アートメーク、相談相次ぐ 医師なし施術横行 治療費トラブルも

October 31 [Mon], 2011, 9:01
 化粧をしなくても眉や唇などを美しく見せるとして広がりをみせる「アートメーク」に絡んだ相談が全国の消費生活センターに相次いで寄せられている。施術は本来、医師免許がなければできないが、サロンなどで違法に行われるケースが増加。失敗した場合などには治療費をめぐるトラブルに発展することもあるといい、国民生活センターは注意を呼びかけている。

 アートメークとは、針を使って皮膚に色素を注入することで、化粧をしなくても眉、唇、アイラインなどの色合いを美しく強調させる施術のこと。米国では「コスメティックタトゥー」などとも呼ばれる。

 全国の消費生活センターに寄せられたアートメークによる健康被害の相談は平成18年から5年で121件。「アイラインのアートメークをしてもらったが、誤って目の下に色が入ってしまった」「友人の自宅で施術したが、眉の形が左右でずれて形も変になった」といった被害が報告されている。

 また、目の周りや眉に皮膚障害が残るなどの被害を訴えるケースもあり、「眉の周りが赤く腫れ上がって痛みがある」「角膜に傷がついた」といった深刻な相談もあった。

 国民生活センターによると、アートメークは医師免許がなければ施術できないが、多くがフリーペーパーや友人の薦め、インターネットなどで情報を入手。医師のいないサロンや美容院、個人宅などで施術を受けていた。ネット上では施術器具が2万?3万円程度で販売されるなど個人が手軽に入手し、施術できる状態になっている。

 また、イメージと違ったり、失敗したりした場合に、治療費をめぐって、施術者側とトラブルになるケースも。除去には医療機関でレーザー照射を繰り返す必要があるなど相当期間の通院が必要で、自由診療となるため、費用も高額になるという。

 国民生活センターは「アートメークは入れ墨の一種。どうしても希望する場合は医療機関を利用するように」と呼びかけている。


性格分析で早期結婚を実現!恋愛・結婚情報サービス エンジェル

通勤・通学時間から住まいを検索できるハウスコム
ブランド★パラダイス
役立つ情報教材特集!
成功者への道
恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
最安値比較 オークション虎の巻
ゲーム帝王
家電芸人に負けないぞ
月刊桜坂通信
ペットフードの杜
借金相談 債務解決ねっと
究極の100%アフェリ報酬完全即金バック