成田空港の活用 航空会社と自治体協議

November 14 [Fri], 2014, 14:28
羽田空港の国際化が進むなか、航空会社が成田空港をどう活用しようとしているのか、周辺自治体と意見を交わす会議が開かれ、航空会社からは、国際的な競争力を維持するため、深夜早朝の滑走路の使用制限を緩和してほしいという要望が出されました。

会議には、ニューバランス574成田空港周辺の9つの自治体の市長や町長らと、日本の大手航空会社やLCC=格安航空会社など4社の幹部が出席しました。
自治体から、羽田空港の国際化が進むなかでの将来的な戦略を問う声が出たのに対し、航空各社は、アジアと北米を結ぶ乗り継ぎ便やLCCなどを中心に、今後も増便が見込めるという見通しを示したということです。
さらに航空各社から、海外の空港に対する競争力を維持したいとして、午後11時から午前6時まで、原則、離着陸を認めないとする滑走路の使用制限の緩和を求める要望が出されたということです。
LCCの1社、春秋航空日本の担当者は「乗客をみすみす羽田空港に奪われないよう、地元に協力していきたい」と話していました。芝山町の相川勝重町長は「成田空港の将来を心配する意見は少なく、安心できた。立場は違うが、空港の発展のために努力していきたい」と話していました。
――NHKからコピーした文章である。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:newbalance029
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/newbalance029/index1_0.rdf