FX投資をスマホやタブレット端末で

May 09 [Mon], 2016, 1:43
FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、それに伴いFX用アプリをリリースする業者も同じ様に増えてきています。





それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使ってFX取引を行なうことを条件として、キャッシュバックがつくなどの恩恵を得られるキャンペーンを行っている所も見かけます。





口コミの意見を調べたり実際に使ってみていろいろ突き合わせて検討し、自分に合うアプリを選び出してみるのが良いでしょう。







FX投資により大金を手にした主婦もいますが、家庭崩壊させてしまうほど、大損をしている主婦も存在します。



FX投資では、レバレッジが使用できるので、儲けが大きく出ることと同じように、逆に失うものも大きくなってしまうのです。夫に隠してFX投資をしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないようによく考えてください。レバレッジを小さくして、良く考えながら、投資するのが賢明です。株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、大変重要になってくるのが損切りという手法です。

投資というのはその性質上、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。



損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりならかなり重要なキーポイントとなってきます。





被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、絶対にそれを破ったり無視したりしないようにしましょう。最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、FX投資をしている人が多くなってきました。







PCをわざわざ立ち上げてそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、場所や時間にとらわれることなくFXができるのは大変なメリットです。チャートアプリなども大変充実してきましたので、FX経験の浅い人にとってもそう敷居の高いものではなくなっています。



これ以降はさらに一層、持ち歩けるスマホやタブレットをFX投資に使う人々は間違いなく増えていくでしょう。

ひとつの方法として、FX投資の手法の中には「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。サヤ取りはというと、相関性のある二つの通貨を観察し、そのペアの値幅が開いた機会を伺って、割高な方を売却し、割安な方を購入して利潤を期待するという考え方です。

サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが慣れるまではどちらの方法もなかなか利益はでないと思われます。



とにもかくにも、システムとオーダーの出し方を知っておいてください。人気のFX投資を始めようとして、最初にどれ位の金額がかかるかというと、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、FX業者をどこにするか選択次第で異なった金額となります。

具体的な必要最低証拠金を100円としている所もあったり5千円〜5万円の所もあって割と色々です。そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったり大きな額でスタートできる10000通貨の業者もありますが、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶと大きな危険を冒さなくて済みそうです。近年では、FX業者は数多く存在しますから、業者をうちからどこを選び口座を設けるのかを丁寧に吟味してください。

口座を設けるのは想像よりも難しくありませんが、多くの業者で口座を作ると維持する手間がかかります。





新しく口座を作るとキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、あなたに似合うFX業者をチョイスしましょう。

株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。





巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりによく相場が動いて取引しやすくなります。相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大きく変動することがあり、留意しておく必要があります。





相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか知っておくのがセオリーです。

数多くあるFX業者ですが、ほぼすべての業者はそれぞれ実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、使ってみることを強くおすすめします。シミュレーションですから仮に大きな失敗をしたとしても損得は関係ありませんし、その業者でFX取引に使用するツールそのものの扱い方を学べるのは大きいです。

手持ちの大事なお金をいきなり動かしてFX取引をスタートさせるのは、特に慣れていない人には大変危ないですから、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、その割合があらかじめ定められているレベル以上になると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。



そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、それを知らせるマージンコールが発生するので証拠金を追加で入金すれば不本意な強制ロスカットを回避することもできます。強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者ごとに違うので留意してください。

もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、確定申告を忘れないようにしましょう。

確定申告にあたり、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として利益分からはマイナスしておけることになっています。

また、思ったように利益を増やせなかった時でも、手間を惜しまず確定申告を行っておくと、損失分を翌3年間は繰り越せることになっていますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。何もわからない五里霧中の状態で運に任せてFX投資を試してもそうそう利益はあげられないでしょうから、基本のチャート分析スキルは必須となります。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、それらを選んで上手に使いこなし、売り買いにベストなタイミングをうまく判断することが大事です。





その上で、チャートのパターン、分析方法などの有用なテクニックは数多くありますのでそれらもまんべんなく知識として頭に入れておきましょう。流行りのFX投資ですが、これで利益を出すことができたら当然その分税金がかかってきますので、うっかり税金を払い忘れることのないよう気を配っておくことが大事です。







大きな利益を狙いやすいFX投資で利益を上げ、それを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、税務署から税務調査されてしまって追徴課税されてしまう人も一定数おります。金額の目安は20万円以上と考えておけばいいでしょう。







それ以上の利益を出した場合には、確定申告を忘れてはいけません。投資の中でもFX投資をしているのならば、今後を決める非常に重要なものが経済指標の発表日程になるので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。







有名な経済指標の発表と同時に、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、用心するに越したことはありません。

FXアプリの中でも有ると便利なのが、経済指標発表前にうっかりしていても安心できる機能がついているものもありますし、忘れないようにアラートメールを使って教えてくれるものもありますので、使ってみるのもベターです。巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、自分が投資できる額や投資法に適した会社をじっくり選びましょう。





業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、注意深くなるべきです。

大方の業者でそうなっていますが取引手数料が無料なこと、それにスプレッドが狭くて、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者に向きます。



それから、ネット上で使う取引ツールについてもデモを使ってみたりしてあれこれ知っておくとよいでしょう。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:芽依
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ni4egr25qyckeu/index1_0.rdf