帯の所持率を調査したところ、中学1年生は2008

November 10 [Mon], 2014, 12:26
9日午後2時55分ごろ、相模原市南区南台5の路上を1人で歩いていた近所の女性(29)が、前から来た男にいきなりナイフで胸や首などを切りつけられた女性は重傷男は徒歩で逃走したが、10日未明、神奈川県警相模原南署に殺人未遂容疑で逮捕された

 同署によると、男は近くに住む無職、武田篤容疑者(51)逮捕容疑は、女性の首などを複数回、刃物で刺して殺害しようとしたとしている消防によると女性の体には7カ所の傷があったという

 事件直後に現場近くのコンビニ店で武田容疑者とみられる男がナイフを持ったまま飲料水を買う姿が防犯カメラに映っていた武田容疑者は「やっていない」と容疑を否認しているという凶器は見つかっていない

 同署によると、武田容疑者は女性宅の近所に住んでいるが、女性と面識はなかった武田容疑者は日ごろから一人で騒ぐことがあったといい、事件の経緯を慎重に調べる

 現場は小田急相模原駅の北西約500メートルの住宅街【高橋和夫、大場弘行】

【関連記事】サイバーリテラシー・プリンシプル(11)は「中学生以下の夜9時以降のスマホは禁止」であるこれは以前提唱したことがある「サイバー元服」(http://www.cyber-literacy.com/blog/archives/2008/03/20083.html)の延長上にある提言(小中学生のケータイ利用を時間的、あるいは場所的に制限する)をより具体化したものだが、このところ全国の教育現場や地方自治体で、同趣旨の取り組みが精力的に進められている

 2014年8月末に文部科学省が発表した「全国学力・学習状況調査」に携帯電話やスマートフォン(以下、スマホ)の使用時間と成績に関する興味深い結果が出ている(http://www.nier.go.jp/14chousakekkahoukoku/summaryb.pdf)

 それによれば、月〜金曜日の間、携帯やスマホで通話、メール、インターネット(ゲームを除く)を4時間以上行う中学生は約11%、30分未満は約16%いたが、数学Aの平均正答率を見ると、4時間以上の生徒が55.7%に対して、30分未満の生徒は72.7%だった国語Aでも、前者が73.5%、後者が82%おしなべて、使用時間が長い生徒ほど成績が低いことがわかったもちろん、学校の成績だけで人間の能力は測れないが、親としては気になる数字である

 全国で携帯・スマホの使用時間や所持に制限をかける動きが進んでいる

 先鞭をつけたのが石川県で、「いしかわ子ども総合条例」を改正、小中学生に携帯電話を持たせないとする全国初の条例を2010年1月から施行、あわせてフィルタリングの徹底も盛り込んだ(同県教育委員会が施行前後で携帯の所持率を調査したところ、中学1年生は2008年で16.2%、2012年には14.0%と下がったが、高校1年生は96.2%から97.2%と逆に増えている)

 2014年に入って、規制の動きは加速、1月には鳥取県米子市小中PTA連合会が「ケータイ・スマホ等に関する緊急アピール」を発表、「小中学生にはケータイ・スマホを持たせない」よう保護者に呼びかけた

 同署によると、男は近くに住む無職、武田篤容疑者(51)アイフォン6 シャネル

 同署によると、男は近くに住む無職、武田篤容疑者(51)6ケースシャネル

 同署によると、男は近くに住む無職、武田篤容疑者(51)ルイヴィトンiPhone6ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ngfhtf/index1_0.rdf