無題 

November 30 [Wed], 2011, 21:11
11月27日、母が亡くなりました。
胃癌で約3ヶ月の闘病生活の末、あまりにも早すぎる死でした。
本人は、早く良くなって退院することをずっと目標にして頑張っていました。

我慢していたってわけじゃないけど、あまり涙は流さないでいたので・・・
葬儀の時は、冷たい母の頬を撫でながら、思い切り泣きました。
私の手であっためてあげたくて。
あったかくならないのが悔しくて。
お別れするのが悲しくて、お母さんお母さんと泣きました。

私はダンナ様や子ども達やお義母さんやお義父さんの協力のおかげで、
母が入院してから、2週に1回くらいの頻度で1人で帰省をさせてもらっていました。
11月23日からは、ずっと実家に帰らせてもらっていました。
なので、母の最期にも立ち会うことができて、本当にありがたく思っています。

荒い呼吸で苦しんでいても、頑張って生きようとしている母の姿をずっと見ていたので、
やっとゆっくり休ませてあげることができて、悲しいけれど嬉しいです。
心から、お疲れ様とありがとうを言いました。
これからは、遠いところから、里秀を抱っこしながら見ていてくれてると思います。
母が生きられなかった今日を、しっかり生きていこうと思います。

ご心配頂いた皆様、どうもありがとうございました。
そして協力してくれた家族に感謝します。どうもありがとうございました。

とりあえずの近況 

September 09 [Fri], 2011, 11:56
日々の生活を何となく過ごし、
ダンナ様に「ダラダラしてる」と叱られ続けながら、
それに反抗し、口ごたえし、言うことを聞かなかった自分。
言われたことは全部図星なのに、認めたくなくて言い訳ばかりしていた自分。

そんな中で不意の出来事が起きて、
悩んで迷った挙句にようやく結果を出して、
それでもその結果で良かったのだろうかと、後悔は無いけど考え続けている。

自分で招いた結果と結末に、恥じないように生きたい。生きよう。
これ以上周りの人を惑わせないように行動しよう。
そう決意して、この日記を書くことにしました。

本当に色々あって、
どうしようもない自分っていうのを再確認して、
自己嫌悪して、泣いて縋って反省して、
そんなことをしてまで変わらない自分が本当に恥ずかしいけれど。
けれど、これ以上嫌われたくないから。
嫌いになりたくないから。

私が両親を尊敬しているみたいに、
娘と息子に尊敬されるように、頑張ります。

どれくらいの人が、こんな放置しっぱなしの日記を読んでくれているのかわからないけど、
意味わかんない内容でごめんなさい。


7日は娘の4歳の誕生日でした。
みんなでお祝いできて良かったです。
あんなに小さかった子が、今じゃあナマイキな口を聞いたりして、
でも毎日元気で、私たち家族に幸せをくれます。
生まれてきてくれて、本当にありがとう。大好きな娘へ。

近況報告 

April 20 [Wed], 2011, 10:55
ご無沙汰しております。
東日本大震災、そして長野県北部地震から40日ほど過ぎました。
まったく音沙汰なしで申し訳ありませんでした。

私たちは現在、長野県北部地震の震源地である栄村の隣の市、飯山市というところに住宅を用意して頂き、3月末から家族4人揃って生活を始めました。
栄村からは車で40分ほどかかります。
娘の保育園は変えず、朝は栄村に出勤するダンナ様の車で登園し、帰りは私が息子と一緒に迎えに行っています。
どうなることかと思いましたが、まあ何とかやっています。

たくさんの皆様にたくさんのお気遣いを頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございます。
何もお返しできることがなくて申し訳ありません。

生きていることに感謝。
そして、出来る対策はしておこう。
何が自分にできるか考えよう。
・・・と、思っています。

栄村の被害 

March 16 [Wed], 2011, 10:37
栄村の被害の様子です。

http://tunan-marugoto.seesaa.net/article/190414597.html


今日は雪で、避難所の皆さんが心配です。

長野県北部地震 

March 15 [Tue], 2011, 22:06
3月12日午前3時59分、長野県下水内郡栄村で震度6強の地震。
まさしく、私達家族が住んでいるその村で発生した地震です。

部屋の中は家具も、家電も、押入れの中の物もすべてが床に散乱しました。
襖も、サッシも、部屋の隅にある大きな電気温水器のタンクでさえも。
一瞬見た、壁に入った大きなひび割れをハッキリと覚えています。
子ども達を抱きかかえ、壁や天井が落ちて鉄骨の骨組みが見えている住宅の階段に脅えながら、
まだまだ雪の残る屋外へ避難。
屋根が落ちて、潰されるかもしれないという恐怖。
寒さが厳しい中、繰り返される余震。
車の中で、子ども達に「大丈夫だよ」と話しかけながら、夜が明けるまで待っていました。
本当に怖かった。怖かった。ただただ怖かった。
言えるのはそれだけです。

幸い家族全員、ケガなく無事でした。
同じ住宅に住むみんなも無事でした。
みんなで助け合いました。同じ毛布にくるまり、声を掛け合いました。
夜が明けてから、避難所である村役場に行きました。
その後、ダンナ様は村に残り、子ども×2と私はダンナ様の実家(松本市)に行きました。
小さい子を連れているということで、避難所では村の皆さんにとても親切にして頂き、本当にありがたかったです。

住宅は、「危険」を示す赤い紙が張られました。もう住めません。
でもとにかく命は助かりました。それだけでも幸いです。
本当にものすごい揺れでした。
みんなケガなかったのが奇跡だと思います。村内で犠牲者がいなかったのも奇跡だと思います。

私と子ども達は実家で良くしてもらっていますが、ダンナ様は余震が続く中ずっと大変で、ずーっと苦労しっぱなしでも頑張ってくれています。
ダンナ様のために、他の被災者のために、東北関東の地震と同様に栄村の地震も早く収まるように、皆さんも祈って下さい。お願いします。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございます。
心から感謝致します。
33歳の誕生日に  なごみより

 

January 05 [Wed], 2011, 15:59
イトーヨーカドーでやっていた、缶コーヒーの詰め放題。

売り場の見本は、袋に缶を縦に入れて4本×三段=12本。

普通の人やったら、まあそんなもんやろ。

そやけどなぁ、
そんなもんで満足させたろと思たら甘いで!



5本×三段=15本!

そしてさらに!

最上段の真ん中に1本ねじ込んで、全部で16本じゃい!!


横にいたダンナ様は、ラスト1本の段階でこうつぶやいた。


「この人、鬼や…。」

ひそカニ 

December 31 [Fri], 2010, 0:21
夕食はカニでした。

ガツンと食べ応えがありました!


よいお年を。

発見 

November 16 [Tue], 2010, 16:22
ムスメのおヘソに顔が!!



保育園の先生のイタズラでした(笑)。

箱入り息子 

October 29 [Fri], 2010, 21:53

すっぽりと収まりました。

たぶん初冠雪 

October 27 [Wed], 2010, 8:19
うちの玄関から見える山と、
うちから車で5分のスキー場の斜面。


雪 積もってますがな。


今日はほんまにさぶいわ〜。


yaplog!PR
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像るん
» とりあえずの近況 (2011年09月12日)
アイコン画像チェシャ
» 発見 (2010年11月16日)
アイコン画像モモ
» お祈り? (2010年09月16日)
アイコン画像なごみ
» 行くぞ!北海道!!の続き (2008年11月20日)
アイコン画像るん
» 行くぞ!北海道!!の続き (2008年11月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ngm
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月15日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・マンガ
    ・温泉
読者になる
関西出身の主婦です。
関西に住んでなくても、関西人の魂は忘れたくないと思っています。
でも現在住んでいるところも、とてもいいところで大好きです。
ツッコミ体質です。
温泉大好きです。
本やマンガを読むのが異常に速いです。

大好きなダンナ様と、生後二日で天使になった長女と、お姉ちゃんにそっくりな次女と、いつもニコニコ長男と一緒に暮らしています。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/ngm/index1_0.rdf