ある女の子のはなし 

2005年09月19日(月) 20時22分
この日記はダイエットの日記です。
17歳の172センチの女の子が自分の野望と夢に向かって今から11月の末日までに6キロ痩せたろ、と覚悟を決めた日記です。
この女の子、ダイエットなるものを初めてこころざしたのは今からちょうど二年前。
女の子は憧れだったバレエと声楽を始めました。バレエの先生は女の子に「痩せなさい」といいました。体重は56.5キロほどでした。女の子はその先生が細くてとっても素敵だったので、その先生みたいになりたい、と思いました。
痩せようと決心し、女の子は一生懸命カロリーを計算しました。好きなお菓子をやめました。大好きだったマクドナル○ともわかれをつげました。そうして女の子は12月の末までに172cm52.5kgという結果を出しました。
女の子は二度とダイエットをしたくありませんでした。けれど女の子は太りたくありませんでした、絶対に。女の子は一生懸命自分の体重を維持しました。毎朝体重計に乗りました。ダイエットの本もたくさん読みました。
しかし、しかし、女の子は今年の4月に太りました。それも6キロ。女の子は1ヵ月、とっても複雑な事情で体重計に乗らなかったのです。3食をちゃんと食べたのです。市販のお弁当のごはんも、夕食の後のケーキも我慢しなかったのです。バレエも声楽も1ヵ月お休みしました。女の子はその間、うんと色々なことを悩みました。でもやっぱりバレエも歌もやめたくなかったのです。
だから5月には女の子はまたレオタードを着てお稽古場の鏡の前に立っていました。そしてそこに変わり果てた自分を見つけ…ませんでした。女の子は鏡に写る自分を信じることが出来ませんでした。久しぶりに乗った体重計の58キロという数字も。
女の子はパニックになりました。今までの自分がやってきた極端な食事制限をしてみました。1週間と続きません。少し減っては又増え、増えた数字を見てはお菓子を食べてしまいました。、前なら耐えられたはずの目の回るような空腹もがまんできません。
そうして女の子が一生懸命探して、最後の手段とすがったのが「低炭水化物ダイエット」だったのです。女の子は「低炭水化物ダイエット」のご本を書いた先生の病院に行ってどうしても痩せたいので、助けてくれといいました。そうして女の子の切羽詰った戦いははじまったのです。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:newag
読者になる
Yapme!一覧
読者になる