には本人も大げさには喜べない「長

August 04 [Mon], 2014, 10:49
ました」
スポニチアネックス 8月2日(土)17時48分配信
輝き取り戻した涌井 初回の糸井併殺で「乗れました」
<オ・ロ>今季4勝目を飾り、ファンの声援に応えるロッテ・涌井
 ◇パ・リーグ ロッテ7―2オリックス(2014年8月2日 京セラD)

 12球団で唯一防御率1点台を誇るオリックス・金子千尋との投げ合いでロッテ・涌井が輝きを取り戻した

 1点の先制点をもらった初回「金子さんが相手だったので1点勝負になると思っていたとにかく低めを意識した」という涌井は慎重になりすぎたのか、2四球で1死一、二塁のピンチを招くだが、リーグ打率トップの糸井を二ゴロ併殺に仕留めて立ち直った

 「立ち上がりは、どうなることかと思ったけど、糸井さんをゲッツーにとれて乗れました」2回以降は緩急、コーナーを使い分ける巧みな投球でオリックス打線を0に封じた2点リードの7回1死か
G内海、七回途中負傷降板も2カ月ぶり2勝目「長かった…」
斎藤雅樹コーチと2勝目を喜ぶ巨人・内海哲也(左)=東京ドーム(撮影・西岡 正)
 「巨人3‐1広島」(2日、東京ド)

 巨人は先発・内海が七回の投球練習中に左太もも裏に違和感を覚えて降板したが、6回7安打1失点で今季2勝目(6敗)を挙げた

 5月29日の楽天戦以来となる2カ月ぶりの2勝目内海はウイニングボールをポケットに大事にしまったお立ち台に上がり、気になる足の状態については「つりました(降板した)あの時は大丈夫じゃなかったですけど、今は大丈夫です」と話した

 エース格として、故障を挟みながらの2勝目には本人も大げさには喜べない「長かった長いばっかりです、今年は2桁(勝利)をあきらめてないので、8月、9月は全部勝ってチームに貢献したいと思います」と誓った

【関連記事】
原監督は大荒れ…会見で帽子たたきつけ「総括なんてできないねえ!」、チームの連敗も止めた涌井「これからも勝ち続けられるように」と表情を引き締めたとにかく低めを意識した」という涌井は慎重になりすぎたのか、2四球で1死一、二塁のピンチを招くアイフォン5 カバーとにかく低めを意識した」という涌井は慎重になりすぎたのか、2四球で1死一、二塁のピンチを招くiPhone 5sケース とにかく低めを意識した」という涌井は慎重になりすぎたのか、2四球で1死一、二塁のピンチを招くgaga 時計
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nfghrdty/index1_0.rdf