杉山洋介だけどコアリクイ

February 12 [Fri], 2016, 12:40
看護師になるための資格である国家試験は、年に1度行われます。看護師が足りないことが問題視されている我が国にとっては喜ばしいことに最近の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルをキープしています。


看護師の国家試験は、大学入試のような落とす目的の試験ではなく、決められたラインをクリアできれば合格することができる試験です。高齢化が顕著になり、養護施設でも看護師の需要は年々増えてきています。
それに、会社の規模が大きめになると医務室などにも看護師が待機していて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面のサポートをやっています。


このようなケースでは、その会社の社員として所属することも選択肢として浮かびます。

看護師の方々が活躍する場と言われるとイメージとして病院がまず思い浮かべられるのが世間では普通でしょう。
しかし、看護師の資格を最大限に活躍できる場は、病院を除いても多数存在しているのです。


保健所で保健師と協力し、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師のお仕事の一つでしょう。また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、医療行為の多くは看護師が行っています。

辞職したいと考えている看護師は、現実には、かなりの数になっているといえます。その一番の理由としては、きつい仕事で病気になってしまったり、給料のことで不満を抱えていたり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に悩んでしまったりという事が大半です。結婚と同時に転職を考える看護師もかなり多いです。


パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。
いずれ育児をする気であれば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしておくと生活に余裕ができますね。イライラが多くなりがちだと子どもができづらくなってしまうので、気を付けるようにしましょう。
意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。
慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。

例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。

もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。看護師を志したのは中学の時の職場体験で、私は介護施設へ訪問しました。

その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのがきっかけとなりました。将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと思って高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。


楽しいことばかりではありませんが、看護師になってよかったです。


看護師は医療ミスとは無関係だと思っている方がいると思われます。

たまにお医者さんの手術の医療ミスが話題にあがっていますしね。
ですが、注射とか点滴を打ち間違ったり、一番悪い場合、訴訟される場合もあるのが看護師です。外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。

手術を受ける前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、スキルアップに繋がります。マイナス面としては、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。看護師は医師からの指示により医療行為をする事が多いのですが、容易な医療行為ならば、医師の指示を受けなくても可能なのです。

なので、老人ホームを始めとする福祉施設に看護師がいる時は、とても心強いと考えられます。


私の叔母が、離婚をしてふるさとに戻ってくることになりました。

久方ぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「私は看護師資格を持っているから、仕事には困らない。
ダメ夫に面倒見てもらわなくても十分生活できるわ」と吹っ切れたように笑っていました。
看護師の仕事を選択する、外せない理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。


新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。ただ、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、研鑽に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。病院の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が激務をこなしているのが実情です。男性看護師の割合も増加しているのですが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。

ナースの仕事で大変な事の一つに夜間労働があるという事があります。

病院などの機関では、夜中でも患者さんの病状が急変する事も起こりやすいです。
それに備えるために看護師には夜間勤務が存在するのです。
しかし、看護師にとって、夜間業務というのは体調をおかしくしやすいですし、負担が多分にあります。ほんの少し前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、ここ数年の間にだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。



日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。

お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。
法律において、看護師というものは医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。
医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、患者さんの状態によって、一刻一秒を争うような事態になった時には、看護師の経験や知識にもよりますが、一部の医療行為を認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、不利な条件で働いていた等々、否定的な事由だったりすると、不本意な評価をされかねません。
たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気付いたことは、看護師はどうやら喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。

タバコが有害という認識が広まったこともあって、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら決して可愛くも上品でも天使でもありません。


あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。トップに位置するのは、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総看護師長がトップにあたります。実際に階級を上げるためには、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周囲の信頼を得ることが重要でしょう。もちろん、階級が上がればその分、収入も増えます。
他の病院に看護師が転職したいとすると、何をすればいいいでしょう。
看護師に限定されることではないかもしれませんが、転職を決めるには、色んな原因が存在するでしょう。家庭の事情に伴った勤務条件の変更、待遇や人間関係についての不平不満、それぞれ頭を抱えてしまうことがあることと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春斗
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ngves1agia0n2r/index1_0.rdf