コーヒーすら満足に買えないニューヨーカーです。 

April 20 [Wed], 2005, 7:41
NYに一体何店あるんだろうデュアン・リード。ありすぎだろ。(アメリカのマツキヨみたいなもん)そんなことが気になる毎日。

渡米してから二十日もたつのに、ほとんど毎日柴田さん(仕事仲間)と一緒に行動してるので、一人じゃコーヒーを買うのさえ戸惑う。

スタバでアイスコーヒー注文して、黒人に「×%○▲#■※?」って聞かれて、「あー、うー・・オー、イエスイエス」ってわけわからんまま答えたら、やたらでかいのだったり。
スペイン語だったら、「キシエラ(欲しい)、ウンカフェフリオ(アイスコーヒー)、コンレチェ(ミルク入り)、シンアスカール(砂糖抜き)、ポルファボール(よろしく)」って習ったのに。でも聞き返されたらおしまいだが。

そういえば昨日セントラルパークの芝生で寝そべって、身も心もニューヨーカーになりきっていたら、近くにいたギャルが半ケツ全開。これもアメリカならではの開放感か。

あの子とセックス 

April 17 [Sun], 2005, 12:32
私が滞在してるアパートは、マンハッタンの29st沿いにあるあんまりきれいじゃないアパートメント。トイレとシャワーが共同になっております。
1フロアに6部屋ありまして、その6部屋で1つのトイレとシャワーを共有するわけですな。
それにしても、セミ全裸生活が大好きな俺にとって、いちいちシャワーを浴びに行くのにわざわざ服を着ていかねばならないというのが大変面倒。たった5歩のために。
もういっそ、すっぽんぽんで部屋を飛び出して、すっぽんぽんで部屋に戻ってしまいたいんですが、もしもバッタリ誰かに出会ってしまったら・・・。危険です。
そういえばこのアパート、ぼろいくせに各フロアに監視カメラがついてるんでした。全裸で外になんて出たら管理人が見てるかもしれません。
管理人の娘が高校生ぐらいだと思うんですが、すごいピチピチしててかわいくてグラマラスで色気たっぷりなんですが、その子にだったら見られたかったりもしますね。
まあ日本人ごときの裸体なんて興味ないでしょうが。

今日の夕方、同じ階に泊まってる日本人の女の子とバッタリ廊下で会いました。
お互い手にトイレットペーパー。
お互いそれを察して、軽い譲り合いなんかしてみました。まあ俺はウンコだったんで、俺のウンコ臭をガールに嗅がせるわけには行きませんよ。

これで会うの2回目なんで、次あたりはナチュラルにトークができそうです。
舞台は整ったって感じですか。

目標:あの子とセックス。

10時間の卒業 

April 17 [Sun], 2005, 11:41
今日で10日間のスペイン語レッスンが終了しました。
英語もわからない俺に時間をオーバーしながらも教えてくれたマリサ、ムーチャスグラシアス!
たった1日1時間で10日足らずの付き合いだったけど、なんだか教わったものは単純にスペイン語の基礎だけじゃなかったような気がする。

メールアドレスぐらい交換しておけばよかったな・・・。


来週あたり一度学校に行って、マリサにメールアドレスを教えておこうかな。

なんだか久しぶりにいい出会いをした気がする。

(右:一緒にスペイン語を習った柴田さん 中央:マリサ 左:俺)

ニューヨーカーおさらい 

April 16 [Sat], 2005, 15:48
ニューヨークに来て早くも16日がたちました。
さて、俺は一体この2週間強でどれくらいニューヨーカーになったのでしょうか。

この16日間をササッと振り返って、ニューヨーカーな行為を省みてみましょう。

1日目:NY到着。入国審査ではひたすら「サイトシーイング」で切り抜けようとするが、仕事は何かと聞かれたのが理解できずもたつく。
連れて行かれたカリビアンなダンスクラブで居眠り。

2日目:一人でメトロに乗る。日本食を食う。

3日目:初アメリカのマクドナルド。

4日目:MoSEX(ミュージアム・オブ・セックス)見学。ちょっと発情。
NYに来てから初めてのオナニー。ドロッとしてた。日本じゃ毎日してたからこんなに濃いのも久しぶりだ。

5日目:サブウェイでわけもわからず「ターキー入れるか?オニオンは?ピクルスは?トマトは?」と聞かれ、すべてYESで答えたらなんか予想より高くなった。

6日目:郵便局でエアメールを出すことに成功。

7日目:スペイン語のレッスンを受け始める。タイムズスクエアの吉野家で牛丼を食う。

8日目:忘れた。ゲーム脳のせいかも。

9日目:セントラルパークに行く。スタテン島行きフェリーに乗って自由の女神を見る。また吉野家に行く。

10日目:ヤンキースタジアムに行く。やっと見れたときにはもう終盤。しかもボロ負け。

11日目:性欲が高まってくる。

12日目:日本食スーパーで日本食三昧。

13日目:オナニーを1日3回する。

14日目:アパート内にかわいい女発見。

15日目:チャイナタウンへ。シーフードばっかり食う。買春に誘われたが、疲れていたので断る。

16日目:オニオンリングを食いすぎてなんか胸焼け。

以上ですね。うーん、かなりニューヨーカーっぽい気はするんですが。
オナニーは減点かもな。ニューヨーカーはオナニーしなさそうだし。
今のところ50点ってところですかね。
日本食もまあ見かけだけのニューヨーカーだったら減点の対称だろうけど、自炊するっていうところで評価は高いと思う。

まあ、もうちょっとがんばってみます。
あ、タバコのポイ捨てはニューヨーカーっぽいね。
こんなにありとあらゆる店が禁煙で、タバコもくそ高くて、嫌煙化だけは激しく進んでいるのに、ポイ捨てだけはみんな普通にしてるし。結局吸うやつはマナー悪いってことだね。

不幸話 

April 16 [Sat], 2005, 13:56
ムチムチのエロイ体つきをした白人とすれ違うたびに、あんなのと一度でいいから交尾してみてぇ〜!と妄想したりしながらミッドタウンのスクールまで毎日通学している。

あと、日本人駐在員の妻とか、なんか欲求不満そうなイメージでいいよね。
あー、そういうの相手にしてみてぇ。
きっと俺が満足させて見せます!あとくされは一切なし!旦那の100倍感じさせてあげます!なんてさ。

今日もまた飲んできたんですが、そのときに実家の話題とかになって、
「実家帰ると、この歳になってもおばあちゃんとかお小遣いくれたりしてちょっと困りますよね」なんて言われたので、
「うちのばあちゃん、ボケちゃってるんですよね〜。俺が孫だってのもたぶんわかってないと思うし」
って答えたら、なんか急にその場がサーッとなってしまった。

なんだろう。ちょっぴり切ない話って、飲みの席ではあんまり言っちゃいけないもんなんかな。
「マジっすか!?じゃあ『はないちもんめ』みたいなこと本当にしちゃったりするんですか!?」とか突っ込まれたいくらいなんだが。

以前にも「俺、中学生のときに母ちゃんが家を出てって・・」って言ったら「それは聞いちゃいけないことなんですかね」って聞かれたけど、不幸話ってそんなに聞かされた方にとっては対応に困るもんなんだろうか。
本当に言うだけで自分のテンションが下がるようなことだったら俺だってわざわざ飲んでるときになんて言わんさ。

さくら 

April 16 [Sat], 2005, 0:57
日本は桜がきれいだよ。なんて友達からメールをもらうたびに「いいなぁ、俺も見たいなあ」と思っていたのですが、NYに桜が見れる場所なんかあるのか?って思ってたら、ミッドタウンに行く途中の道でほんの少しだけど桜を発見。

少しだけだけど、きれいだなあ。

桜をきれいと思えるのが日本人の証なんだろうか。

でも日本の春は桜以外全部嫌いだけど。

やりたいけどやりたくない。 

April 16 [Sat], 2005, 0:55
仕事の人に連れられて、チャイナタウンに食事に行った。
海老、蟹、牡蠣、貝。シーフード三昧だった。

食事の後、社長さんに「これからどうですか!やり行きませんか!?」って誘われた。
もちろんあっちの方だ。

性欲はかなりあるので、したいことはすごくしたいんだけど・・・。
お金がなぁ・・。なんてのはただの言い訳で、社長がいるんだから100ドルや200ドルぐらいの金は貸してもらえる。

気が進まない一番の理由は、日本で風俗の仕事に少し関わったことがあるので、そのときに裏側をいろいろと見てしまい、体を売る女の汚い厭な部分や悲しい部分を知っているので、金払って女と性交をするというのはどうも盛り上がらないのだ。

まあ俺がそこで気持ちよくなって金を落とせば、金に困っている彼女ら(の誰か)の生活がほんの少しでも潤って、お互いに悪いことはないわけだし、一度踏み込んじゃえば、ちんぽも立つし、がまん汁も出るし、発射だってしてスッキリできるんだが、やっぱりいざ行くという場面に直面すると及び腰になる。

まあ、話のネタには十分なるだろうから、NYにいる間に1回は行こうと思ってる。
もうちょっとヤれない生活を続けて、もっとたまったら社長に頼んで連れてってもらおう。

さて 

April 15 [Fri], 2005, 1:25
今日もスペイン語、行ってきます。
帰りにメトロポリタン美術館でも行くかな。

発情中 

April 14 [Thu], 2005, 12:22
女、女、女。

酔っ払っているからだと思うが、無性に女が欲しい衝動。

首筋に手をやりたい。
服の匂いを嗅ぎたい。
頬を擦り合わせたい。
服の上から胸を触りたい。
太股の間に足を挟ませたい。
「ねぇ・・・」って耳元で言うと、「ん?」とか言いながら、すごく期待すんの。で、体を触れ合ったりさ。ああ。

あー、発情期 in NY。

理想の宿 

April 14 [Thu], 2005, 0:12
同じアパートに可愛い日本人の女の子を見つけた。

昨日の朝、トイレ行こうと(シャワー・トイレ共同なので)部屋を出たら、ばったり会って、こっちは寝起きで髪ぼさぼさだし、Kマートで$7で買った下着みたいな短パンとランニングシャツっていう、NYなのにバックパッカー?みたいな格好だったので少しオロオロしてたら、明るく「おはようございます♪」って挨拶された。
こっちも慌てて挨拶したけど、彼女は出かけるところみたいで、そのまま階段を下りていった。

別にそんな、女に飢えているわけじゃないけど、何かドラマみたいなことが起こんないかなー。韓国ドラマみたいな。

ちなみに今住んでるアパートは、NYの日本人向け不動産屋のアパートだから、多分住んでるのはほとんど日本人。まあ、それぞれ何の交流もないわけだが。

俺は世界のどこかに気に入った場所を見つけて、そこにゲストハウスを作りたいと思っているんだけど、俺が作るんだったら、もっと、せっかく同じところに寝泊りしてるんだから、っていうつながりを持たせたいなあ。
ドミトリーでもなきゃ宿泊者同士が進んでコミュニケーションをとるなんてのは日本人には難しいことだから、宿主がそういうのを作ってやりたい。
「あんたらこれからご飯食べ行くの?何号室の人も連れてってあげてよ。今聞いてくるから。」そんな、余計なおせっかいをしたい。
うっとうしいと感じる人もいるだろうが、たまにはそういう宿があってもいいじゃん、と思う。
宿主は『ただ部屋を貸している』ってだけじゃなく、泊まってる人たち全員のホスト的な役割をしないといけない。メキシコ行ったとき、グアナファトの日本人宿がそういう感じだったから。

まあそれはそれで忙しいことだろうから、好きな人じゃないとそのうち嫌になって、「勝手にやって」みたいな状態になっちゃうんだろうか。
まあそういうのはNYには向いてないんだろうかね。

中米でならきっと作れると思うんだが。
■プロフィール■
名前:あきら・モンゴメリ
年齢:30歳
血液型:B型
ひょんなことからニューヨーク滞在中ですが、来月からは中米に住みます。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:new-yorker
読者になる
Yapme!一覧
読者になる