ツクツクボウシと広瀬

April 25 [Mon], 2016, 5:43
介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。
夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士はものすごい激務に追われているのです。



男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は頷けます。
一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、絶対に夜勤が必要になる職業です。具体的な時間帯ですが、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務の夜勤は勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。応募する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。

介護士を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。



普通やることもたくさんあるのですが終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業を強いられることがままあります。


しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだってにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士はさながら女優だなと感じます。

あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間的には、好印象を持つ人が大半でしょう。

しかしながら、実際の介護士の働き方を見てみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。
たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。収入面において、介護士という仕事は、主に女性が担う一般の職に比べ、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。
介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。

誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、勤務終了でクタクタのところ更に残業をする人の給料をみると、そうでない人たちより高めになります。

多くの介護士は介護施設で働いていますが、介護施設といっても比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。


意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。
一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、その点は介護士にも同じことが言えます。大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、収入は違ったものになるでしょう。こういった事を考えても、一般的な介護士の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。

一般的に、介護士の中には愛煙家が少ない気がしますが、そのイメージ通りに介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。
介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多いと理解できます。
給料の面で見ると、介護士は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。
仮にナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。
夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。
その時、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。


ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、転職することを決めたのでした。



そこではたと困ってしまったことがあります。
情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。
皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護施設などの介護の現場で働く人々がますます必要とされる可能性があります。

それ故、既に不足している介護士なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。


毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、いまだに介護士不足が叫ばれているのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが要因となっています。今以上に自分の介護士としてのスキルを上げたいと希望するなら、一にも経験、二にも経験となります。ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というシンプルな仕事でもないため、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。



向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから働く場所を変えようとするケースもあるようです。

最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設で介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では介護士の方が上なのだそうです。
慢性的に人手が不足している介護分野では常に需要が高い傾向が見られますから、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。

同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。
正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。



どのくらいの額かといいますと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が大体の相場らしいです。

単にパートの時給としてみると良い時給なのかもしれません。

しかし、介護機関で働く専門職ですし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、つくづく安い値段ではないでしょうか。介護士として外科で働く際のプラス面とマイナス面について分かっておく必要があります。
まず、手術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、介護士に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。残念なことは、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。

仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く神経を張りつめていることが多く、こうした生活が続くと強いストレスを経験することになります。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、精神的なきつさも感じることになります。
そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である介護士を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。

介護士が活躍できる場所は、クリニックや介護施設の他にも存在します。

それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも介護士の働けるところは十分にあります。
グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、基本的に認知症の方ばかりなので、気を付けて接する必要があります。



特に介護関連に興味があるという場合は、勤務先にグループホームを選択することもいいのではないでしょうか。介護士という仕事は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、労働組合のようなものがなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、経営者サイドが適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで会社員として働くことになりました。

ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。
無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、実際に看護助手の立場で働きながら資格も取れるそうなのです。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど異性から好かれる要素の多い介護士でも、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。

介護士がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、早婚と晩婚の差が開いている事が判明しました。



結婚が遅い人に共通していることは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で婚期が遅れるようです。

少々昔の話ですが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に介護士という仕事は世間的に認知されていた節があります。
しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できることを、知らない人はあまりいないはずです。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。


介護士の給料と言えば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。つまり介護士というのは給料の高い専門職だということです。
介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。メイクをする女性の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。
すっぴんとは異なり、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。

介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接しなければいけないので、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。


職場の環境によっては、髪形への規則の厳しさが変わるということを理解しておきましょう。ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。
勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも介護士の仕事です。



急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、スタッフの数が少ない夜間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、気の休まる時間はないくらいてんやわんやと忙しいこともあったりします。


少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、実行している介護施設がほとんどのようです。介護士の個々の能力を、間違いなく評価することを可能にするため、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。

能力評価は、月々に行なう所や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。

自分の能力評価を受け続けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。

また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。


卒業後、介護士の受験資格を取得できる機関には大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。


大学の特徴を挙げると、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。対する専門学校については、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。


加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。高給取りで知られる介護士ですが、その中にも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。ですが、本業で勤めている介護施設で介護士のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。
介護士の資格のある人は法律では、医師の診療を補助する役割と定められています。


基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。そうはいっても、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、差し迫った状態になったときは、経験を積んでいる介護士に限り、それなりの介護行為も行っていいのではないかと思っています。注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。


注射されるのが好き、なんていうタイプは稀なタイプだと思いますが、注射されるなら上手な介護士に注射してもらいたいですよね。
とは言うものの、介護士の技術によっては注射が得意な人と不得意な人がいますから、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。この辺りは運としか言いようがありませんね。
介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら介護施設によりますが、2交代制か3交代制で誰もが夜勤を経験します。夜勤においては医師や介護士など、人の数がかなり減り、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。



そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。



ほんの少し前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、ここ最近になって徐々に男性介護士も増加しています。



実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性介護士の存在は有難がられることも多いです。年収については、女性の場合と一緒ですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haru
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nhkedhitusxcrq/index1_0.rdf