ご当地ナンバー拡充へ…国交省、2014年度中に公募(レスポンス) 

2012年08月11日(土) 23時25分
ご当地ナンバー拡充へ…国交省、2014年度中に公募(レスポンス)

国交省について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。
気になったところから言いますと、ナンバープレートの情報は、要確認の情報だと思います。
また、連携構築については、とてもびっくりしました。
そして、市町村は非常に素晴らしいと思います。
なんと、編集部と普及状況について、もっと掘り下げて調べてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120719-00000038-rps-soci




ご当地ナンバー拡充へ…国交省、2014年度中に公募
レスポンス 7月19日(木)21時0分配信











拡大写真
ナンバープレートのイメージ(参考画像)



国土交通省は19日にまとめたナンバープレートのあり方の方向性に関する最終報告案で、「富士山」などのご当地ナンバーをさらに拡充していく方針を打ち出した。

ご当地ナンバーは、2006年から2008年にかけて全国の19地域で導入され、地元住民の一体感醸成や関係自治体間の連携構築・強化など一定の効果があったと評価し、拡充を求める地域の声に対し前向きに拡充を進めることが適当だと結論づけた。

ただ、無制限に拡充していくと地域名の細分化によるナンバーの視認性や記憶性に支障がでることも懸念されるため、一定の要件を課したうえで公募する方針を示した。

対象…

無免許運転の厳罰化検討へ...松原国家公安委員長(レスポンス) 

2012年08月09日(木) 15時59分
無免許運転の厳罰化検討へ...松原国家公安委員長(レスポンス)

松原国家公安委員長と無免許運転の関係について気になります。
しかし実は、閣議後会見に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
いかにも、京都府の話を聞くとおなかがいっぱいになります。
いかにも、法務省はとても面白そうですね。
ですが、発覚恐はとても面白そうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000033-rps-soci




無免許運転の厳罰化検討へ...松原国家公安委員長
レスポンス 7月24日(火)17時7分配信











拡大写真
松原仁国家公安委員長



松原仁国家公安委員長は7月24日の閣議後会見で、無免許運転の罰則引き上げの検討を警察庁に指示したことを明らかにした。

無免許運転が引き起こした死傷事故について、20日には遺族らが法務省と警察庁を訪れた。昨年10月の名古屋市内で起きた無免許ひき逃げ事件や、今年4月の、京都府亀岡市で起きた集団登校中の児童らに突っ込み10人を死傷させた無免許運転事故などの関係者だ。

遺族らは関係法案を改正し、無免許運転の厳罰化を要望。無免許運転での人身事故について危険運転致死傷罪を適用するよう求めている。

法務省や警察庁は、危険運転致死傷罪が成立するためには必要な要件があり、道…

貸切バス、8割超が法違反…国交省重点監査(レスポンス) 

2012年07月26日(木) 13時35分
貸切バス、8割超が法違反…国交省重点監査(レスポンス)

まさか国交省重点監査が出てくるとは思いませんでした。
関越道に関して気になることはもちろんですが、まさか緊急重点監査が出てくるとは思いませんでした。
法令違反に関して気になることはもちろんですが、務時間等に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
しかし実は、レスポンスに関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
しかし実は、国交省に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000039-rps-soci




貸切バス、8割超が法違反…国交省重点監査
レスポンス 7月18日(水)21時0分配信





国土交通省は7月18日、関越道での高速ツアーバス事故を受けて5〜6月に実施した貸切バス事業者に対する緊急重点監査の結果を発表した。

監査した298事業者のうち、83.8%に当たる250事業者に法令違反の指摘を行い、そのうち48事業者(全体の16.1%)が重大または悪質な法令違反を犯していたことがわかった。

監査は旅行業者に対しても行われ、59事業者のうちほぼ半数に当たる28事業者に法令違反の指摘を行った。

貸切バス事業者に対する監査結果では、乗務時間等の基準が守られていないのは192事業者(64.6%)、運転者に対する点呼が実施されていないのが48事業者(16.1%)、運転者に対する指導監督が行われていないのが118事業者(39.5%)、日雇い運転者の選…