田中豊雪が尾山

August 14 [Mon], 2017, 15:58
内臓脂肪の多い肥満と診断された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2個以上に相当する健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と言っています。
メタボリック症候群とは断言されていなかったとしても、内臓脂肪が多めに溜まりやすい性質の悪質な肥満を持っていることにより、数多くの生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
お薬、アルコール、化学的な食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒と称し、肝臓が果たしている最も重要な任務の一つなのです。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭くなってしまって、血液の流れが途切れ、酸素や色々な栄養を心筋に送ることができず、筋肉細胞そのものが壊死するという怖い病気です。
不快な耳鳴りには本人だけに感じられると言われている「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人と他の人にも性能の良いマイクロホンを使用すると聞こえてくるらしい「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許切れの後に購入できる、新薬とまったく同一の成分で自己負担分の小さい(価格が少額の)後発医薬品です。
ライブの開催場所やクラブなどに設けられたものすごく大きなスピーカーの正面で爆音を浴びて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
既に永久歯の表面を覆っている骨を浸食するほど症状の進んでしまった歯周病は、万が一病状そのものが落ち着いたとしても、エナメル質が元の量に復活するようなことはないと言われているのが現状です。
ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別することができますが、この中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどが感染し、発赤等の炎症が発生したり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼びます。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢、臀部などの部位に感染し、寄生する病気で水虫のことなのです。
汗疱状湿疹(汗疱)とは手の平や足の裏、指と指の隙間などにちっちゃな水疱がみられる皮膚病で、通常はあせもと言い、足の裏に出てくると水虫と間違われることもあります。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究によって、注射の予防効果を見込めるのは、接種の約2週後から約150日ぐらいということが分かっています。
下腹の疼痛を主訴とした代表的な疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵管の病気などがよくみられるでしょう。
真正細菌の一種である結核菌は、人間が「咳」をすることによって室内や外気に飛び散り、空気中にふわふわ動いているのを違う人が呼吸しながら吸い込むことで拡がっていきます。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術」の双方の術式が精力的に用いられています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:哲平
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nhirhnfigsotpi/index1_0.rdf