女に至るまで

October 08 [Tue], 2013, 12:47
纷失して財布のことはすでに過ぎ去った半月間、ナヨン私に二回かかってきた電話をかけ、泥棒画像彼女は絵をチェックしてみよう似ていません。私はしなかったら、この百万人の都市をどこに行こうか探して、まだ大海捞针だった。
その日は退勤混んでいた車の家に向かって急いで感じそばひとつファプショナブル女郎老へ私の体にもたれ、それを一身に受けて香脂気配は私をいぶしてまどろみだった。私は不審がなければ、人の神に残した時に、さすがに车にカーブを一つ、急停車、スマートフォンを吹きかけた。女の手を突っ込ん私のポケットに手を入れた。意外にもできるように、私もできないまま、あげるには背後にいた一灰发けったいなおばあさんが雷のように手を出し、おしゃれ女郎腕一捻った輪が出てきました。
老婆はもぎかつら戸で、ゆらゆらと头を下げ、真っ黒の長髪梯子の下で、「(彼女があなたと三日、『中国観音』は、はたして手が非凡ですね。」こんどは行き過ぎたもので「财布はあなたのですか。」
「はい」
「じゃあ、俺に降りて、あなたは当事者を証言している。」
時計を見ると、これはナヨンはまあ、何と俳優であるかのように、なになにはふりをしたようだ。このようにして、私は彼女と二人で进しており。搭乗手続き、ナヨンは机の上から一枚の画像が私に闻きます:「あなたは见てみよう。いつかを盗んで似ていませんあなた财布やつだろう」
私は絵を見ると、ハンディキャップは声を上げて笑う。「ようにならないか、……」そこで、私はそういって街道を修正します。次の瞬間、その泥棒の顔が就活に合わせて弾力的に現れ、ナヨンの笔で书く。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:newxinlei
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/newxinlei/index1_0.rdf