罪と恥 

2008年07月18日(金) 22時38分
いたたまれない[ゐたたまれ―] 【居た▽堪れない】
精神的な圧力を受けてその場にそれ以上とどまっていられない。

やりきれない ・ つらい ・ 我慢できない ・ 暗澹(あんたん)とする ・ たまらない ・ 恥ずかしい ・ 針のムシロにいるような ・ 気まずい雰囲気の中〜 ・ 「穴があったら入りたい」 ・ (どこかに)逃げ出したい ・ 気詰まりな ・ 居づらい

最近よく耳にする言葉。
いや。おそらく今までもよく耳にはしていたのだろう、ただそれを気に留めていたか否かの違い、、、


雨に濡れた東京タワー 

2008年07月08日(火) 22時33分
文学にどっぷりつかっているNEWYORKERです。
そのままの勢いで何気ない日常を言葉と言うツールに乗せてブログと言うキャンバスに塗りたくってみましたとさ。

流れるものと変わらないもの 

2008年04月23日(水) 22時45分
本棚の奥に眠っていた昔のノート。

日記ではない物に書かれた唯一の日記。

いろんな事が変わっていくけど、4年以上も前に書かれた文章は、間違いなく今の自分の言葉だった。


そのノートの1ページに描かれている夢の一つが今掴める所まで来ている。
手を伸ばせば掴める。その確信はある。
今がその時なのか?自身は持てない。



今やって、駄目だったなら、またいつかやればいい。ただそれだけのことかもしれない。

正論できれい事 

2008年04月01日(火) 0時00分
身内を幸せにできない様な人間には、

周りの人達を幸せにする事なんてできる分けない。

終焉幕〜エンドロール〜 

2008年03月25日(火) 10時10分
恵まれた環境


にいると改めて実感しました。


なぜ?

と考えたとき、親の顔が浮かびました。


今の自分が目指しているものは父親そのものなのかも知れない。

滾り 

2008年03月07日(金) 22時15分
最近、家で作業をしなくなった。

前職の時は、少しでも多く自分のしたい事をする時間を大事にしていた。

反感買うのも覚悟でさっさと仕事切り上げて、寝る間も惜しんで夜中までPCに向かって、遅刻も気にせず朝からサーバと格闘していた。

のかと思うとワクワクするね。

現実と事実 

2008年02月04日(月) 22時20分
気づけば、前のアルバイトを辞めて2ヶ月。

いつの間にやら、某大手キャリアの企業に潜り込んでしまいました。



ITと謳う場末のブラック企業にいると、自分に言い聞かせながら働いていたけど、世間一般を知るとこんなもんなんだ。と思えてきました。

自分の中の普通と、世間の普通をしっかり区別しないとダメになるなと、認識しました。

一度、水風呂にどっぷり浸かると、熱湯もぬるま湯に感じてしまうものですね。

狐と狸 

2007年10月01日(月) 0時00分
水面下の探り合い。いわば冷戦状態の膠着が続いていたのが、終に、臨界に到達。
ここまで来てしまったら、収まりは付かないだろう。

う〜ん。最悪の結果として、二人が決裂してしまったとき、自分はどっちに付くべきなのか?

筋を通すのか。利益を取るのか。自分の感性を信じるのか。どっちつかずの第三者になりすますのか。

一番マヅイのは、どちらさんとも一定の距離を置いて付き合い続ける。
これをやってしまうと、必ずどこかで溝が生じる。
いつか、一定の距離から一歩踏み込みたくなった時に、ツラくなる。

今は、最悪の事態にならないことを祈ろう。
一人、既に巻き込んでしまった奴がいる。馬鹿な奴なので余計な事を言って事態を悪化させなければ良いが。早めに安全地帯まで逃しておかなければ。

自分自身に自信がついた。そして、地震の予感、、、 

2007年08月30日(木) 23時19分
最近、リリックにハマっているNEW-YORKERです。

一つの大きな出会いに巡り会いました。

そこから、新たの出会いに繋がりました。

さらに、一輪の恋が芽生えました。



歌舞伎町、最高!!
そんな毎日を送っています。。。


久々に興味をそそられるお方に遭って、信頼できる人に繋がって、恋の素晴らしさを思い出しました。

そして、大人の世界。。。

狐と狸の化かし合い。
客とキャストの騙し合い。
鏡張りのフロアに長い髪なびかし、俺を見つめる視線に股間炎上!
場内かまして延長、延長、、、
君は天使?それともペテン師??


お水に染まって、過去を水に流す。

ネオン街は案外、お金が回っているものだ、そして、回し者もブラつく街。
そんな街に今宵もヨロシクといって歌舞伎町のネオンを肩で風を切って颯爽する。
さっそくキャッチに捕まって、早々と一件目を後にする。

そして行き着くいつもの店、そう、フィリピンパブ!
一時のloveを交し合い、ラフにlaughってラブラブらぶ。

ぶらっとコマ劇横切れば、困った振りして3件目。
ブラを外しにおっぱいパブ。羽目を外してチップ弾んで一発ハメ。

まだまだ行くぜ4件目!
みごとにハマってボッタクリ。
水を得た魚みたいにトコトン流される、逆らいたいのに、、、

場末の酒場に流れ着いて、懲りずに行きづりのオンナとone night love.
inして気づいたコリアンだ。こんなんもうないよ。。
インポな息子にコリゴリだ。

今欲しいのはバイアグラ。
俺の仕事はbuy out。
寄ってくるのは売女ばっか。
馬鹿ばっかとハッパぷっか

ある雨の日の再開 

2007年07月17日(火) 22時55分
今日、場末の街の萎びた鮨屋から出てくる松浦様を見た。

お身体は元気そうでほっとした。
ただ、あの鋭かった眼光はひどく衰えて見えた。

あまりに突然の出遭いで思わず呆然としてしまった。
慌ててお声をお掛けしようと思ったが、すぐに思いとどまった。知った顔ではない取りきを連れていたからだろう、そのまま通り過ぎることに。

思いもよらぬ再開。随分と忘れていた昔のことが鮮明に走馬灯のごとく浮かび上がる。
松浦様に初めてお会いし、お声を掛けさせていただいた日。あれは今夜のように小雨がパラつく日だった。大勢の若い人たちを連れ、料亭から出てくる姿は腐敗した街に昇った後光のようにさえその時は感じた。
それからというもの、数日後にわざわざ足を運んでもらったのを皮切りに、事あるごとにわざわざいらして頂けた。あの青竹は今は何処に。
病に掛かりやつれられた時も。お骨を折り、松葉杖をつきながらも。台風の中雨に打たれながらも。わざわざいらっしゃった。

一通り記憶の中を廻ったあと、やはり一言お掛けするべきだと思い直し振り返ったがそのお姿はそこには無く、めずらしく後悔というものを感じた。
そして、思考という深海の樹海に迷い込んでいった。

お身体は以前の元気さを取り戻されたようだ。お顔は相変わらず蒼白としていた。見知らぬ顔の取巻きはどこの人だろう。何故この街に。随分と早くに1件目をお出になられたんだな。何故、声を掛けなかったんだろう。

知らぬ取巻きがいたから? いいや、違う。

何故、声を掛けれなかったんだろう。

昔は感じたモノがなかったから? それも理由の一つだったかもしれない。

本当に?

なくなったのは自分では?

声を掛けようとした瞬間、一度自分を振り返った感覚が残っている。
今の自分を見つめ直した時、思いとどまらせた自分がいたのかもしれない。

松浦様とお連れの方、そして自分。明らかに釣り合っては見えない。
今の自分を自信を持って伝える事ができただろうか。昔の距離で話しをすることができたであろうか。

自身を持って「できた」と言うことができない。

今はまだ話をする時ではなかった。そう思わざる得ない。
きっと、話すべき時には今日のように会うことができる気がする。
そして、その時までにもっと大きくなっていなくては。そう思わされた。

何かの牲にすることは簡単だ。でも必ずそういうことは突き詰めると自分に返ってくる。
前に進もう。直向さを取り戻そう。同じ過ちは繰り返してはいけない。常に胸を張っていられる人間にならなくては。
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像NEW YORKER
» アメックス センチュリオンの上の最上クラス (2007年11月16日)
アイコン画像すもも@再び
» アメックス センチュリオンの上の最上クラス (2007年11月16日)
アイコン画像NEW YORKER
» アメックス センチュリオンの上の最上クラス (2007年11月13日)
アイコン画像NEW-YORK
» 唯我独尊野郎の意識革命 (2007年05月20日)
アイコン画像NEW-YORK
» 裏技??マジシャン!? (2007年04月29日)
アイコン画像NEW-YORK
» 唯我独尊野郎の意識革命 (2007年04月29日)
アイコン画像newyorker
» SEO in MiXi (2007年04月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:new-york
  • アイコン画像 誕生日:1983年
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング
読者になる
Yapme!一覧
読者になる