ミトちゃんと深津

March 07 [Mon], 2016, 14:52
なんといっても、看護師の業務はとても大切で、どんな病院とか医療施設でも絶対に必要な大切な担務を背負っているといえます。とても責任の重い重要な仕事であると同時に、夜勤といった変則的な勤務形態で寝る時間の少ない看護師もいるのです。

看護師を務めるためにも健康の管理を行うことも必要な仕事だといえます。
皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女性が大部分を占めているため、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。



それから、勤務時間がばらばらであることや、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。

看護師の求人はたくさんありますが、求める条件に合う求人がいつもあるとは限りません。看護師資格を所持している方でとにかく就職さえできれば良いと思っている方は少ないでしょう。



職場環境がよく給料も高く、夜勤のない職場で仕事がしたいと考えている方が多いものです。お望みしているところに転職するには、情報を集めることが必要になってきます。


学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、100パーセント希望通りにしてくれるところもある一方、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。
配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、導き出された結果としての配属であるはずです。

もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。

近年は人手不足や若者が減ったことによる病院に来る人が増えた影響で、以前に比べて、看護師の負担が大きいのです。
負担を減らすために、人手が不足している病院に余裕がある違う病院のナースを派遣してもらい、負担を減らしたり、患者さんへの早急な対処をしています。看護師が転職を考えると、公共職業安定所や民間の求人情報誌などを利用して仕事を得ようとするのがありふれた光景だと思います。
ですが、注意が必要なのはこういった媒体に求人を出す病院というのは多くはないのです。公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける病院は給与面などの条件、職場環境に問題があり、人を集めるのが困難な病院が多いのです。


看護師の仕事は一般の人々の間では厳しい仕事だと認識されています。というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、慢性的に人手が足りない状況により就業時間が長引いてしまう傾向にあることが原因です。



長い勤務時間に加えて、月に何度か組み入れられる夜間の勤務があるため、常日頃から疲労とストレスを抱えている看護師が多く存在するでしょう。

職場に勤めている看護師は、数万人いますが、それとは対極的に、資格を取っていながらも、勤務していない人が五十万人以上存在すると言われています。

全国で四万人もの看護師が足りないと考えられているので、ほんの少しの人でも就職できるようになれば、この問題が少しは解消できると思います。

修学旅行やツアーなどに出席し、怪我や病気の応急対応をしたり、病院を探す看護師もいます。



子育てしながら働いている人は土日の待遇が優遇されていたり、日勤のみの職場を追求しているものです。



病院以外の場所で務めるには、その場にふさわしい専門の知識をマスターしている認定看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。看護師の資格と一くくりに言われますが、その免許には、看護師と准看護師の二種類が国家資格として存在しています。

一般的には、准看護師資格を持つ人は、キャリアに磨きをかけるために、看護師資格の取得を目標に掲げます。准の字が付くか付かないかで、専門知識の差のみならず、待遇面でもかなり差が出ます。

ナースの仕事の内容は入院患者の治療だけでなく入院患者の身辺的なサポートもしています。ですから、医療機関の中で看護師ほど、やることの多い人は考えられません。


なので、これら看護師さんの労働状況に応じた待遇にしてあげてほしいですね。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。

その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、その他報告しておくべきいくつかの事項を次に勤務を始める看護師に口頭で話します。
患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すことが大事です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも求められます。

看護師になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。まず、大学はどういったところかというと、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。対する専門学校については、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。


加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。
日本の看護師の一年間の収入は平均すると約437万円です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として仕事に携わっているため、平均年収は593万円ほどになります。公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院より上で、福利厚生も整っています。
準看護師のケースだと、看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。

仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、これが続くとどうしても常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。



ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいならかなり重視するべき点ではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日葵
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nfqoaeljyerlve/index1_0.rdf