ニューバウルーがパンを美味しくする訳

May 06 [Fri], 2011, 18:44




どうして、ニューバウルーでパンを焼くと、


外がサクッ、中がフワッとした食感が出るのか??


その秘密に迫ります。




(秘密1)ニューバウルーは、本体が厚い鋼板である



厚い鋼板=蓄熱性に優れている


そのため、パンの焼き上がりに影響が出てくるわけです。



ほどよく焦げ目のついた、あの「サクッ」という食感は、


この厚い鋼板に秘密がありました。





(秘密2)ガス直火式ならではの仕上がり



通常、パンを焼くと、パンから水蒸気が出てきます。


これは、パン内部の水分が抜け出してくる証拠。


この水分をパンの中に閉じ込め、表面だけをカリッと


仕上げることが美味しくする秘訣ですが、


それが出来るのは、このニューバウルーだけ!




ガスの直火によって、表面だけを一気にカリッと焼き上げ、


パンの中の水分は閉じ込めて、フワッと仕上げる。


まさに職人技!



毎日、パンが食べたくなる美味しさに仕上げるのです。

ホットサンドメーカー ニュー・バウルー(ダブル) BW02