亀岡だけど桜子

January 14 [Thu], 2016, 23:24
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは広がってきているのです。加えて、大会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しております。このようなケースは、社員としてその会社に入社することもありうるでしょう。修学旅行やツアーなどに共に行き、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤なしの職場を望んでいるものです。病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。産業看護師とは一般企業で働く看護師です。看護師と聞くと病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を設置している会社もあって、そこで仕事をしている人もいます。仕事の内容や役目は勤務する会社によって色々ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは必ずすることだと思います。看護師が転職をするには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが大切です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿を明確にして、その希望に沿った転職先の情報を集めてください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。看護師の勤めているところといえば、病院だと思うのが一般的でしょう。しかし、看護師の資格を使える職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。看護師免許を得るには、何通りかの道があります。看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して勉強するという条件があります。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。国の指針では、月に8回までとされていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤め先の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、体調を崩しやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。希望通りの病院などに転職するには、情報の収集が重要になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:涼太
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nermusw4ese1oi/index1_0.rdf