後期高齢者の医療制度って?

March 25 [Mon], 2013, 19:19
後期高齢者の医療制度は、75歳以上の高齢者などを対象とした医療制度で、平成20年4月から施行されています。
それまでは高齢者は各自で国民健康保険に加入するか、家族が加入する健康保険の被扶養者として医療制度の適用を受けていました。
しかし、高齢化の深刻化等に伴い医療費が膨大になり、若い世代だけでは医療費の負担を賄えなくなってきたため、後期高齢者医療制度を設けて、75歳になると強制的に既存の医療保険制度から脱退し、後期高齢者医療制度の適用を受けることになります。
この制度では相応の保険料負担が求められますが、医療は1割の自己負担で受けることができます。
なお、保険料は年金額が月額1万5千円以上の場合には年金からの天引きが原則でしたが、現在は口座振替も選べるようになりました。
月額1万5千円未満の年金を受給している場合は口座振替または納付書による支払となります。
保険料は所得に応じて公平に負担することとなっていますが、特に所得が少ない方は保険料の軽減措置もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:neueu98
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/neueu98/index1_0.rdf