上条とたかみん

October 19 [Wed], 2016, 21:31
妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切に摂取をつづけることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸の摂取を心がけてみてちょーだい。
不妊がつづく状態を打破するために、食生活を見なおしてみるのは大切だと思います。

精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、食生活が劣悪だと活発な卵子・精子は望めません。妊娠しやすい体つくりは子育ての下準備のようなもの。
偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。
葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だと言う事は、皆さんご存知かと思います。
しかし、どれだけ大切な栄養素でも、摂取量に気を付けてちょーだい。


これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸がふくまれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。


ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。

葉酸を摂りすぎると、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる事があります。
胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなると言うケースもあるようです。


葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進指せ、造血に必須の栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするのでそれだけで妊娠確率が上がるのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。造血作用で血液が増えることで、新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)に役たつのです。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。葉酸は多彩な食材にふくまれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜は持ちろん、枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。

普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)を利用してみてちょーだい。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いといわれているのですし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。葉酸は食品の中にふくまれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が多いと思います。

実は、葉酸と言うものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してちょーだい。


葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。



実際にはそのような事はありません。



葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症すると言うリスクを低減してくれると言う話では、妊娠初期が大変重要な期間と言う事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいと言う事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂にはたらきかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

こうした事を踏まえ、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。



適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促して、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが認められています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸のサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)や補助食品も多く売られていますし、その内特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。


一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症指せにくくするらしいのです。とはいえ、毎日あまたの野菜を摂取するのは大変ですよね。

そんな時には他の食材で補っても構いません。



例えば納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、いっしょに不足しやすいと言う共通点があります。普段の食事で得られる量ではナカナカ理想的な摂取量を満たすことはむずかしいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。最近は、こうした不足しがちな成分を全て含有しているサプリが開発されています。


葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できると言うワケですね。
ユウジンは彼女が妊活をしている時に漢方を欠かさず服用していたようでした。

その子によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。漢方をつづけていた彼女は、赤ちゃんを授かりました。
ずっと頑張っていたので、良かったと思っています。
妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
長男を出産した後でしたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていたように、排卵日を特定した後上手にタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。


妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が確認されるまでは少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。


ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。
妊娠前から妊娠3ヵ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけて欲しい栄養素で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げてくれるとの研究成果が出ています。厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)で不足分を補給しても良い選択だと思います。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。
食事内容は持ちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。

これらはカフェインが含有されていませんので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にまあまあ、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だと言う事が分かります。


実は、ルイボスティーには、貧血を予防すると言う効果があると言う話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nesoedosecmfeu/index1_0.rdf