ショッピングサイトを開設してインターネット通販を始めよう。ネットショップの作り方、開業、開店方法を解説。

ショッピングサイトの開業に必要なものを準備しましょう! / 2010年10月31日(日)

ショッピングサイトの運営に最低限必要なものとは?

インターネット接続環境と、PC・周辺機器が必要なことは言うまでもないですが、
その他に必要な機材について見ていきましょう!!

納品書などを印刷するためのプリンターは、インクジェットでも問題ないですが、
複写式の統一伝票などを印字するには、ドットプリンターが必要です。

商品撮影のためのデジタルカメラは、既に購入済みでも、
三脚、照明機材、レフ板、背景紙などは用意出来ていない場合もあるので注意しましょう!

インターネット通販とはいっても、電話での応対、FAX注文なども受け付けるなど
問い合わせ窓口は、複数用意するようにしましょう!

固定電話・FAXについても出来る限り用意したほうがよいでしょう。


ネットショップでは、顧客情報を扱うため、ウイルスや、スパイウェアなどに対しての
セキュリティー強化や、ウイルス対策は必須です。

ウイルスソフトを常に最新にしておくだけでなく、
プロバイダーのウイルス対策に加入するなどの対策を実施しましょう。


また、ショッピングサイトを運営する上で、
フォトショップ等の画像加工ソフトや、ホームページビルダー、ドリームウィーバーなどの
HTML作成のソフトを購入し、更新作業が行える環境を整えましょう!

商品発送の際の梱包資材は、
割れ物、生ものなどを扱う場合は特に注意しましょう。

ネット通販の場合ギフト需要が多いため
化粧箱などあらかじめギフト包装に対応できるようにしておくと
GOODですね!




 
   
Posted at 20:42 / ショッピングサイト開業の準備 / この記事のURL
コメント(0)
ユーザーの興味を引くキャッチコピーを作ろう / 2010年10月01日(金)

ショッピングサイトでは、キャッチコピーが大事です。

ショップのタイトルや、商品名など
ユーザーの関心を引かない限り、ショップサイトへの来店や、
販売ページにユーザーを誘導することはできません。


そこで、ユーザーの興味を引く役割をするのがキャッチコピーです。


ネットショップでは実物を見れないため、
写真、文章、最近では動画などを活用して
商品の情報を伝えます。


それぞれ伝えたい情報を伝えるために
最大限活用していく必要がありますが、


誰に対して、何を伝えたいのか?を明確にすることが
基本的な考え方になります。

なかでも、キャッチコピーは、
お店や、商品の販売ページへの誘導という意味で
最初に改善するべき事項となります。


キャッチコピーの作り方としては、

・利用シーン、対象となるユーザーを入れる
・産地、メーカー名、ブランド名などの記号を入れる
・○○円引き、○○%OFFなど割引率の表示
・母の日、クリスマス、お中元などの季節感、イベント表記
・店長おすすめ、一押しなどのキーワード
・個数限定、期間限定など飢餓感

などなど

いろんな角度から攻めて見ましょう

最初のうちは、他のショップを参考にしたり
他業種のサイト、雑誌などの紙媒体をまねしてみるのも方法ですね。




 
   
Posted at 00:41 / ショッピングサイト運営のコツ / この記事のURL
コメント(0)
食品のショッピングサイトは商品画像がめちゃくちゃ重要 / 2010年09月28日(火)

商品画像の出来栄え次第で、
ショッピングサイトの売れ行きは大きく左右されます。

特に、グルメ、スイーツ、食品のネットショップでは、
商品ページの商品写真を変えるだけで、購買率が何倍も変わったりはざらにあります。

食品を販売するショッピングサイトの場合は、
なんといっても写真がとにかく重要です。

そのため、食品のショップ運営者で、
写真撮影に自信がない場合は、外部のカメラマンや、撮影業者に
撮影を外注するのも、ショッピングサイトの成功には必要になります。


しかし、予算があまりかけられない場合や、
商品の入れ替えが頻繁に起こるばあいは、グルメ・食品ジャンルのネットショップでも、自分で写真撮影を行っているネットショップがほとんどです。


自社で商品撮影を行う場合は、
デジカメ、照明機材、三脚、背景紙などの道具をそろえるだけでも
それなりに写真の見栄えは変わってきます。


また、商品画像の演出として
ユーザーがその商品を購入した後の利用シーンや、
購入者のベネフィット(カニであれば、家族の笑顔など購入者の得られる便益)を表現できるとよいです。


商品単体を撮影する場合でも
ロールケーキや、チーズケーキなど洋菓子類はお皿に盛り付け、コーヒー、お茶などと一緒にティータイムの風景を撮影したり、

子供や、家族がおいしそうに食べている画像で
ベネフィットを表現してみるとよいでしょう。


また、肉や、肉まん、餃子など
グルメ系の商品の場合には、ジュージューといった焼いている写真や、
肉汁がジュワーなどの、シズル感を表現する画像が好まれます。


食品のショッピングサイトを開設する場合は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


 
   
Posted at 00:12 / ショッピングサイト運営のコツ / この記事のURL
コメント(0)
どのタイプのショッピングサイトを作る?お店を開く場所を決めよう! / 2010年09月23日(木)
開設する場所で、ショッピングサイトを分類すると、

大きく分けて、以下の3つの型に分類できます。

・ショッピングモール型

・独自ドメイン型

・オークション型


ショッピングサイトをこれから始める場合、
まずは、どのタイプのネットショップを開設するかを決定しましょう。

それぞれのタイプの特徴を解説します。


■ショッピングモール型

楽天市場・Yahoo!ショッピングなどの、大手ショッピングモールに出店して、ショッピングサイトを開設する方法。
ネットショップを開設して、運営するまでのシステムが一通り揃っており、集客や、販売力では圧倒的な強みがあるため、商品点数の多いショップや、ビジネスモデルで優位性のあるショップであれば一番結果を出しやすい出店場所。
売上に対してロイヤルティが発生するため、粗利の低い家電、自転車、日本酒、などのショップは注意。


■独自ドメイン型

自社ホームページで、ネットショップを開設し販売する方法。自社で一からシステムを構築する場合から、無料のショッピングカートを使った低コストの開店まで、もっとも幅広い出店場所といえます。ASPを利用した、ネットショップ構築システムでショップ運営を行う場合が多いですが、最近では、EC-CUBEなどオープンソースを利用したショップ開業なども最近の傾向として増えてきました。


■オークション型

Yahoo!オークション、楽天オークション、ビッダーズ、モバオクなどのオークションサイトに商品を出品して販売する方法。
古本、自動車パーツなどの中古商品や、低単価商材で回転率の高いショップ運営を目的とする場合に最適。本格的なショップをオープンするまえの市場調査目的の利用などにも。



これから、ショッピングサイトを作成するばあいは、
どのタイプのネットショップで開業するか考えて見ましょう。


 
   
Posted at 00:01 / ショッピングサイト開設の手順 / この記事のURL
コメント(1)
ショッピングサイト運営の仕組みを勉強してみよう / 2010年09月20日(月)

ショッピングサイトを開設する動機として、

「ネットだったら簡単にものが売れそうだから・・・」とか
「流行のインターネットなら楽して儲かりそう・・・」といった考えで

ネットショップの開業をすることは危険です。


十年前のインターネット通販黎明期であれば、競合のいない市場でショップをオープンすれば、その市場での1番店になれるという時代はありました。


しかし、今やインターネット通販の市場も競合がひしめく競争市場となり、もはや甘い考えでの新規参入では生き残れない状況となっています。


そのため、通常の商売同様に


ショッピングサイトの運営でも、商品仕入れ、販促企画、商品撮影、ページ作成、集客施策、顧客対応、などの受注までの部分の業務をしっかりと行っていく必要があります。


ネットショップ運営を行う上で、上記のような業務は必須になりますのでサイトの規模にもよりますが、商売として取り組む場合に専任の担当者は必要となります。


また、そのような事情からネット通販の業界でもアウトソーシングや分業化は進んでおり、商品仕入れ・在庫のリスクをメーカーや問屋が持つドロップシッピングという仕組みが、サラリーマンや、販売に専念したい小売業で取り入れられたり、

ネットショップの店長代行や運営代行を成果報酬で請け負う企業なども出てきています。




 
   
Posted at 18:51 / ショッピングサイト運営のコツ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!