大学生の就職内定率 4年連続で改善

November 14 [Fri], 2014, 16:03
来年の春に卒業予定の大学生の就職内定率は、先月1日の時点で68%で、4年連続で改善したことが分かりました。

厚生労働省と文部科学省が全国の大学生およそ4800人から聞き取り調査した結果、先月1日時点での就職内定率は68.4%でした。
これは去年の同じ時期を4.1ポイント上回り、4年連続で改善しています。
地域別では、ニューバランス574関東が最も高く74.5%、次いで近畿が73.1%、北海道・東北が64.8%、中部が61.1%、九州が57.2%、中国・四国が56.9%となっています。
内定を得た学生は推計で30万4000人に上る一方、14万人がまだ就職活動を続けているとみられるということです。
厚生労働省は「企業の採用意欲は高いものの、内定が得られていない学生も一定数いるため、ハローワークなどを通じて支援を続けていく」としています。
――NHKからコピーした文章である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:newbalance023
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/newbalance023/index1_0.rdf