錦織圭選手、全米オープンで絶好調

September 05 [Fri], 2014, 21:11
錦織圭選手が、日本の男子プロテニス選手としては96年ぶり快挙。全米オープンの準々決勝に勝ってベスト4進出です。

破った対戦相手スタニスラス・ワウリンカ(スイス)は、今年1月、四大大会の1つ全豪オープンを制覇した強豪。今大会の第3シードで、世界ランク4位でした。
4時間超のフルセットにわたる激闘に、現地のメディアは、錦織選手の無尽蔵のスタミナとタフネスを賞賛していました。

準決勝の対戦相手は最強の敵。今大会の第1シードで世界ランク1位のジョコビッチ。今年のウィンブルドンで優秀しており、全米オープンでも危なげなく勝ち進んでいるようです。
錦織選手は2011年スイス室内でジョコビッチに1勝しているけれど、当時のジョコビッチは肩の故障を抱えていたそうです。がんばれ!

ちなみに、錦織選手もジョコビッチも、ウェア契約はユニクロだとか。錦織・ジョコビッチ戦を観戦して、ユニクロに買い物に行く人は、国内ではそんなに多くないと思います。しかし、世界では、まだユニクロを知らない人たちがあちこちにいるだろうから、宣伝効果がありそうですね。
なお、錦織選手の公式サイトによると、他にもウイルソン、アディダス、ウイダー、タグ・ホイヤー、ジャックス、デルタ航空、IMGアカデミー、WOWOWがスポンサーになっているようです。

古物商「まんだらけ」での万引き事件

August 17 [Sun], 2014, 17:02
少し前の話題だけど、「まんだらけ」という古物商から、25万円の鉄人28号おもちゃが万引きされる事件がありました。
話題になったのは万引きそのものではなくて、「まんだらけ」側が、おもちゃを1週間以内に返さないと、犯人の顔写真を公表するとの警告を発したこと。
警察からの申し入れで、公表しなかったのですけど。

警察の要請で顔写真の公表を見送ったとのことだけど、もし公表したら、名誉毀損罪や恐喝罪になる危険があったらしいです。
顔写真が確かなものだとしても、犯人を脅す行為に違法性があるそうなのです。

万引き犯の写真を公開すると、その写真が拡散されて、下手すると永遠にどこかしらのサーバーに止まり続ける危険があります。もしかしたら、かなり重い社会的制裁になるかもしれません。常習犯ならともかく、つい出来心で万引きした中学生何かの場合、やりすぎということになりそうですね。
リベンジポルノという言葉が話題になるように、画像がネットに流出することには多きなリスクが伴います。

どちらにしろ、店側にとって、今回の騒動(まだ解決したわけではないけれど)は、メリットが多かったのではないでしょうか。店の宣伝としては大規模なものになりました。マニア向けの店のようなので、一気に客数が増えることはないかもしれませんが。
また、万引きに対する強い姿勢を示したことで、今後被害件数が少しは減るかもしれませんね。

「すき家」どこまで体質を変えられるのでしょう?

August 02 [Sat], 2014, 17:26
「すき家」は、株式会社ゼンショーが経営する日本国内店舗数最多の牛丼、カレーのチェーン店です。
今年の春に、人手不足で123店舗が一時休業や時間帯休業を余儀なくされたことで注目されました。過酷な労働のために、人手不足に陥ったらしく、それ以来「和民」と並ぶブラック企業の代表格(?)に。
親会社のゼンショーホールディングスは、調査のために第三者委員会を設置。その調査結果が7月31日に提出・公表されました。

そこでは、次のような事実が報告されていたそうです(自分では読んでません・・・)。
「3年間で400店舗以上増加させたが、社員数は増えていない」
「新入社員の過半数が3年以内に退職」
「非管理職の平均残業時間が109時間」
「店舗社員のほとんどが24時間勤務を経験」
「1人勤務が蔓延」「ひどくなると、月500時間以上働いた従業員や、家に2週間帰らなかった従業員がいた」
「2012年度から、労働基準監督署から64通もの是正勧告書を受け取っていた」

記者会見で、ゼンショーホールディングスの小川会長は「真面目にやってきているのに・・・(ブラック企業という)レッテル貼りはやめていただきたい」と訴えたそうなのですが・・・
真面目に社業に取り組むことと、ブラック企業であることは矛盾しないと思います。だって、商売に対する真面目さに歯止めが利かなくなって、暴走することはありがちではないでしょうか。
どこかで考え方を切りかえる必要がありそうですね。

調査報告書を見ると、こうなるまで放置していたことにあきれるますし、怖くなります。もし、自分がこんな労働環境に巻き込まれたら・・・
とは言え、これだけの調査報告書を敢えて公表したということは、本気で改革を進める意志があるということですよね。というか、何も有効な手を打たないわけにはいかないでしょう。
ただ、ここまで放置していた同社の上層部が、どこまで発想を切りかえられるかがポイントになりそうです。

ジブリの話題の新作『思い出のマーニー』

July 19 [Sat], 2014, 17:08
今日から、スタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』が公開されます。監督は米林宏昌さん。
宮崎、高畑の両巨頭以外が監督を務めたジブリ作品は、『ゲド戦記』『猫の恩返し』『コクリコ坂から』『耳をすませば』など増えてきました。しかし、両巨頭がノータッチというのは、『思い出のマーニー』が初めてとか。

米林監督は、もともとアニメーターで、『崖の上のポニョ』では、その上手さで宮崎さんを唸らせたそうです。
初監督作品は『借りぐらしのアリエッティ』で、最新作『思い出のマーニー』は2作目。

『思い出のマーニー』の原作は、英国作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学。原作の舞台は英国だけど、映画では北海道にして、ヒロインを日本人に変更しています。
二人の少女を中心に物語が展開していくところ、登場人物たちの会話の場面が多いところなど、これまでのジブリ作品と、異なるテイストもあるようです。

今後のジブリを占う作品として、話題性は高そう。
現在、多くのアニメ映画が、作品ごとに人材をかき集めて制作される中で、ジブリが自社で制作できる体制を維持できたのは、宮崎駿、高畑勲という二人のカリスマがいたからでしょう。
はたして『思い出のマーニー』がどのくらい興行収入を伸ばせるか。ちなみに、米林監督の前作『借りぐらしのアリエッティ』の興行収入は92.5億円で、ジブリ作品としては歴代7位だったそうです。

都道府県議会の実態って・・・

July 05 [Sat], 2014, 13:21
またまた、日本の地方議会が、世界に話題を提供。都議会の野次の次は、兵庫県野々村県議の号泣記者会見。
都議会の野次問題では、被害者塩村都議の適性を疑わせるような話題も。

それにしても、なんでこんな人物が選挙に当選したのでしょう。県議に当選する前は、兵庫県内の町長選、市長選、市議選で4連敗していたらしいです。本人からしたら、5回目の正直で、それだけに県議の地位に執着があるのかもしれないけれど、 当選させるべき人物ではなかったのでしょうね。選挙ってコワい。

マスコミの監視が強い国会議員や、地元密着の市町村会議員に比べて、県会議員は見えにくい存在です。
するっと変な人たち、ダメな人たちが入り込んでいる危険が大きいかも。

野々村県議は今回の騒動を受けて「心身ともに疲れ果て、自殺に追い込まれるのではないかと不安で一杯」など述べているそうです。
自殺するにしても、最低限、過去3年での計345回にのぼる日帰り出張について、明らかにした後にして欲しい。

ヤジった議員が特定されて、処分されることを見てみたい

June 21 [Sat], 2014, 14:56
6月18日に開かれた東京都議会で、みんなの党の塩村文夏(あやか)議員が、セクハラの野次を受けたということで、盛り上がっています。
塩村議員が女性の妊娠・出産に対する都の支援充実を訴えていたときに、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」「産めないのか」というようなヤジがあったそうです。

塩村議員は、ちょっと特殊というか、色眼鏡で見られやすい経歴の持ち主。エッセイスト、放送作家でもあり、テレビ番組「恋のから騒ぎ」でひな壇に座っていたこともあるとか。からかわれやすい立場のような気がします。

想像だけど、都議会に限らず、品の無いヤジは議会、とくに地方議会ではありがちなのではないでしょうか。
テレビで自民党都連の議員の対応を見ていると、問題視されること自体が腑に落ちていない印象です。
今回騒動になりつつあるのは、もろにセクハラであることと、しかも女性への支援について塩村議員が発言していたことが、影響しているような気がいます。いろいろと条件がそろってしまった、というところでしょうか。
塩村議員がけっこうな美人であることも(?)、後押しになっているのかもしれません。

ヤジった議員が特定されて、処分されることを見てみたい気がします。
塩村議員に同情するつもりは全くないけれど、議会は一般の職場以上にモラルを要求される場所だと思います。この機会に、公式に確認するのは意味があると思います。
ヤジっている映像はないようだけど、音声は記録されているから、声紋分析で特定することは可能なようですから。

AKB48総選挙 本日結果出ます

June 07 [Sat], 2014, 20:13
今年のAKB48選抜総選挙。投票期間は5月20日から6月6日の18日間で、本日6月7日に東京の味の素スタジアムで開票されます。あいにくの雨ですが。
投票初日の得票数が、速報として発表されています。
1位 指原 莉乃 37,582票
2位 渡辺 麻友 25,283票
3位 松井 珠理奈 23,012票
4位 柏木 由紀 17,266票
5位 島崎 遥香 15,514票
昨年勝利した指原が、今年も好調に伸ばしてます。

マーケティングコンサルティング会社のルグランというところが、データに基づく順位予測をやっていて、ちょっと話題になっています。
これによると、
1位 渡辺 麻友
2位 指原 莉乃
3位 小嶋 陽菜
4位 島崎 遥香
という順位になっています。速報2位の渡辺逆転の読み。
的中したら、この会社の評判は上がりそうです。

個人的に応援している人はいませんが、アイドルグループなので、指原か渡辺かなら、渡辺麻友の方がいいような気がします。
指原は、アイドルらしくないところが魅力ですが、らしくないのはときどき出てくるからおもしろいのであって、連覇してしまうとそれはそれで今後に悪影響が出るかもです。

国立競技場が5月31日で幕を下ろすそうです。

May 31 [Sat], 2014, 20:05
国立競技場が5月31日で幕を下ろすそうです。開業は1958年3月だから56年の歴史。
といっても、リニューアルされて、2019ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピックのメイン会場となる予定なので、無くなるわけではないようです。悲しむことはないか・・・

国立競技場というと、サッカー、ラグビー、陸上の競技場というイメージが強いですね。実際に行ったのはサッカーばかりでしたけど。
思い出に残っているというと、ずいぶん前になるけれど、トヨタカップ。1980〜2002年まで、国立競技場がトヨタカップの会場になっていて、欧州と南米のサッカークラブ世界一決定戦が毎年実施されてました。
当時は、海外のサッカー情報は乏しかったけど、けっこうテンション上がりました。

ところで、新国立の建設費用のことで、紛糾しているそうです。
新国立競技場の建設費(見込み)の推移。
2012年12月 1300億円
2013年10月 最大3000億円(参議院予算委委員会)
2013年11月 1785億円(日本スポーツ振興センター)
2013年12月 上限1699億円(文科省と財務省)
2014年5月 1625億円(国立競技場将来構想有識者会議)
そもそも、スタート時点での1300億円という金額が適当なのかすらわからないけれど・・・

今後の予定は、旧国立競技場は2014年7月〜2015年10月にかけて解体。新国立競技場の着工は2015年10月で、2019年3月までに完成予定、だそうです。