福島第一原発 浄化試験の結果を漁業者に説明

November 20 [Thu], 2014, 15:00
福島第一原子力発電所で汚染された地下水を浄化して海に流す計画について、東京電力は地元の漁協の組合長に対し、試験の結果、放射性物質の濃度を目標値以下に下げることができたとして理解を求めました。
参加者からは「漁業者一人一人に丁寧な説明をしてほしい」といった意見が上がり、今後、改めて一般の漁業者向けの説明会を開くことになりました。

東京電力は、ニューバランス574福島第一原発の汚染水の対策の一環として、建屋の周囲にある「サブドレン」と呼ばれる井戸などからくみ上げた地下水を浄化したうえで海に流す計画を示しています。
この計画を巡って、東京電力は19日、福島県いわき市で開かれた県内の漁協の組合長等の会議で、ことし7月から今月上旬まで行った浄化試験の結果を説明しました。
この中で、東京電力は合わせて4000トンの地下水を浄化した結果、放射性物質の濃度は海に排水する目標値を下回ったとして、計画への理解を求めました。
これに対して、漁業者側からは「漁業者一人一人に丁寧な説明をしてほしい」とか「漁業者が納得することが大事なので、実施を急ぐべきではない」といった意見が出され、東京電力は、今後、それぞれの漁協の組合員全員を対象にした説明会を開き、改めて理解を求めることになりました。

☆.。――NHKからコピーした文章である。☆.。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/newbalance035/index1_0.rdf