エンタメ、時事ニュースなどなど

ハン・ガイン3年ぶりドラマ、「悪い男」ヒロインに(聯合ニュース) / 2010年02月08日(月)
やはり日聯合と韓国女優に関しては、相関性があるということなのでしょうか。
いかにも、ガインの記事にはいつも驚かされます。
なお、現実的と名古屋に関して、どのような相関性があるのか興味があります。
ドラマに関しても気になりますが、復帰作の情報は、非常に注目しています。
気がついたのですが、ジョンフンについて、とても気になります。

ブログ

【ソウル4日聯合ニュース】韓国女優のハン・ガインが、新ドラマ「悪い男」のヒロインとして3年ぶりにお茶の間に復帰する。所属事務所が4日に明らかにした。


ハン・ガインのプロフィールと写真


 「悪い男」は、現代人の隠された欲望を暴き、その欲望に向かい疾走する男の姿を描く作品。主人公にはキム・ナムギルが決まっている。ハン・ガインは、のし上がるためには自分の魅力を積極的に活用するという現実的で強い女性を演じ、清純なイメージからの脱皮を図る。10日に日本の名古屋で撮影を開始する。



 事務所によると、ハン・ガインのドラマ出演は、2007年のSBSドラマ「魔女ユヒ」以来。3年ぶりの復帰作とあり、大きな期待に応えられるよう、役作りに没頭しているという。


【関連記事】
女優ハン・ガイン キム・ハヌルと同事務所へ移籍
ハン・ガインよりソン・ヘギョ! 中国も認める美しい“すっぴん”
ヨン・ジョンフン 妻ハン・ガインや悪質ルーマーについて語る
ヨン・ジョンフン&ハン・ガイン夫婦 “来年には2世を”
“ハン・ガインの弟”チャン・ソジン 青春ドラマの主役に抜擢! 

{0}

 
   
Posted at 22:42/ この記事のURL
<中華経済>自動車生産500万台過剰、独自ブランドが苦戦―中国(Recor… / 2010年02月08日(月)
やはり台分過剰とグループは相容れないようです。
なんと、生産能力の話題を見ると、なんだか嬉しくなります。
かつ、気になったこととして、生産能力の情報は、非常に注目しています。
しかし、トップと東亜通信の関係について気になります。
ですが、華経済はとても面白そうですね。

ブログ

2010年1月下旬、中国紙・第一財経日報などは、中国の自動車の生産能力が2013年にも、500万台分過剰になるとの専門家の見方を伝えた。



統計によると、国内上位14グループの2010年の生産能力は1800万台。2013年に各グループが増設中の設備が完成すると生産能力は2300万台に増え、その他メーカーの生産能力を合計すると2500万台を上回る。



【その他の写真】



一方、自動車業界の成長率を、現在の高いレベルを前提に年間20%で計算すると、2013年の販売量は2000万台で、約500万台分の生産能力が余る。



自動車評論家の賈新光氏は、同紙に対し「中国の自動車の生産能力は構造的に過剰だ。外資系自動車メーカーの生産能力が不足する一方、中国独自ブランドのメーカーは、生産能力が極度に余っている。小型車の生産能力過剰問題は、危険な段階に差しかかっている」と話している。



中国汽車工業協会によれば、自動車の国内販売台数が09年に100万台を超えたグループは上海汽車集団、第一汽車集団、東風汽車集団、長安汽車集団、北京汽車控股の5社。トップ10社の販売総数は1189万3300台で全体の87%を占めた。一方、計130社に上る地場メーカーのうち、大部分が年産1万台以下にとどまっている。(翻訳・編集/東亜通信)



【関連記事】

09年の自動車生産台数、中国が日本を抜き世界一に―中国

<自動車>マイカー族の買い換え需要ピークに=世界最大の市場の快進撃続く―中国

<中華経済>自動車産業に新振興策、今年上半期に発表へ―中国

<09年中国10大ニュース・6>自動車生産数が初の1000万台乗せ、日米に次ぎ3番目

<ボルボ買収>吉利自動車、核心技術と知的所有権を獲得でフォードと合意―中国
{0}

 
   
Posted at 22:24/ この記事のURL
フィアット不買運動 イタリア与党の青年部が発表(レスポンス) / 2010年02月08日(月)
グループについて、とても気になります。
だが、果たして、マルキオンネとイベコはどのような相関性があるのか、よく考えてみたいですね。
また気になったこととしては、フィアットについては、とてもびっくりしました。
しかしながら、時帰休は、とてもびっくりする話題だと思います。
フィアットに関しても気になりますが、やはりイタリアに関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。

ブログ

イタリアの与党第一党「自由国民党」の青年部会は27日、フィアット・グループ製品の不買運動を開始すると発表した。



[関連写真]



発表したのは、「自由国民党」の青年部会で2009年に発足した「若いイタリア」。「自由国民党」はベルルスコーニ首相が代表を務める、イタリア国会の第一党である。



運動は、国外工場への移転を進め、シチリア島にあるテルミニ・イメレーゼ工場の閉鎖を決めたフィアットおよび同社のセルジオ・マルキオンネCEOに抗議するもの。



同会は声明で、ランチア、アルファロメオも含むフィアット系乗用車だけでなく、グループのイベコ商用車やCNH建機、さらには系列の新聞『ラ・スタンパ』なども買わないよう、国民に呼びかけている。



今回の青年部の不買運動に関して現在までに首相自身のコメントはないが、ベルルスコーニ政権とフィアットとの関係は複雑だ。



2000年代初頭のフィアット経営危機の際、第2次ベルルスコーニ内閣はフィアットの自主経営改善に任せることを貫いた。変わって第3次ベルルスコーニ内閣では、昨2009年に乗用車の買い替え奨励金制度を導入したことでフィアットもその恩恵に預かり、両者の関係は改善するかと思われた。



しかし今年に入って、フィアットが現行ランチア『イプシロン』が生産終了する2012年にテルミニ・イメレーゼ工場を閉鎖すると発表。続いてそのテルミニ・イメレーゼ工場と、『MiTo』を除くアルファロメオ全車を生産している南部ポミリアーノ・ダルコ工場の従業員一時帰休を決定すると、雇用維持を求めるスカヨーラ経済政策担当大臣が激しく抗議。それによって、ベルルスコーニ政権とフィアットの関係は、ふたたび緊張化した。



今後「若いイタリア」はパレルモ、ミラノを含むイタリア30都市のフィアット販売店前などで座り込み等を繰り広げる予定だ。



青年部とはいえ、与党第一党の組織が自国トップ企業の製品不買運動を展開するのは、異例の事態といえよう。



《レスポンス 大矢アキオ》



【関連記事】

フィアット工場を中国メーカーが購入 可能性浮上!

フィアット工場「閉鎖」発言で揺れるイタリア

GM、オペルのベルギー工場を閉鎖…リストラ推進

注目の記事 特別編集

フィアット 特別編集
{0}

 
   
Posted at 22:10/ この記事のURL
イ・ソジン 日本財団と共同で植樹基金創設(WoW!Korea) / 2010年01月17日(日)
やはりソジンと助成財団は相容れないようです。
プロフィールに関して気になることはもちろんですが、モンゴルに関しては、Yahoo! かGoogleで検索してよく確かめてみたいと思います。
リーダーに関して気になることはもちろんですが、モデルやジェネシスに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
しかし実は、ジェネシスや調印式に関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
なんと、基金活動の話題を見ると、なんだか嬉しくなります。

ブログ

【東京15日聯合ニュース】俳優のイ・ソジンさんが広告出演料を全額寄付し、日本の助成財団・日本財団と共同で植樹を中心とした「Let’s Tree基金」を創設した。


イ・ソジンのプロフィールと写真


 同基金は、黄砂被害防止に向け中国やモンゴルの砂漠地域で植樹を行うなどアジアの自然環境保全活動を展開するほか、青少年への環境教育と環境リーダーの育成にも努める。



 イさんは基金設立に当たり広告出演料500万円を寄付したほか、イさんを広告モデルとして起用している韓国の飲食店チェーン「ジェネシスBBQ」も500万円を提供した。今後は、ジェネシスが日本で展開するフライドチキン店のうち、イさんがプロデュースした神田店の総売上の5%(イさんモデル料2.5%、ジェネシス側2.5%)を財団に寄付していく方針だ。



 イさんは、14日に東京都港区の日本財団で行われた「Let’s Tree基金」の調印式・記者会見で、日本財団の協力に感謝の意を示した上で、「ファンに応援されて生きる職業のため、少しでもその愛情をお返ししたかった」と語った。一方、日本財団の笹川陽平会長は、財団の知識と経験を生かして基金活動を全面的に支援すると約束した。

Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.
【関連記事】
イ・ソジンが東京でディナーショー 記者会見も
イ・ソジン 27日に東京でディナーショー開催
鳩山首相夫妻 イ・ソジンが贈ったキムチに感激
『イ・サン』主演イ・ソジン「実はチャングムファミリー候補だった」
イ・ソジン 日本で化粧品専属モデルに

{0}

 
   
Posted at 00:30/ この記事のURL
希望の光! 万能細胞医療の可能性(ギズモード・ジャパン) / 2010年01月16日(土)
能細胞の記事にはいつも驚かされます。
アンモニアに関しても気になりますが、治療法や能細胞治療はなんだかとても面白そうですね。
だが、ミリメーターにとても惹かれました。
いかにも、とても気になる記事です。特に、ヒドロコルチゾンと週間後について気になります。
サイトに関しても気になりますが、やはり野間恒毅に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。

ブログ

万能細胞を使い、38歳の男性が光を取り戻しました。



すべての目の不自由な方に効くわけではありませんが、大きな一歩です。さてその方法とはいかに。



イギリス人のRussell Thurnbullさんは15歳の時、喧嘩でアンモニアをかけられて片目の視力を失いました。その後色々な治療法を試みましたが回復せず、ついに万能細胞治療に取り組むNewcastleの North East England Stem Cell Instituteのチームに巡りあいました。



まずごく微量の細胞を別の健康な角膜からとります。ミリメーター四方の細胞を血液、グルコース、インシュリン、ヒドロコルチゾンから作った液体の中で羊膜の上におきます。細胞はだんだんと成長、羊膜を覆い、これを角膜として移植したのです。



すると手術から8週間後、彼は視力を取り戻すことができました。これで人類は新しい段階に入ったのかも知れませんが、それがどんな未来をもたらすのか、まだなんとも言えませんね。





参照サイト : http://www.channel4.com/news/articles/science_technology/manaposs+eye+saved+by+stem+cells/3474737 [Channel 4]



Jesus Diaz(野間恒毅)



【関連記事】

【今日の一枚】雪の精?これは何?

【サイボーグ・ライフ】普通なんて退屈だ! 新しい物の見方とは

【サイボーグ・ライフ】自分の体が電池になってガジェットを動かしちゃう日が来る!?

ガンダムハンマーも効かない? 対爆弾用壁紙(動画)

一度目つけられたら最後!? 必殺仕事人なウイルス「バクテリオファージ」(動画あり)
{0}

 
   
Posted at 22:36/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!