寝違えと治し方について

 
朝、目が覚めて首が痛かったり手足が痺れていたりした経験はありませんか?首の筋が張って激痛に襲われたことはありませんか?これらは良く知られている「寝違え」の症状です。
寝違えと聞くと、しばらくしたら治るとか放っておけばいい、なんて思われる人が多いのですが、実は放っておく事が出来ない馬鹿に出来ない症状でもあるのです。酷い場合には障害ともなる物なので、きちんと対処する必要があるのです。
寝違えの詳しい原因はハッキリしていないのですが、寝ているときの姿勢と腕の位置が関係しているという説が有力のようでもあります。
寝違えの治し方には、程度によっても分ける事が出来ます。ちょっと張ったような感じがする場合は、冷湿布による処置が効果的です。症状が少し重いようならば、湿布よりも氷によるアイシングが効果的です。
でも、氷によるアイシングを長時間続けると、凍傷を起こす危険があるので3分ほどに時間を限り、時間を空けてからまたアイシングするといった事がお勧めです。
寝違えでも症状が重く、なかなか改善が見られないときの直し方は、病院での診断と治療が必要になります。病院でもアイシングによる治し方を進めていますが、酷い場合にはロキソニンなどの鎮痛剤が処方されます。
最近でも鍼灸を用いた治し方に効果があると言われ、この他にも漢方薬を併用すると更に症状が緩和されます。また、寝違えは筋肉が筋張っている状態になっているので、整体やマッサージによる治し方もお勧めです。
寝違えの治し方は色々あり、対処法も様々です。自分で症状を緩和させることも出来ますが、寝違えではなく神経系の障害である事もあるので、何度も経験されるような人は一度診察を受けられた方がいいでしょう。病院での治療の方が、直ぐに改善できるので、余計なストレスを感じずに済むことも出来ます。

寝違いと神経系の違いをチェックする方法と治し方

 
朝起きると首筋が痛かったり、手が痺れていたりしたことがありませんか?ちょっと首を曲げると激痛が走ったり、上を向くのが辛かったり起きるのも嫌になったりしますよね。
寝違えは痛みと一緒にストレスも感じる物で、一日中嫌な気分になりますよね。それでも寝違えは直ぐに良くなるとか、一日経てば良くなるとか思って、きちんとした治し方をしていない人が多いです。実は寝違えには通常の炎症による物と、神経系の障害によるものの場合があるのです。
寝違えか障害かによっては、治し方も違ってきますし、症状の程度も違うので注意が必要です。神経系の障害と区別をするために、自分でチェックして見ましょう。
先ず掌を前方に差し出して痺れがないか確認します。目の動きにも不自然な物を感じないかもチェックです。
他にも膝やアキレス腱の反射を確認するのです。ここに痺れが感じられたら、神経系の障害による物と考えられます。
寝違えでも治し方には自分で処置する方法と、病院での治療があります。できれば自分で解決しようとするよりも、一度は病院の診察を受けた方が効果的な治療を受けることが出来ます。
寝違えでも症状が重い場合は特に、病院で処方される鎮痛剤が一番の改善策です。もちろん鍼灸院や整体といったところでの治し方も効果があり、張っている筋肉を解すことが出来るのでお勧めです。
中には寝違えを度々起こすような方がいますが、こういった事がある人は、医師の診断を受けましょう。寝違えは放っておくと一ヶ月も痛みが継続する怖い障害でもあるのです。きちんとした治し方による改善が、ストレス解消への早道です。