椎間板ヘルニアによる腰痛を解消します

July 13 [Tue], 2010, 0:57
腰椎椎間板ヘルニアの原因はこのようにして起こる
椎間板ヘルニアが起こる原因として、腰椎にかかる「縦のストレス」と「反るストレス」があります。

「縦のストレス」とは、現代人の生活環境に大きく関わっていますが、長時間不自然な姿勢でいたり、座りっぱなしだったりすると自分の体重を腰椎で支え続け、大きなストレスがかかります。

「反るストレス」とは、前かがみで重い物を持ち上げたり、激しいスポーツをして腰をひねったり、などといったことがきっかけでヘルニアになることが多いのです。
それによって、椎間板の中にある髄核という少し水分を含む物質ですが、それが圧迫されて飛び出し神経を刺激します。

そこには坐骨神経があります。その坐骨神経に圧迫が加わって腰が痛い、足が痺れるといった症状が表れます。

坐骨神経とは、「第四腰椎」と「第五腰椎」の間にある神経と、「第五腰椎」と「第一仙椎」の間にある神経をいいます。

椎間板ヘルニアが起こる原因を、あんこ餅を使って説明していきたいと思います。
出来立てのあんこ餅を手の平に乗せて上から「ギュッ〜」と力を入れて押さえると、皮の薄いところからあんこが出てきます。
椎間板ヘルニアもこれと同じ原理でおこります。
簡単に言えば、椎間板に圧力が加わって、中の髄核が飛び出したのが「椎間板ヘルニア」なんです。

手術をしても再発してしまう人が多い理由
椎間板ヘルニアは再発します。実際私の知合いでも、何度も再発している方が数名います。では、何故手術をしても再発してしまう方があまりにも多いのか?その原因について考えてみましょう。

医者からしてみたら飛び出した椎間板を手術切除して、神経の圧迫を取り除いてあげれば痛みは取れるというのが医者の見解です。
しかし、ここで一つの疑問が出てきます。何故、手術をしたのにも関わらず再発してしまう人があまりに多いのかという疑問です。
これも簡単な原理で、答えは最初から分かっています。

先程、あんこ餅を例に椎間板ヘルニアが起こる原因を説明しましたが、その圧迫をしている、あんこ(椎間板)を切除したからといって、縦のストレスで潰されたあんこ餅は潰れたままです。一時的に神経を圧迫していた椎間板を切除しますから、確かに痺れなどは取れます。ですが、潰れてしまっている椎間板はそのままです。
圧迫している椎間板を取ったところで、潰れたままの椎間板はそのままですから、手術をしても再発してしまうのです。
その潰された椎間板をなんとかしない限り、いつかは痛みが再発してしまう簡単な原理なんです。

では、どうすれば椎間板ヘルニアの痛みから解放されるのでしょうか?
こんな方法が有ります。

自宅で出来て1日たった15分で腰痛解消
30年で50万人の人達を痛みから救ってきた腰痛治療法。
治る見込みがないと医師にさじを投げられた1000人以上の
「坐骨神経痛」、「脊柱管狭窄症」、「分離症・すべり症」、「椎間板ヘルニア」、
など、様々な患者の腰痛さえ治すことができた腰痛治療法をお伝えします。
こちらをクリックして下さい。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=165251&iid=27364
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ngsyt
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる