インターネットラジオを保存出来るMPX

September 14 [Mon], 2009, 13:41
皆さんは、インターネットラジオを保存した時に、音声がおかしかったり生で聞いた時とは全然違うと思った事は、ありませんか。

そんな時に利用すると良い商品がMPXです。

MPXは、テレビやインターネットラジオなどのストリーミングを通常放送されるより高い画質に加え高速で、保存してくれるソフトウェアです。

同じ商品を見たことあると思う方も少なくないとは思いますが、そのような多くの商品とは違う所は、MPX画質の劣化が一切見られないと言われている所です。

このように自身がある商品なので、もし購入して出来なかったり、説明の通りの効果が現れなかった場合は、一ヶ月以内であれば全額返済もしてくれるそうですよ。

インターネットラジオだとネットの回線を使ってラジオを流しているので、保存して聴いてみると音声が、違って聴こえたり、声が聞こえにくくなったりあると思われます。

それを生のラジオよりも、高品質でその上早く保存出来るのならば嬉しいですよね。

また、こんなに良くなるなら設定方法は難しそうですが、設定方法も手軽に出来るのも人気の秘密だそうです。

そして、おまけに世界中の3000以上のインターネットテレビやインターネットラジオ局が見られる番組ガイド付きで、キーワードやジャンルなどからの検索も可能だそうで、今後もどんどん追加されるそうです。

インターネットラジオを聴く機会が多いひとは、1度利用してみてはいかがでしょうか。

声優とインターネットラジオ

September 14 [Mon], 2009, 13:33
インターネットラジオは、インターネット上で聞くラジオの事です。

そのラジオには、声優も多く活躍しているそうです。

声優は別名ヴォイスアクターとも呼ばれアニメ、ドラマを始め、映画、テレビゲーム、吹き替え映画、ラジオドラマなどに主に声だけ出演する俳優の事を言います。

つまり声優はインターネットラジオでも重要な存在であるとも言えますね。

それでは、インターネットラジオ上でどういった活躍をしているのでしょうか。

まず1番ポピュラーなのが、自分が声優として活躍しているアニメのラジオ番組に出演している声優が多いようです。

例えば、「To Heart2」というアニメ。

「To Heart」からの続編になっているようで、声優やキャラクターは変わっていますが昔、To Heartをよくゲームやアニメなどで見ていた人には懐かしいと感じるかもしれません。

インターネットラジオでは、「To Heart2」の声優、柚原このみ役の落合祐里香さんと、向坂環役の伊藤静さんがDJを勤めています。

木曜日に放送していますので「To Heart」や「To Heart2」ファンの皆さんは1度聞いてみてはいかがですか。

     音泉・・・・http://onsen.ag/#monまた、声優であり、歌手である椎名へきるさんもインターネットラジオの番組を放送しているようです。

椎名へきるさんは、「トキメキメモリアル」などの声優の他にCDなど歌手活動など大変活躍している有名人です。

きっと多くいる声優の中で知名度は高いかもしれませんね。

その椎名へきるさんのラジオ番組「FACE TWO FACE」は、「JAPAN FM NETWORK」から配信されており、他にも多くのアーティストの配信を行っています。

     椎名へきる・・・・http://www2.jfn.co.jp/face/    JAPAN FM NETWORK・・http://www.jfn.co.jp/jfn_top/

日本のインターネットラジオ

September 14 [Mon], 2009, 13:19
So-netが運営しているWonder Jukeは日本で初となる聴き放題型音楽配信サービスで、純粋なインターネットラジオではなく、登録されている楽曲をユーザーがオンデマンドで呼び出し、ストリーミングで聴くことができます。

米国ではこうした聴き放題型のサービスが主流になっており、Wonder Jukeも同様の使い勝手を実現しています。

Wonder Jukeのディレクター内藤克彦氏はWonder Jukeを始動した理由を「米国の聴き放題型音楽配信は音楽ファンにとっては、素晴らしいサービスです。

しかし、日本では米国内の利用に限定しておりCDならば輸入盤ストアに行けば世界中のCDを、当然のように購入が可能なのにネットでそれができないのはおかしい。

日本でもこの便利なサービスを始めたかった」と語っています。

Wonder Jukeの場合は、楽曲の買い付けをAIMというイギリスの独立系の音楽協会を通して行っており、サービス開始直後は海外のインディーズの音源を土台にしています。

そして今後はジャズ系やコンサート系の音源も配信する、予定をしているのでこれからのジャンルの多様性も楽しみですね。

そして一方リアルネットワークスは、約1年程前に新プレーヤーRealOneを発表し、8月末より有料のネットラジオサービスを、開始したそうです。

曲数は6万曲相当と言われていてWonder Jukeと比べれば多い方です。

インターネットラジオとは

September 14 [Mon], 2009, 13:09
インターネットラジオは、名前の通りインターネット上で放送するラジオのことです。

「ネットラジオ」・「ウェブラジオ」・「ネトラジ」などと略して呼ばれる事もあります。

インターネットラジオは、チューナーがなくパソコンとインターネットに接続出来る、環境であれば誰でも聴いて、放送することが可能です。

FM局やAM局のように普通のラジオ番組だと、電波で配信されるラジオ局などは個人で番組を作ることは難しいですよね。

しかし、インターネットラジオだと、自由自在に自分の好きな番組を作って視聴者に聴いてもらうことが、可能なんです。

それに、電波を使わずにインターネット上で曲や番組を配信するので、ラジオを聞く時に必ず付きまとう雑音を気にする事もなく、他にも日本のラジオは地域に限られていますがインターネットラジオは世界中の番組を聴く事が可能です。

インターネットラジオは、このように沢山の魅力がある事も最近人気が出て来た秘密です。

また、パソコンを使って勉強中やメールをしながらでもインターネットラジオを聴く事が出来、再生や録音なども簡単だし、チューナーいらずで多くの番組を雑音をなく聴く事が出来るなんて、インターネットラジオはこれからポピュラーになりそうなラジオですね。

皆さんも1度利用してはいかがですか。

いろいろなジャンルから選べるのできっと皆さんの好きな番組に出会う事がが出来、ラジオ以上の手軽さにビックリすると思いますよ。

インターネットラジオ局「T-WAVE」

September 14 [Mon], 2009, 12:56
インターネットラジオ局の「T-WAVE」は、京都にあるT-STEP Corp.が運営する放送局です。

「T-STEP」では、インターネットやCD-ROM等デジタルコンテンツを利用したビジネスプロモーションの、開発を手がけています。

では、どういった番組を放送しているインターネットラジオ局でしょうか。

まず1つは、リラクゼーションサウンド?1/fゆらぎ?です。

このインターネットラジオ局は、リラクゼーションを目的とした波のバッググラウンドを放送しています。

そして、「1/f ゆらぎ」の法則は、自然界に普遍的に見られる現象で、あらゆる自然現象の動きの元となる法則で、規則性はないですが、ある法則性をもつ原則なのです。

例えば、波のさざなみや炎のゆらめき・小川のせせらぎ・そよ風などで、これは私たち人間の心拍のリズム、生体のリズムと、同じだということがわかり、つまり、このリラクゼーションサウンドを聞くと、環境下においてヒトはα波を発し、快適にリラックスして過ごすことができると考えられています。

「T-WAVE」が持つもう一つのインターネットラジオ局が、ラジオの昔話です。

このインターネットラジオ局は、子供達の美しい心・豊かなイマジネーションを育てるために開設されたラジオ放送局です。

週変わりで、お話は変わりますが、随時4話程お話を用意してくれていますので、子供も飽きることなく聞くことが出来ます。

また、お母さんや保育士さん達が聞いても読み方などの勉強になると思います。

どちらも無料ですので、1度聞いてみてはいかがですか。

ライブドア、インターネットラジオ録音ソフト販売

September 07 [Mon], 2009, 23:37
ライブドアは、「インターネット ラジ録」を2月25日に発売しました。

標準価格は8,379円だそうです。

このソフトウェアは、インターネットラジオ番組の録音や音声ファイルなどの編集機能を備えたソフトウェアだそうです。

インターネット ラジ録は、インターネットラジオの番組をストリーミング再生中に録音出来るソフトウェアで、他にもインターネットラジオ局「ねとらじ」や世界各国のインターネットラジオが約500局もプリセットされています。

もちろん好みのジャンルのラジオを検索出来る「オンラインサーチ機能」も搭載されており、MP3で録音したインターネットラジオ局を、OGGやWMAなどを別のフォーマットへ変換したり、ビットレートとサンプリンググレートを交換する機能もあります。

編集機能として、録音した音声ファイルの不必要な部分を削除できる機能や、音声調整・フェードイン/フェードアウト機能、簡易エフェクト機能も搭載しております。

機能は、インターネットラジオの録音機能だけでなくDVDやビデオなどから音声データを取り出し保存が出来る、「オーディオリッパー機能」や、PCの外部入力端子などに接続されて機器から録音するアナログ録音にも対応しています。

しかし、CCSプロテクトの施されている、DVDなどからの音声データじゃ、取り出しが不可能で、他にもDVD-ROMやオーディオDVDなどの、DVDフォーマットは使用することが出来ません。

もちろん保存した音声ファイルを音楽CDなどとしてCD-Rなどに書き込みも可能ですし、作成したCDを複製できるコピー機能や、オーディオプレーヤーへの音声ファイル転送にも対応しています。

インターネットラジオの文化放送

September 07 [Mon], 2009, 23:16
文化放送は、インターネットラジオ放送局を主軸とした新事業「雷電(ライデン)」を展開しました。

文化放送は皆さんも名前を聞いたことあるように、ラジオを始め、CMなどいろいろな物に力を入れている放送局です。

その文化放送がインターネットラジオを中心した雷電を展開しているのです。

雷電とは、「音楽や映画やらのごった煮で。

まんべんなくは嫌い。

なるべくあたりさわりのあるものをお届けする、ラジオとインターネットを中心とした、クロスメディア放送局です。

」また、番組は提携プロパイダの会員を対象に発信しています。

「雷電」の「雷」は「ブロードバンド」、「電」は「ラジオ」を象徴していて、この事業展開の背景には、「放送と通信の融合で賑わわない日はないという現状があり、慢性的なコンテンツ不足にある」と雷電は言っています。

その中で、「ラジオの課題は『リーチの拡大』で、結果としてメディアとしての立ち位置の確保に繋がる」(三木明博氏・文化放送代表取締役)として、ラジオの生き残りに賭けています。

今後は年4回を目安として、恒常的に企画運営をおこなっていく予定で、第1弾企画「SHOW-YA 大復活祭」は現在実施中なので、10月23日に行われた同名ライブの特番をラジオで放送済ませました。

そして11月6日には寺田恵子さん(ボーカル)の新番組「Rock'n Rose」を開始しており、11月11日からは、ライブダイジェスト映像を協力36プロバイダにてVOD配信しました。

インターネットラジオで聴くJ-POP

September 07 [Mon], 2009, 23:04
インターネットラジオ局のリアルネットワークスは、約1年前に新プレーヤーRealOneを発表し、そして8月末より有料のネットラジオサービスを開始したそうです。

曲数は6万曲相当とWonder Jukeと比べるととても多いですが、オンデマンドなので好きな曲が必ず聴けるわけでもなく、これで月額900円というのは利用者から見て料金的に割高感があります。

しかし、RealOneサービス本部長森勉氏は、「あくまでこれは、来るべき音楽配信サービスへの始めの一歩で、現在は日本のレコード会社と調整中で、年内には国内のJ-POPを流すインターネットラジオサービスを始める予定です。

また、米国のRhapsodyという聴き放題型サービスの日本展開も考えているので、早ければ1年後くらいには日本の音楽が流れる聴き放題型サー ビスが提供できるのではないでしょうか」とは語っていました。

このように2・3年近く前から積極的にネット展開を進めてきたリアルネットワークスのインターネットラジオなのですが、米国の音楽配信とは違って日本の音楽配信は、カタログ数や価格など他にも使い勝手などの面で大きく劣っていると言えます。

そしてこれが、日本での音楽配信が進みにくい最大の理由だと考えられています。

また、東芝EMIやワーナーの参加するインターネットラジオの放送局du-ubも8月末でなくなってしまい、複数のレコード会社で構成されるレーベルゲートも、SME以外の会社ではあまり積極的に楽曲を提供していません。

米国のiTunes Music Storeの成功や、聴き放題型サービスの台頭に倣って、次に踏み出すのかそれともdu-ubのように、完全撤退の方向に向かってしまうのかは、日本の音楽配信が転換期に来ていることは間違いないと考えられますね。

これまで、日本で音楽配信が進まない最大の理由は「大手メジャーが消極的」ということでしたが 、それも昔の事で、最近ではブロードバンド環境の整備や、米国のiTunes Music Storeの成功などで、徐々に態度が軟化しつつあり、数年後にはインターネットラジオで最新J-POPを楽しむというライフスタイルが当たり前になっているのかもしれないですね。

インターネットラジオで洋楽を聴いてみよう

September 07 [Mon], 2009, 22:52
インターネットラジオはインターネット上で聴く事が出来るラジオ放送のことです。

インターネットラジオは、通常のラジオより幅広く色々なジャンルを聴く事が可能です。

皆さんは、どんな音楽が好きですか。

邦楽やクラッシック洋楽を好きな人も沢山いると思います。

ここでは、洋楽を聴く事が出来るチャンネルを案内したいと思います。

まず「SOUND BANKS」は、若者に人気のHIPHOPやR&B、REGGAEなどのジャンルを放送しています。

もちろん今流行の曲を始め、クラブで流れている時のランキングなど、番組は盛りだくさんです。

HIPHOPやR&B、REGGAEが好きな人には楽しく聞ける番組ですね。

もう1つは、リアルミュージック。

その日の気分にあわせて、好きな音楽を好きなだけ聴け、楽しめます。

インターネットラジオ「リアルミュージック」がサービス開始しました。

リアルプレーヤーならではの高音質で、邦楽、洋楽からクラシックなど 様々なジャンル、アーティストの音楽を楽しむことができます洋楽を含む邦楽やジャズなどが聴き放題です。

月額は税込み945円で聴き放題。

洋楽のヒットソングなども満載ですし、広告に邪魔されることないし面倒なダウンロードもなく、好きな音楽が24時間ノンストップ、聴き放題で楽しめるサービスです。

ネットやメールをしながらでも聴く事が出来るので、皆さんもインターネットラジオで好きな洋楽を楽しんでみませんか。

インターネットラジオ局の作りかたを解説します

September 07 [Mon], 2009, 22:40
インターネットラジオは、普通の回線を繋いだラジオとは違い自分でラジオを作る事が可能です。

では、どういった手順でラジオを作る事が出来るのでしょうか。

それでは、必要な機材から紹介しましょう。

まずは、インターネットを使うのでもちろん「PC」は必要ですね。

PCはインターネットが可能な環境であれば、だいたい大丈夫でWindowsかMacだとソフトも揃っているので問題は無いそうです。

そして「マイク」はないと話になりません。

PCに付属しているようなマイクでも声はとれるので使ってみるといいですね。

しかし、ノートパソコンに内臓されてるマイクでは、極端に安いマイクだとノイズが酷いこともあるので少し高価な物が良いと思います。

「録音装置」か「HDD」と音声を取り込むための「ピンケーブル」で数百円からあります。

しかしマイク一本でPCに直でつっこむ場合はとりあえず必要はありません。

録音するだけなら必要ありませんが、「ミキサー又はマルチトラックレコーダー」も必要です。

制作の流れはWAVE録音ソフトを立ち上げ録音スタートです。

あらかじめ録音しておいたカセットテープをPCに接続して再生するか、PCにつっこんだマイクで喋って下さい。

録音レートは44100Hz16bitでトーク番組ならモノラル録音で十分と言えます。

次に出来上がったWAVEファイルを編集して、いらない部分を切除したり加えたりしながら完成形を作りますが、一番注意するのは音量の調整で音が割れてないぎりぎりまで音量を上げてやるのが基本です。

最後にWAVEファイルを、Windows Media エンコーダーを使って.wmaファイルに変換して下さい。

何故ならWAVEファイルのままではサイズが巨大すぎてUL出来ない為、変換レートは28k?64kあたりが無難です。

そして完成した.wmaファイルを自分のHPスペースにULし、またファイルにリンクを貼ればDLしながら聞くことが出来ます。

皆さんも1度思い出として作ってみるといいですね。