寝つきが悪い、目覚めが悪い、疲れやすい、そんなときの対処法!

May 22 [Fri], 2015, 18:30
寝つきが悪いので目覚めが悪く、
ぐっすり眠れないので疲れやすく、
仕事にも影響が出てしまって…

あなたはそのように悩んでいませんか?



それは自律神経が乱れているからかもしれません。


自律神経とは、交感神経と副交感神経の
2つの神経から成り立つものです。

交感神経は興奮させる働きのある神経ですが、
日中は交感神経が優位になるので活発に活動できます。

副交感神経は交感神経の逆の働きをする神経で、
安静させる働きがあります。

夜は副交感神経が優位に働くので、眠たくなるのです。


しかし、自律神経が乱れると
夜になっても副交感神経が優位にならず
交感神経が優位のままになってしまいます。

そうなると、興奮している状態が続き安静できなくなります。

ですから、眠れなくなるのです。


自律神経が乱れる原因は、
ストレス、夜型の生活、などです。

ストレスは交感神経を優位にします。

ですから、ストレスを溜め続けてしまうと
交感神経が夜になっても優位のままなので
眠れなくなってしまうのです。

また、夜寝て朝起きることが前提で人間の体は作られていますが、
夜寝るのが遅く、朝起きるのも遅くなると、
自律神経をはじめ様々な体内器官が正常に働かなくなります。


その2つを解消すれば、
寝つきが良くなり、朝の目覚めも良くなるので、
日中疲れにくくなるのです。


ただ、仕事などでどうしてもストレスがたまりますよね。

また、夜遅くまで仕事をしていると、
早寝早起きをするのが難しいですよね。


そういう時は、自律神経の乱れを整える働きのある成分
セロトニンを積極的に摂るといい
でしょう。

セロトニンを増やすには、その原料である
トリプトファンを多く含む食品をたくさん食べるといいです。

大豆製品、乳製品、卵黄などに豊富に含まれていますよ。


また、サプリメントで補うこともおススメです。

「月の休息」は、セロトニンの原料となるトリプトファンを
はじめ、睡眠をサポートする成分が配合されているサプリです。


まずは7日間実感セットで試してみてはいかがでしょうか?
↓  ↓  ↓
















.