海外でNURSEとして役に立ちたいと

February 19 [Fri], 2016, 22:49
海外でNURSEとして役に立ちたいと思案している看護師の方もいるでしょう。海外からも日本の医療をもとめる声が大きくなっていますから、笑顔で患者を支えることの出来るナースは、多くの国でもとめられている職業です。



当たり前の事ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。

海外でナースとして活躍したいのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。

妊娠している可能性のあるNURSEには、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。



エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、油断は禁物です。もう一つ、薬のことも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、気をつけないといけません。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。
ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。

看護師の勤務状態は、異業種と比較して結構特殊であり、その上に職場によっても変わります。

仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。

2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。ナースは、他業種とくらべても給金は良い方ですが、それでも、更なる収入をもとめて、副業に精を出す人もいます。一般的なほかの職業とは違って、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が捜すとたくさん出てきますから、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ただ、本業の医療機関において休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、そもそもナースの仕事そのものが結構きついものですので、体に無理を指せてまで副業をするのは、決してオススメ致しません。
引く手たくさんの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。

トラバーユに際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接という流れになるのがふつうです。その場で、これまでの経歴や志望の理由について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。
しかし、そういった話の内容のほかに、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところもテストされていると思ってください。


技能や知識のみならず、人としての良い面を相手側に知ってもらうことも大切なことなのです。よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場をもとめる訳としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、不満を転職理由にしてしまったら、不本意な評価をされかねません。
それがいくら事実であろうと真意は胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)の内だけでよいので、ポジティブな印象を与える応募動機を述べるようにして下さい。


看護のスペシャリストであり、いろいろな役割を期待される看護師は慢性的に人手不足のところが多く、常にもとめられています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それは結構容易なはずで、その際に気を付けてさえいれば、要望通りの職場が見つけ出せる可能性があるでしょう。近頃ではネット上にトラバーユや求人を看護師に特化したサイトが結構の数があるでしょう。なので、活用しつつ、優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナタ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nhistamlecteab/index1_0.rdf