【残留特別資格】 

2006年02月13日(月) 18時31分
出入国管理及び難民認定法第50条1項3号によれば、
法務大臣は、退去強制事由に該当する外国人であっても、
当該外国人の事情等を考慮して、その在留を特別に
許可することができるとされている。

残留特別許可が認められやすいケース
・日本人と婚姻し、日本で引き続き生活を希望する場合
・永住者と婚姻し、日本で引き続き生活を希望する場合
・日本人との間の実子を監護養育する外国人親

【27の残留資格】 

2006年02月13日(月) 18時30分
 〔残留資格名〕… 残留期間
別表1
(1)
 〔外交〕…任務にある間
 〔公用〕…任務にある間
 〔教授〕…3年又は1年
 〔芸術〕…3年又は1年
 〔宗教〕…3年又は1年
 〔報道〕…3年又は1年

(2)
 〔投資・経営〕…3年又は1年
 〔法律・会計業務〕…3年又は1年
 〔医療〕…3年又は1年
 〔研究〕…3年又は1年
 〔教育〕…3年又は1年
 〔技術〕…3年又は1年
 〔人文知識国際業務〕…3年又は1年
 〔企業内転勤〕…3年又は1年
 〔興行〕…1年、6月又は3月
 〔技能〕…3年又は1年

(3)
 〔文化活動〕…1年又は6月
 〔短期滞在〕…90日、30日又は15日

(4)
 〔留学〕…2年又は1年
 〔就学〕…1年又は6月
 〔研修〕…1年又は6月
 〔家族滞在〕…3年、2年、1年、6月又は3月

(5)
 〔特定活動〕…場合による
  …外交官等の家事使用人、ワーキングホリデー制度
   など、二国間の協定に基づく制度で、滞在費用の
   不足を補うために観光に付随して働くことができ
   るようにして、両国の青少年が相手国の文化や一
   般的な生活様式を知る機会を拡大しようとする制
   度で、現在、日本とオーストラリア、ニュージー
   ランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギ
   リスとの間にこの協定がある などで入国しよう
   とする外国人です。

別表第2
 〔永住者〕…無期限
 〔日本人の配偶者等〕…3年又は1年
 〔永住者の配偶者等〕…3年又は1年
 〔定住者〕…場合による

【VISA(査証)と残留資格】 

2006年02月13日(月) 18時28分
ISA(査証)とは
 旅券(パスポート)が有効であることを証明
するもので、入国に当たって特に問題がないで
あろうということを文書にしたもの。

残留資格とは
 入国した際に、空港または港で上陸申請を行い、
許可されると、日本での残留目的に応じた「残留資格」
を取得する。
 「出入国管理および難民認定法」、通称「入管法」
には、27の残留資格が定められている。

NGOベトナム in KOBE 

2006年02月01日(水) 17時22分
私たちは、在日ベトナム人を支援するNGOグループです。

NGOベトナム in KOBEとは



1995年の阪神大震災がきっかけで、
外国人の抱えるさまざまな問題が世間に知られるようになり、
私たちは暖かい支援を受けました。

あれから6年が経ち、
支援を受ける立場から支援する側になろうとしています。

自分達の問題はできるだけ自力で解決していきたい
という気持ちですが、
スタッフは全員ベトナム人、
NPO/NGO活動については知らないことが多く不安でいっぱいです。

しかし、この活動が成長の第一歩になればと思っています。

【TRUONG VINH KY図書館】
 本に触れることによってベトナムのことに興味を持ち、
ベトナムのことをもっと知って、誇りを持つ。

【青少年の育成】
 二つの文化に挟まれて悩みを多く抱えている青少年に、
楽しいスポーツや文化活動の場を紹介・支援する。

【ベトナムのことを日本に伝える】
 ベトナムの食品・雑貨の販売、交流の場を提供し、
ベトナムのことを知ってもらう。

【高齢者の支援】
 言葉の壁によるストレスや病気などを持っている高齢者に、
心のケア・相談・集まりの場・遠足などを計画、
参加を呼びかける。

【生活相談(秘密厳守)】
 職業、労災、未払い賃金、行政の手続きの手伝い、住宅、
日本の制度、教育、医療などのサポート。

【情報提供】
 母国語でラジオやニュースで情報提供によって、制度の
変更や身の周りにみじかな問題を伝える。

【ベトナム語の翻訳・通訳】

〔NGOベトナム in KOBEのリーフレットより〕

難民?移民?(国内)避難民? 

2006年01月30日(月) 19時35分
【難民】
 迫害の恐怖があるために、本国、あるいは住んでいた
土地を離れざるを得なくなった人びとのこと

 →みずから望まない移動をさせられた人びとのこと

【移民】
 よりよい生活、よりよい収入などを求めて、主に労働に
従事する目的で、自発的に本国を出ていく人びとのこと

 →みずから望んで移動する人びとのこと

【(国内)避難民】
 内戦など生命の危険をさけるために、自分の故郷から逃げ出し、
国境を越えずに出身国内にとどまっている人々のこと



〔・知っていますか?日本の難民問題一問一答
 アムネスティ・インターナショナル日本 編著 
 ・「グローバル・エクスプレス 第3号 難民」
 (「Global Express No35 Immigration」の翻訳)
                               より抜粋〕

難民とは? 

2006年01月30日(月) 19時30分
難民とは、
「人種、宗教、国籍、特定の社会集団への帰属、
政治的意見などの理由から本国で迫害を受けている、
あるいは迫害を受ける危険があるため、
国外に逃れており、本国政府の保護を受けることが
できない人、あるいは保護を望まない人」
と定義されている。
〔国連の「難民の地位に関する条約」より〕

インドシナ難民とは・・・ 

2006年01月26日(木) 22時08分
インドシナ難民とは、
1975年のベトナム・ラオス・カンボジアの
インドシナ三国における戦争終結後、
社会主義化と内戦の戦火を逃れ、
ボートで海外へ逃れたり(ボート・ピープル)
陸路隣国へ逃れた(ランド・ピープル)人々です。

約130万のインドシナ難民がアジア地域の
難民キャンプを経て、またボート・ピープルとして、
米・豪・加・日などの各国に定住しました。

1975年、ベトナムからのボート・ピープルが初めて
日本に上陸し、また、海外の難民キャンプにも、日本に
定住を希望するベトナム・ラオス・カンボジア難民がいました。

1979年からはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と
ベトナム政府の取り決めに基づく合法出国計画(ODP)により、
家族が再会するために合法的にベトナムを出国することが
認められ、日本はインドシナ難民として
受け入れることになりました。

この合法出国計画でベトナムを出た人は
約60万人に達しています。

※1979年 インドシナ難民定住促進事業開始
        兵庫県姫路市に定住促進センター開設
 1996年 姫路定住促進センター閉所(通算入所者2,640名)
        兵庫県神戸市に難民事業本部・関西支部開設

【インドシナ難民定住許可数】(2003,12,31)
合計11,087人 うち、ベトナム  8,455人(76%)
               カンボジア1,326人(12%)
               ラオス   1,306人(12%)

〜地球上では300人に1人が難民といわれています〜

(財)アジア福祉教育財団難民事業本部・案内より。。。 
               http://www.rhq.gr.jp/
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:news_nanmin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる