http://www.siteosphere.com/

January 20 [Fri], 2017, 18:48
いまや、この方法で少年から社会人まで
打率が大幅にアップしたスラッガーが続々と誕生している
実習に対しての思いががらっと変わった!
それは、大塚明かり二ちゃん、垣内哲也ちゃん。両氏の技術を通じて。

野球は小学生4年から熱演していますが、
仮に練習しても克服できない
苦痛がありました。
それは、スイング時に右肩が
なんとなく内部に入って仕舞うことです。
これが強打者になれない関連といった行渡りながらも
どういう実習をすればいいのか
すっかり分かりませんでした。
ただしこの方法で練習してみてがらっと実習に対しての思いが変わりました。
バッティングに関する苦痛が一部始終克服することができました。
何しろ大塚明かり二ちゃん、垣内哲也ちゃん両氏の元名工野球選手の実習は系を得ているんだなあ思いました 。
「軟式野球で通年2〜3教科書しかホームランを打つことができなかったぼくですが、
今年は10〜15教科書、またはそのダブルの30教科書も要求ではないと思います。」
本当にありがとうございました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる