カニの調理の方法ってどうする? 

October 30 [Thu], 2014, 17:11
 敢えていうと殻はそれほど厚くなく調理しやすい点も助かるところです。

立派なワタリガニを買い取った場合は、必ず蒸すか茹でるかしてご賞味してみることをおすすめします。

すぐ売れてしまう人気の毛ガニを思う存分楽しんでみたいというなら、
即刻かにのネット通販などでお取り寄せするべきなのです。知らず知らずうめいてしまうこと間違いなしです。

花咲ガニに関してはズワイガニなどと比べても生息数は本当に少なく、そのために、
獲れる時期はなんと7月〜9月だけ、だからこそ、旬のピークが秋の一ヶ月間(9〜10月)と極端に短期間です。

希少な食べ応えのある花咲ガニを賞味するなら、根室原産、花咲ガニ、本物の味はこの産地物です。本当にすぐ在庫ゼロになるから、さっさと逃さぬようにおくようにしましょう。

北海道においては資源を保護するために、場所場所で毛ガニの捕獲期間を据えているから、
365日水揚げ領域をチェンジしながら、そのコクのあるカニを頂ける事が適います。

生存しているワタリガニを湯がこうとする場合に、急いで熱湯に投げ入れると、
脚をカニ自体が裁断してバラバラにしてしまう為、水温の低い状態から茹でるか、脚を一括りにしてボイルする方法が正解です。

ワタリガニときたら、甲羅が頑固で身が重々しいものが選考時のポイント。ボイルもおすすめだが、焼きでも蒸しでも何とも言えない。濃い味の身は心温まる鍋や味噌汁にマッチすること請け合い!

北海道の根室が水揚の多いあの花咲ガニというのは道東地域で獲れるカニで日本全国でも相当ファンがいる蟹です。味は濃厚でコクがあり、揚がってすぐ茹でられた引き締まった身は秀逸です。

九州で有名なカニはワタリガニ。身入りの脚の部分はつめだけしかない状態ですが、それと引き換えに、甲羅の内側は贅沢感で溢れています。中身全部が見事なまでの美味な部分がギューギューです。

冬と言うのはカニを頂きたくなる期間ですが、山陰地方で生息している松葉ガニに勝るとも劣らないのが、瀬戸内海沿岸の上質なワタリガニです。

本当の名前はガザミと言われ、今日では瀬戸内で大人気のカニと考えられています。

「日本海産は質が良い」、「日本海産は一味違う」という考えを描いてしまいますが、
日本人も利用しているカナダの漁場、春に流氷が起こる事があるオホーツク海、一攫千金を狙う人が行くベーリング海も、ズワイガニから見れば「生活出来る地区」となっています。

水揚量が非常に少なく、従来は全国で売買がありえなかったのが、
通販での売買の普及に伴い、全国各地で花咲ガニをほおばるチャンスが増えました。

なぜ花咲ガニが特別かと言うと、北海道の花咲半島に豊富に見られる主食となる昆布に原因があります。昆布で生育した花咲ガニならではの濃厚な味をこれでもかとその身に備えているわけです。

何もしないで食しても風味豊かな花咲ガニは、適当に切って味噌汁にするのもお試しください。
北海道に行くと、味噌汁にカニを入れたものは「鉄砲汁」と言われます。

日本で販売されるタラバガニの多方はロシア原産であり、大体アラスカ沿岸などに住んでいて、
稚内港へ入港したあとに、その場所から色々な地域に配送されて行くということ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆめこ
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる