鳥井と尾花

March 18 [Sun], 2018, 4:06
株の世界に入ったばかりの人はどの銘柄に投資したらいいのか判断できないので、株式雑誌で推奨されている銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで投資するといいでしょう。この経験を元に、少しずつ知っている銘柄の数を多くしていき、自分で良いと思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。株式投資には数多くの手段がありますが、その手だての一つがスキャルピングです。



株を購入してから売却するまでを、スキャルピングは、数秒から数十秒のごくごく短時間の間に済ませてしまう投資手段です。スキャルピングのメリットといえるところは、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価が値下がりするリスクを小さなものにとどめることができるという点にあります。株取引に慣れていないのなら確定申告に備えて、源泉徴収ありの特定口座を開設することをお勧めします。手間のかかる確定申告の調査や作業にかける時間を短くして、そのかわり、株式投資に関わる情報を調べ回ることに時間をかけることができるからです。株を初めたばかりの人は売り払うときを逃して後悔することがあります。


人間は皆、欲望がありますので、「もう少し高値になったら」なんて思っているうちに、株価が下がってしまいます。
確定させて利益を出さなければ利益とはならないことを忘れないようにして自分なりに株の売るタイミングを考えておくと利益が出る上手い方法が見つかるかもしれません。私は関心のある銘柄の株を取得しています。毎年一回、配当が出るのですか、その配当金だけでなく優待でその他のものがもらえるのが嬉しいです。特に好みのメーカーからもらえると、もっと頑張って欲しいと考えます。



株投資をしている会社員は会社で仕事をしている時は相場を見れないので、基本、デイトレードのようなことはできないです。


ですから、たくさんのサラリーマン投資家の人たちは決算書というものを読み込んで、割安株を探し出し、投資しているのだそうです。

私はちょっと前に株を開始したばかりの初心者で、株式投資初心者の本を購入し、読み進めています。参考になる本もあれば、「おやおや?こっちの本と書かれていることが異なるぞ?」とちょっと疑いを持つ本もありますが、良い部分も悪い部分も一切を勉強していきたいです。


株の始めて間もない人が株式投資を始める狙い目というのは、皆が株式投資に興味を失くし、株式市場が閑散とした時なのです。



このような時期だと、どの銘柄もありえないくらい安く株価が放置状態になっているので、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと感じるからです。
株式投資は非常に魅力的な投資の手段の一つです。

ですが、株の売買にはいろいろなリスクも伴います。

株の大きな危うさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。

株式投資は定期預金などとは違って、元本保証がありません。株を始めたばかりの人は、リスクを十分に理解して入念に考えて投資を行う必要があります。


株の初心者から投資資金はどれほどで始められるのかと聞かれたら、私的には最低100万円位は用意しないと、株式投資にとりかかることは難しいと考えます。
その裏付けは、この程度の資金があれば上場されている多数のジャンルの中から惚れ込んだ投資先をチョイスすることができるからです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ラン
読者になる
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる