日経反発・・ 

January 18 [Fri], 2008, 0:49
日経も、さすがに反発しましたが、どうせなら13000円付近まで下げてからの反発を期待していました・・
どうせなら年初来安値となってもらいたかったのですが・・
これだとまだ底打ちとは自身をもって言えないですね。
13000付近なら長期で強気で買ってもよかったのですが・・厳しいですね。
これが底なら今日買えた方の勝ちですが・・
私は13000付近を予想してましたので指値にひっかかりませんでした。

自分の思うところまでもう少し様子見でいこうかなと。

とにかく割安銘柄が多くて買いたい気持ちを抑えるのに必死です。

今回はリバがどこまで?
今日限り?みたいなこともありもすので慎重にいきます・・

ジョニー・デップ来日 映画『スウィーニー・トッド』の記者会見に登場 

January 11 [Fri], 2008, 0:36

相変わらずジョニーデップはカッコいいですね〜

ブラピとジョニーの映画はほぼ全てみてますよ

無から有を生み出すってか?

アロワナ! 

January 11 [Fri], 2008, 0:19
いつかアロワナを飼いたいのですが初心者なもので・・

いろんなサイトで情報だけは調べているのですが

とにかく大きな水槽が必要とのこと・・

アジアアロワナの神秘的な感じにうっとりです

愛犬の名前は? 

January 11 [Fri], 2008, 0:06
みなさんは何かペット飼ってますか?

家の愛犬の名前はミルクちゃんです

シーズーです。

家に来て11年目です

カワイイ子なんですよ!

今度、写真のっけちゃおうかな?

ミルクちゃんに許可とらないと・・・

株式投資家への道 

January 09 [Wed], 2008, 20:32
株式投資を始めてはや四年が・・

メインは小説なのですが、

趣味のブログなので、株話も始めようと思います。

保有銘柄注目株本日の取引など公開しようと思います。

小説読みがてら見てってくださいね


早速本日の取引を公開します。

本日の取引銘柄
ソネット・エムスリー(株) 【東証1部:2413】
始値326000で10株購入 、本日S高375000で引けてます
久々のS高にビックリしてます

326000円×10株 持ち越しです。
明日390000円あたりで利確する予定で・・早いのかな
40万もあるのかま〜頭は捨ててやれ、ですね!

ヤフーブログ株のブログを書いています。
昨日<リンク: http://blogs.yahoo.co.jp/julietteluis/938055.html>オススメ銘柄
に書いたとたんにS高なので・・・これからも書こうかなと・・次はS安だったりして(笑)


保有銘柄も後で公開しますのでお楽しみに

「その先にある自由」 第一章「プロローグA」 

January 09 [Wed], 2008, 20:08
      タイトル「その先にある自由」

新作 第一章「プロローグ〜A」


感情や意思を奪われたはずの進化人間の心に、何かモヤモヤした感じが徐々に強くなっていき、

その人たちの奥に眠っていたはずの、心の隙間に何かが芽生え始めたのだ。

力では無理・・それはこれまでの歴史が物語っている。

だからこそ国は、力による支配ではなく、平和という人の善の部分を利用したのだった・・

人の善の部分を使うこと・・そこまではよかった・・

しかし人間にとって、善と悪は紙一重であり、ましてや支配による平和が、善だけであるはずはなかったのだ。

善と悪・・・そんなもの、人の心が読めない限り分かる訳がないのだ。

善悪のわかる人間がいたのならこのようなことは、まず起こりえない・・

物事のとらえかたは、人それぞれであり、個人での判断は出来ない。

国にとって支配による平和というものはであったのかもしれない・・

しかし国民にとっては楽しいものではなかったはず・・

そして遂に、現れてしまったのだ・・

国にとっては、完全なる悪と呼べる2つの集団が・・

この時、国にはまだ、自分たちの進んでいくこれからの未来を、まだ知る由もなかっただろう。

国にとっては、いつでも消すのはたやすいと考えていた。

それよりも時代のトップであり、この政策の主導者である日本でこのようなことが起きたのが世界中に
知れでもしたら・・

世界中で同じ人間が現れたりしたら・・

その時のためにも、サンプルとして泳がせておいたのであろう。

しかし、その甘さがこの先、取り返しの付かないことになっていくのである・・

なぜなら、この2つの集団の団結力血のつながりすら超えていたからだ。

普通の感情、意思を持った、数人のリーダーの考えにより結集した集団なら、国にとって対処するのはたやすいだろう・・

それは国も同じだからである。

しかし、感情、意思を奪われた人間の、一人一人が自分自身で考え、同じ答えを出し、それにより行動し、たどり着いた場所が、たまたま同じ所であったならどうだ・・

偶然でもなく奇跡でもない・・必然であったなら・・

これより、この2つの集団により、この国は、どんどん狂い始めていくのである・・

この2つの集団の目的・・

それは国や国民のためでもなく、ましてや、地位、金、権力を得るためのものでもない。

一人一人が自分自身の頭で考え、それにより行動し、実行する。

本来の人間らしい自分自身でいるためである。

どちらの集団も、求めるものは同じであった。

この何百年もの間、奪われ続けていたもの・・

それは自由!

ただその一つ、自由のみである

では、なぜ一つではないのか・・

その答えは、自由という言葉にあったのだ。

言葉とは、その言葉を使う人たちの数だけ、意味が存在し、それらの人たちにより、さまざまな意味へと変わるのである

人格者〜覚醒 

January 09 [Wed], 2008, 1:22
小説ネット

 新連載スタート

第一章『多重人格者』



       1、第話 【 ??俺たち!? 】                  



僕は多重人格者なんだ。

多重人格って知ってる?

知らない?

そーだよね。

知らない人のほうが多いのかもね!

でも、僕から言わせれば、

それはただ気付いてないだけなんだけどね!

だから、多重人格を難しく考える必要は全然ないよ

みんなが思っているほど悪いものじゃないしね。

そうだな〜、みんなが分かりやすく説明すると〜

みんな学校行ったよね?

学校の自分のクラスを・・例えば40人とするよ?

一つの教室に40人で生活している訳だよね。

40人の中でみんなの考えは違うよね?

得意なこと好きなことやりたいこと

みんなそれぞれあるよね?

みんなで遊んだり、ときにはケンカしたり、励ましあったり、

みんながいれば、何だって出来るかもって思ったこと一度はあるよね?

そんな学校のようなものが、僕の中にもあって、

それで・・・

ん〜、僕もあんまりわかんなくなってきちゃった!

まぁ〜そんな感じかな?

大体わかってくれた?

僕はたくさんの人達と暮らしてるんだ。

ね?そんな悪いもんじゃないでしょ?

僕があんまり話すと怒られちゃうから、一度リーダーに変わるね!

またね〜、バイバ〜イ

「その先にある自由」 第一章! 

January 09 [Wed], 2008, 0:48
初投稿です。よろしくお願いします

「その先にある自由」

第一章「プロローグ・・

西暦2500年、世界は一つにまとまり、争いは完全になくなっていた。
これこそ人類が長い間、求めていたものだった。
しかし生きている全ての生き物には、意思があり、そして感情がある。
その中でも、一番複雑な意思、感情を持つ、ましてや人間という生き物が、たどり着けるとは神ですら予期していなかっただろう・・
それをどうやって可能にしたのか・・
答えは簡単だ。
それは平和による支配
人間らしいやり方というか、くだらない・・
結局は、支配でしか何も創り出せない存在・・
所詮、人とはそうして生きていく生き物。
しかし、やり方はどうあれ、争いが地球上から消えたのは事実・・これだけは、変わらない現実だった。
ここにたどり着くまで、人々は平和のためだけに生かされ、平和を求めて死んでいく・・
この繰り返しが、人の本能すら変えたのだろう・・
そして生まれてくる子供達は、争うこと、競うこと、その言葉の意味さえ知らず、次の世代へ継承していく。
これが行われ始めたのは、2200年頃、初めて世界の全ての国の代表が一箇所に集まり、決められたと言われている。
この時代、日本は圧倒的な軍事力を持ち、世界のトップに君臨していた・・と記述が残っているが、はっきりとした事実は残されてはいない。
なぜか、この時の記録がほとんど残っていないのだ。
そのため、空白の時と呼ばれている。
しかしこれが事実なら、この政策を先導していたのは日本であることは間違いだろう。
そして実行に移されていった・・
それ以降、何世代、何百年かけて人の手により、強制的に意思や感情だけを進化させてきた人間・・
現在では、進化人間計画と呼ばれている。
しかし、ひとつだけ想定外なことも起きていた。
進化人間には、本来人間が持っていたはずの、様々な意志や感情が著しく欠如していたのだ。
その中でも一番問題だったのは、向上心が極めて低く、人類が長きに渡って発展を続けてきた技術は、2500年頃をピークに減退の一途をたどっていた。
そこから言えることはひとつ・・
2500年頃には、本来の人間は滅び、全ての人間が進化人間になったということだった。
いや・・残っていた・
忘れてはならない・・
それは支配する側の人間達だ。
平和という言葉に支配されたのは、普段から平和に暮らしていた国民であった。
いざとなればその位のことをするのは、たやすいのだ。
平等なんてものこそ、言葉だけの偽りである。
平和によって国民が支配された瞬間だった・・
国にとって国民は、もっとも大切な存在である。
国は国民によって成り立つからだ。
しかし同時に、国にとって一番恐れる存在でもある。
なぜここまで支配にこだわったのだ・・
それも、世界の全ての国で・・
いったい国と国民に何があったのだ・・
しかし記録の残されていない今、それを知るすべはない。
世界中で何か異変があったのは間違いないだろう。
しかし・・・
支配というものだけでは、どれだけ人の感情を縛ろうとも、人の奥に眠る心までは縛れない。
感情と心とは全く別物なのだ。
現在まで、あらゆる支配が行われてきたが、理由はどうあれ、すべて崩壊しているのも、その事実が物語っている。
これだけは人であろうと神であろうと、変えることはできない自然の摂理なのだ。
国の恐れている時が、遂にきたのだ・・
支配崩壊が始まる時が!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:net-syousetu
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット
    ・読書
    ・テレビ
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像よしや
» 人格者〜覚醒 (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
»  「その先にある自由」 第一章! (2008年02月05日)
アイコン画像よしや
» 人格者〜覚醒 (2008年02月02日)
アイコン画像よしや
»  「その先にある自由」 第一章! (2008年02月02日)
アイコン画像たむら
» 日経反発・・ (2008年01月26日)
アイコン画像ネオニート
» 「その先にある自由」 第一章「プロローグA」 (2008年01月20日)
アイコン画像ネオニート
» 人格者〜覚醒 (2008年01月14日)
アイコン画像ネオニート
»  「その先にある自由」 第一章! (2008年01月14日)
アイコン画像ぁレヽゐ
» 人格者〜覚醒 (2008年01月12日)