恵美(えみ)の招待で中野坂上笹森

March 13 [Sun], 2016, 18:25
ダイエットをしているとき、つい甘いケーキなどを食べたくなることが多いですが、その時はぐっと食べたい気持ちを我慢することが大切です。食べてしまったら、あっという間に体重に現われてしまいます。もしどうしても食べたいとなればカロリーが控えめのダイエットに適したケーキを作ることにしましょう。ダイエット時のおやつは絶対にNGです。間食で食べたものが、いくらお菓子などではなくても、摂取すれば太るという事実を心に刻んでください。我慢のしすぎもいけませんが、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食べたい欲求をコントロールできるように体質改善ができるといいですね。もう20年くらい前になりますが、その頃、流行った外国製のダイエットサプリを試しにやってみたことがありました。飲んでしばしすると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず怖くなり、一瓶で飲むのを中止することにしました。体重も結局は何も変化しませんでした。ダイエットの為に朝食を抜くのは体に悪いので、欠かさず食べる方が効果的です。カロリーを気にする場合はメインの炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトなどのミネラル食品に変えるといいです。他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌の健康にも良いです。栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、きちんと食べて健康に痩せましょう。昔に比べて、肉がついてきたので、もっとスリムになりたいなぁと調べていたら、良いやり方、ダイエット法を見つけました。それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変えるヨガ・ウォーキングなどを含む運動です。有酸素ヨガ・ウォーキングなどを含む運動のききめは素晴らしくて、食事を減らすより、ずっと痩せられます。実際、数週間前から有酸素ヨガ・ウォーキングなどを含む運動に励んでいますが、順調に痩せてきて嬉しいです。そう考えても、有酸素ヨガ・ウォーキングなどを含む運動って思ったよりあるんだなと認識しました。若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているため、少し食べ過ぎてしまい体重が増えたとしてもちょっと待てば元通りになることが多いです。ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝力が減少し、エネルギーの消費量も下がるので、何の行動もしなければ太りやすい体になります。息を意識してお腹からするだけでも、私たちは痩せるそうです。体を細くするストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。肩こりにも有効なのですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は上に向けたまんまで、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。この時に息を吐くと同時に肩甲骨を縮めるイメージです。どうしても食事と食事の間にお菓子を食べてしまって、お困りの方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。自分好みの食材でスムージーをミキサーなどで混ぜ合わせて作ることもできますし、ネットやお店でスムージーを買うこともできるでしょう。おやつ代わりやご飯代わりに飲むことで、痩せる効果が上がるんです。飲み込むときにスムージーを噛むとさらに効果が出ますよ。スタイルが良くなろうと思ってもたびたびジョギングしたりウォーキングしたりするのは面倒だーという気持ちがおこりませんか。そこでわたしが、一押ししたいのが部屋の中での有酸素ヨガ・ウォーキングなどを含む運動です。ラジオ体操も効果的な有酸素ヨガ・ウォーキングなどを含む運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、確実にカロリーも消費されます。実際、ダイエット法にはいろいろとありますが、基本となるのはヨガ・ウォーキングなどを含む運動と食事だと思います。食事制限とヨガ・ウォーキングなどを含む運動を同時に行うとグッと効果的なので、毎日何かしらのトレーニングを行えば効果が出るかもしれませんね。ジムを使うのも良いですし、それがムリだという方は自身でトレーニングやジョギングといったヨガ・ウォーキングなどを含む運動をするように心がけるようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nhtatifegestw1/index1_0.rdf