み沿うです。

タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、それに伴いFX用アプリをリリースする業者も増えつづけています。

沿ういった業者の中には、自社アプリを利用して取引を初めることを前提に、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。

インターネット上の評判を探してみたり、また実際に自分で試してみるなどしてあれこれ存分に比べ、自分なりに使いやすいアプリを探してみるといいですね。

株式投資とはちがい24時間いつでも取引をおこなえるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。

巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、日本ではおよそ21時あたりから初まりAM2時頃までつづく時間に取引が活発になり相場が動きやすいとされています。

相場が動くのは持ちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大聴く変動することがあり、これは要注意です。

相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか調べておくと良いですね。

巷で人気のFX投資を自分でも初めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、投資したい金額や自分の投資法に合っている業者をしっかり考えて選ぶべきでしょう。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、簡単に考えない方がいいです。

取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいことが使い勝手の良い業者です。

加えて、取引に実際に使うツールも機能などにちがいがあるのでどんな具合かを確かめるためにデモ取引などあれこれ知っておくといいでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミユ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ni9vmaededfi6r/index1_0.rdf