久保だけどシマアジ

May 01 [Sun], 2016, 9:29
土地を売却しなければならなくなったので、まずはGoogleで検索して、しっかりと知識を得ておこうと考えました。一番最初に知っておく必要あるのは、不動産はどのくらいの価格で売れるか、不動産屋さんはどこが良いのか、これら2つが必須と言えます。相場を事前にある程度把握していませんといくらのお金が入ってくるか分かりませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんと不動産を処分することができません。
不動産の売却価格を知る方法として、REINSを使う方法があります。REINSを利用するのにお金はかかりません。REINSでは土地だけでなくマンションの価格も把握することができますので、処分したい不動産がだいたいいくらになるのかおおよそ知ることができます。不動産屋さんに出向く前に価格を知ることができれば、お客としてちゃんと対応してもらえなくて安い価格を提示される危険性をおさえることができます。
不動産を売るにあたっては、思いのほか、様々な経費がかかります。経費はたくさんかかるということを知っておくほうが良いです。一番誰でも分かる経費は不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。これは、売買代金の約3%に加え、64800円もの金額が必要なので、4000万円の物件ならおよそ130万円もかかります。これだけでなく、譲渡所得税や印紙代などがかかりますし、自宅を売却するなら引っ越し費用も必要です。仮に4000万円で不動産が売却できても、全額を収入としてアテにしてはいけないわけです。
土地を換金処分しなければいけない理由の1つに、相続をあげることができます。相続だと権利関係が複雑な場合があります。遺産の分割協議によって分割内容が決まった結果、1つしかない不動産を複数人で相続するような場合、換金してからそれを複数の相続人で分けることもあります。相続税は基本、現金で納めますが、現金での納付が困難な場合は物で納める物納もできますが、できるだけ物納は避け、現金で納めたいところです。
土地活用の様々な手法の1つとして、駐車場経営は人気のある方法です。少額の投資でうまくいけばそれなりの収益が確保できるからでしょう。駐車場経営をする時、月極で貸す方法もあればライバルの状況に応じて判断すれば良いでしょう。オーナーは一番が採算性なのは当たり前ですが、お客さんの立場でよく考えないと、儲けることは難しくなってしまいます。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。短くて3ヶ月、だいたい6ヶ月くらいの期間がかかるのが普通です。売り主がなるべく早く売ろうとしていることを買い手に伝わってしまうと、納得できない価格で契約することになり、納得できない取引になるかもしれません。住み替えのために住宅を売るなら、次に住む家の購入諸経費全額を住宅ローンの残りと一緒に丸々払えるのが良いので、よく考えて納得のできる契約をしましょう。
家を売る場合は買い手が直接、自宅を見に来るわけですが、その時の注意点について解説します。なるべく物件を高額で売りたいなら実践すべき内容です。家の売却に限ったことではありませんが、第一印象を良くすることがとても大事です。訪問者にとって、最初に気付く玄関や門構えなどの入口付近を重点的に掃除しておいてください。また、部屋はできるだけ掃除しておいて、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくとあなたが大事に使っていたことが伝わり、積極的に購入を検討するようです。
不動産を売却すると税金を取られますが、とても金額が高いですよね。1回の取引で税金を100万円以上も払うなんてバカバカしく感じてしまいます。家や土地を売って出た差額としての利潤は専門的には「譲渡所得」と言いまして、これに対して、所得税と住民税がそれぞれかかってきます。また、土地は所有期間が短いと、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、高い税率が適用され、短期の時よりも高額な税額になるのです。所有期間によって、倍くらいの差がでてしまいます。
土地の価格は一物四価と言って、モノは一つなのに、4種類もの価格があるそうです。それぞれ計算方法が違いますので、ややこしいです。これらを2つに分けるなら、税金を計算するために必要なものと、実際の土地取引の目安として使われるものとに分類されます。税金を計算するものは、相続税や固定資産税のためで、これらは公示価格の7、8割程度になるようです。時価や公示価格は取引をするための指標にするものですが、最終的な価格は、時価や公示価格とは違うのが当たり前です。実務をしている不動産屋さんは実際の相場を知っていますので、お役所が出した古いデータをそのまま使うことはないのです。
マイホームを買うことは、特に生涯所得がそれほど高くない庶民にとっては一生に一度の大イベントです。そのため、知識不足で買いに走ると買ってから致命的なミスに気付く危険があります。頭金をどのくらい用意するか、不動産屋さんに支払う費用はどのくらいか把握することも必要ですが、実際に住む予定となる土地を、自分の足で確認することが一番大事なことではないかと言うのが、私の経験で言えることです。有名な土地だと、ついついイメージが先行しがちです。三軒茶屋など、若者に人気の街なんていうのがありますよね。印象はよくても、食料品を買うのは不便だったということもあります。ですから、気に入った物件には昼も夜も実際に行って確認するのが大事なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直輝
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nham9ualyo5pgh/index1_0.rdf