チゴモズでライディーン

August 31 [Wed], 2016, 23:10
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとにずいぶん違っています。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。
インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mariko
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる