ひーちゃんの小宮

March 20 [Sun], 2016, 21:51
意外に思われるかも知れませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしてください。
亜鉛が卵巣に働聴かけ、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。
女性のみならず妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意して下さい。
亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成を手助けしてくれるというワケです。
亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。
ぜひご夫婦で亜鉛摂取をはじめてみるのが良いと思います。
不妊の一因は冷え性だともいわれています。
体温低下で血行不順になるとご飯から摂る栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)が体に有効に行き渡らず、生殖機能が低下することが知られています。
冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。
血流のわだかまりを解消し、代謝機能を底上げするだけでなく、ストレスを和らげる効果もあります。
冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
ところで、葉酸とはどのような栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)として知られています。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)です。
それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。
また、流産といった危険性を減らす効果があります。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。
また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。
ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)の調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
中でもヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)は、ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)の調整に大変有効です。
ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)の深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)が整っていくのです。
パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時からはじめることが出来るのです。
軽い運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)は簡単に実践できて、効果の高い妊活だといえるはずです。
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。
葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を願望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)なんですよね。
普段のご飯でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、ご飯をするのも辛い時がありますよね。
そうすると食べ物からの摂取が難しい時もありますよね。
そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、ご飯は控えめにして、葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸持ちゃんと摂取できるというワケですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウスケ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nevtdshoi5mecu/index1_0.rdf