気になること、美容のこと、健康のこと、身の回りの評判、口コミ、効果、メリットやデメリットなどなんでもござれ

バラで作るドライフラワー|プリザーブドフラワー / 2009年02月04日(水)


大切な記念日にバラをフラワーギフトにいただいたら、せっかくですから残しておきたいですよね。
いくらお花が長持ちするように心がけても、いずれはしおれてしまいます。
家庭でも気軽にできるお花の保存方法といえばドライフラワーです。
バラは、ドライフラワーにはとても適したお花です。
ドライフラワーの作り方をご紹介します。

ハンギング法をご存知ですか?
お花を吊るして乾燥させる事です。
ここで大切なのは、吊るすタイミングです。
お花が満開になる前に行う事がポイントとなります。
花が開ききった満開の状態より、ちょっと閉じた状態のほうが仕上がりも美しくなります。
お花は、風通しのいい場所に吊るすようにします。
ここで注意する事は、お花どうしが重ならないようにします。
花束をもらった状態でそのまま吊るすのではなく、小分けにして余分な葉をカットしておきます。
そうする事でより美しい色に仕上がります。

他にも、シリカゲルを使った方法もあります。
シリカゲルとは、お菓子などにも使われている乾燥剤で、薬局などで手に入ります。
お花が入る密閉容器を用意して、シリカゲルを高さ3センチほど入れます。
お花を入れ、さらに上からシリカゲルをかけてお花が痛まないように丁寧に埋めていきます。
密閉して1週間後、ドライフラワーの完成です。

ハンギング法だと少しくすんだ素朴な色合いに、シリカゲル法だと色鮮やかに仕上がります。
フラワーギフトでバラをいただいたら、ドライフラワーを作ってみてはいかがですか?

【お祝い・記念日・誕生日・フラワーギフト・バラ】

ピーチラズベリーデコレーションケーキ|プリザーブドフラワー
 
   
Posted at 14:42 / 最近気になること / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!