ネタ*バリ 

April 06 [Wed], 2005, 21:23
こんにちは!!NETA*VARIETYに来てくださりありがとうございます!!

これからバンA色んなネタを書こうと思うのでよろしくおねがいします★
つまんなくても見逃してください!!笑)

『なくし病』前半 

April 06 [Wed], 2005, 21:32
ある日、俺の彼女がある病気にかかったと病院から連絡がきた。
俺はすぐさま、彼女が入院している病院に向かった。


「先生、それで彼女の病名は…」
「『なくし病』です」
「『なくし病』??」
「はい、『なくし病』とは自身が持っていたものを無条件でなくしてしまうというものです。しかも本人には自覚症状がないのです」
「…そんな病気聞いた事ないですけど。。。」
「ええ、この病気の患者は彼女の他にあと1人しか確認されてないんです」
「1人しか!!」
「ええ、その女性はアメリカの方で、彼女がいつも大事に持っていた『たいまつ』をなくしてしまったという…」
「『たいまつ』を…」
「その次はいつも大事に持っていた『聖書』を…」
「それでアメリカは今大変なことになっているのです」
「何故ですか??」
「彼女がアメリカの象徴だからですよ」
「象徴…ってことは自由の女神!!??」
「ええ、でも今は『なくし病』のせいで不自由の女神ですがね」


彼女の病室に入る前、そんな話を院長からされた。

そして最後に『絶対本人にこのことを言ってはいけませんよ』と念をおされた。

俺は正直信じられなかった。
『なくし病』にかかっているもうひとりの患者は『自由の女神』っていうのも信じられないのだが、それより彼女がそんな病気にかかってしまっているということが一番信じられなかった。
でもこんなことを考えていると彼女に不自然な態度をとってしまうだろう。

俺はそんな思いをふっきって彼女のベットがある病室のドアを開いた。

ドアを開くと、肩ぐらいまである髪を風で揺らしながらこちらを笑顔でみる彼女が見えた。
それはいつもと全然かわりがない。

『なくし病』後半 

April 06 [Wed], 2005, 21:42
「あ、健一くん」
「春香大丈夫か???」
「うん。全然平気だよ。体調いいし、明日で退院できるって先生が言ってた」
「そっか、よかった。」
「うん。ありがとう。ぁ、そうだ、私健一くんからもらったこないだの写真なくしちゃったんだよね。。」
「なくした??ぁ…そっか。うん、大丈夫だよ。写真ならいくらでも焼きまわしできるし」
「うん、ありがとう。ぁっ、そうだ!なくしたといえば健一くんからもらった指輪、あれもなんかなくしちゃったの…」
「ぇ、あれも??ん、まぁしょうがないよ。また買ってあげるから」
「ごめんね。せっかく買ってくれたのに。。あ、そうだ!!私健一くんのペットのタマ!!あれもどっかいっちゃった。。」
「ぇ!?タマが!?!?…うんじゃあ、あとで探してみるよ」
「うん。ごめんね。」
「いや、いいよ。そうだ!!退院したら俺ん家でまた一緒に暮らせるんだよな!!俺さびしくってさぁ〜」
「あ、それで…言わなくちゃいけないことがあるんだけど。。」
「ん??なに??」
「あのね、私、健一くん家の合鍵なくしちゃったの??」
「え…ああ、そんなのまた作ればいいから、大丈夫だよ」
「…まだ気付かないの??」
「え??何が??」
「なんで私が健一くん家の合鍵なくしちゃったのかまだ気付かないの??」
「え…それは。。。」
俺は話の最後の院長の言葉をおもいだした。
『本人には絶対に言ってはいけませんよ』
言ってはいけない。いけないんだ。。
「それは、なくしちゃったからだろ??」
「ただなくしちゃっただけだと思ってるの??」
「…うん」

その瞬間、病室のドアが開いた。そこには院長が立っていた。

「あ…院長」
「おや、まだ健一さんいらしたんですか??」
「なんで俺の名前を??」
「…この際だから言っちゃうね」
「春香??」
「実は私、この院長のこと好きになっちゃったの」
「え??だってお前には俺が!!!」
「なんかね、昨日ぐらいから、充徳くんへの熱が一気に冷めちゃったの」
「え!?だってそれは!!」
「…健一さん。『言ってはいけませんよ』」
「え!!だって!!!」
「だから、ごめんね。私、退院したら彼の家に住ませてもらうの」
「…そんな。。。」


病院を出た後、俺は改めて気付かされた。
『なくし病』のこわさを。。そして、人のこわさを。



「そぉいえば、健一くんに自分が『なくし病』にかかってるって教えたの??」
「いう訳ないじゃないか。だって『言ってはいけない』のだから…」

『なくし病』の反省文 

April 07 [Thu], 2005, 16:45
うわ〜。。最初だからこんなもんだと思ってくださっていれば最高なんですケド…笑)
おもしろくないっすよねぇ↓↓むしろちょっとホラ系な。。

結局このオチは、彼女も自分も『なくし病』にかかっていたというのなんですけど、直接には言ってないのでわかりにくい!!というかだからなんだって話になるんですが。。
安直に言っちゃあつまんないかなぁって思って言いませんでした。
どぉなんだろ…。。。

もしよかったらコメント等、叱咤でもかまわないのでよろしくおねがいします☆
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:netavari
読者になる
Yapme!一覧
読者になる