布団に入っても目が冴えて寝付けないから不安になってまた眠れない

April 28 [Tue], 2015, 20:36
布団に入って、1分で寝てしまうって、凄まじく寝つきのいい人が
とってもうらやましい私です。

私大人になってから、寝つきが良かったなって感じたことほとんどないんです。

いつも、布団の中で起きたまま、1時間、2時間、3時間と時間が経過してしまいます。


やっと眠りについたところで、目覚まし時計に起こされるんですね、
さっき寝たばかりなのに、もう朝なのって重たい体を無理やり起こす、
そんな毎日が続くんですよね。

困ったことに、昼間は眠くなるんです、
夜あれだけ眠れないのに、昼間はほんと眠くて、
電車の中とか座った瞬間に寝ていたりします。

でも、仕事とかあるので、眠いのを我慢して、
重い体に無理して仕事をしている感じです。


さすがにこのままではいけないって思って、
私も色々試してみたんですね。

ネットを調べてみると、寝つきが悪いのは、
寝る前にリラックスできていないからだって言われていますよね。

体は疲れていても、脳が活発に活動しているせいだって。

だから、テレビとかパソコン、スマホを夜寝る前に見るのは良くない、
そして、半身浴とかお風呂にゆっくり入って、
リラックスしてから寝ましょうって。


実際にこれができるかっていうと、難しくないですか?

家に帰ったら、やっぱりテレビが楽しみなので、見てしまいます。
そして、パソコンやスマホも気がついたら見ていますよね。

時には、家で仕事をすることもあるので、
寝る直前までパソコンをしていることもあるんです。

半身浴に1時間とか時間をかける時間もないので、
お風呂に時間をかけられたらいいなって思いながらもできてないんです。


こんな状況の私でも、時間を見つけて
パソコン、スマホを使わない日を作ってみたんですが、
一日とかでは、効果があるのか分からなかったんです。

気長に続けるといいのかもしれないですが、
現実的にはそうもいかないんです。


他の方法で、寝つきをよくする方法がないかって色々調べてみたんですね。

ポイントは、脳が活発に活動しているので、眠くなりにくいと思われるので、
脳をリラックスさせて、眠りにつきやすくすることだなって。

脳をリラックスさせる栄養素とかないのかなって。

調べてみたら、セロトニンが感情を安定させて、
休息をしっかりとることに関連している物質だって分かりました。

セロトニンが不足すると、しっかり休息が取れなくなるんですね。

セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られるんですが、
この必須アミノ酸は体の中で作ることができないので、
食べものとして摂取することが必要なんです。

トリプトファンは、肉、魚、豆、ナッツ、
豆乳や乳製品に豊富に含まれています。

だから、これらの食品を意識して食べることで、
必要量を摂取することができるんですね。


ただ私にとって問題なのは、外食が多くて、
必ずしもバランスのいい食事ができないということ。

つい食べたいものに偏ってしまって、
栄養バランスまで気が回らないんです。

外食の時に、必須アミノ酸トリプトファンが十分に摂取できたかなんて
ほとんど考えないですよね。

そこで私が選んだ方法は、
必須アミノ酸であるトリプトファンや、ナイアシンをサプリで補う方法です。


サプリで必要量を補うことで、
食事で摂れたかどうか心配すること無くなりますからね。

私が選んだサプリは「グッドスリープ」です。
セロトニンの生成に必要な必須アミノ酸がしっかり配合されていて、

不足すると、イライラしてしまうギャバも配合しているんです。


愛用者の声を見ていると、私と同じように布団に入っても眠れなくて、
昼間睡魔が襲ってきて、昼寝してしまうことが多かった女性が
グッドスリープを飲み始めて自然と眠りに落ちるようになったってコメントしてます。

全く私と同じ状況だった人の喜びの声を聞いたことで、
ぜひ一度試してみたいって気持ちが強くなりました!

今なら送料無料で、しかも通販限定の割引価格で購入できるんです。

早い人は1か月で効果を実感しているみたいです、
お得な割引価格で試してみて、効果を実感できたら続けるって感じで
気軽に一度試してみようと思っています。

購入は通販限定みたいなので、
気になった人は下の画像をクリックしてチェックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓↓